∀ガンダム ターンエーガンダム 第50話 別離、再び 最終話

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第50話 別離、再び 最終話」 に関する記事を紹介しています。
タイトル:「黄金の秋」

ポゥ:「まだ使える!補給だって・・・」
ハリー:「いけません!ソレイユ以下の艦隊は、ギンガナム艦隊の制圧をしてください!ロラン君は、ターン Xをアラハマン山脈の南のロストマウンテンに誘い込んだはずです」

ディアナ:「艦隊鱗形は、ホエールズ以下の船に任せます」
「フィル少佐、ソレイユはロストマウンテンへ!」

フィル:「ハリー大尉の意見は聞くべきです」
ミラン:「ここだけは感情を抑えてください。なんとしても少佐以下の者達の言葉を聞いていただきます!」
ディアナ:「・・・」
フィル:「自分もこれで反逆罪に問われても、女王陛下の為でありますゆえ、後悔はいたしません!」

ソシエ:「コレン軍曹、またこれを使うの?」
コレン:「おーう、よく気がつくな。嬢ちゃん達はこいつを前のノズルの左右の差込みに入れてくれ!」
メシェー:「前のノズルの左右の差込み?よいしょ、えーっと」
コレン:「ソシエ嬢ちゃんも急いでくれ!戦争中なんだからな!」
ソシエ:「だからロケットパンチの手だって持ってきてやったんでしょ!」
コレン:「よーし、・・・点火させりゃあいいんだかんな、おっ、メシェーのが来た!」
メシェー:「はーい!」
ソシエ:「あたしのほうは?」
コレン:「お上手!」
「じゃ、嬢ちゃん達はおうちへ帰ってメシの用意でもしていてくれ」

ソシエ:「どういうこと?うわあっ!」
メシェー:「うああーっ!コレン軍曹!」
ソシエ:「何をしようっていうんです?」
「まさかコレンさん、あなた1人で行こうというの?」

メシェー:「考えられないよ、そういうこと!」
コレン:「バッカモン!そういうことを言うから素人だってんだ!戦士たる者の生き様を後世に伝えい!女達よ!!」
ソシエ:「うわああっ!」
メシェー:「うわああっ!」
コレン:「ブルーノヤコップどこにいる?嬢ちゃん2人を収容してうちへ帰れ!!」

ヤコップ:「聞いたか?」
ブルーノ:「コレン軍曹の声だ」
ヤコップ:「位置はわかるか?」
ブルーノ:「特定できた」
ヤコップ:「フラン、ホエールズに行けるな?」
フラン:「勿論。あたしが地球に降りてきた時、このフラットを使ったんですからね」
ブルーノ:「頼む」
フラン:「ジョゼフ、みんなの所へ帰れるといいけどね」
ジョゼフ:「うっ、くそーっ・・・」
フラン:「気絶している時ぐらい、差別意識なんか忘れなさい」

エイムズ:「ジョン、マヒローは単独でもかかってくるぞ」
ジョン:「ディアナ・カウンターの連中が、それをわかってねえんだよ!」
エイムズ:「身内同士ってそういうものなんだよなあ」
「ホエールズが出てきたかい!」

マリガン:「なんだ?つながったのか?」
ミリシャ兵A:「近いですからね」
マリガン:「姫様、ホエールズとつながりました。はい、マイクです」
リリ:「んもう」
「キエル・ハイム、聞こえますね?ターンAさんの行方、特定できまして?」


ダイスケ:「どこの馬鹿が最大出力で発信しているんだ?」
キエル:「あそこのギャロップ」
DC兵A:「あ・・・」
ダイスケ:「無線封鎖!」
ヤーニ:「誰が・・・」
DC兵A:「・・・」
キエル:「ギャロップの向こう!」
DC兵A:「えっ」
ダイスケ:「ウィルゲム?」

ミハエル:「ヤーニ少尉、無線を使うな!大体お前はブリッジの椅子に座っちゃならん!」
ヤーニ:「そうでありましょうが、人手がなけりゃ!」
グエン:「なんとしてでも、工場まではたどり着くんだ!」
技術者A:「爆発はしませんから、静かにしてください!」
グエン:「す、すまない」
ミハエル:「御曹司、ああっ!・・・失礼」
グエン:「・・・、いや」
ミハエル:「いまさら機械人形の工場に行って、どうするおつもりですか?」
グエン:「機械人形を建造しながら、ほとぼりの冷めるのを待つのだ。ウィルゲムも改修してね」
ミハエル:「しかし、あのギンガナムが暴れ続けるかぎり、ぐあっ」
グエン:「ああっ」
「・・・そうなったら、アメリアは終わりさ」

ミハエル:「・・・」
グエン:「しかし、そうならない時の事を考えなければならん」
ミハエル:「戦後の事なんかを考えているんですか?」
グエン:「私がいつでも先の事を見据えているのは知っているだろう!」
ヤーニ:「もう駄目です、落ちます!」
グエン:「なんとかしろ!!」
ミハエル:「この船は不時着する。私と共にこの船を降りる意思のある者は私の指示に従え!」
グエン:「船を降りることは許さん!!」
ミハエル:「自分達はもう、御曹司にはついて行けないと申し上げております!」
グエン:「貴様達は!たくらんだな!!」
ミハエル:「自分にはたくらむような頭も勇気もありません!おおっ!」

ミリシャ兵B:「こっちに来るぞ!」
ミリシャ兵C:「ぶつかるんじゃねえのか?」
ミリシャ兵B:「うわーっ!」

ロラン:「ターンAはホワイトドールといわれて、人々に崇められてきた物なんです!その本体が機械であれば、使い方次第ではみんなの為にだってなります!」
ギンガナム:「ターンAが眠っている間に善人にでもなったというのか?ふざけるんじゃない!!」
ロラン:「今の地球を破壊する必要なんてどこにもないんですよ!」
ギンガナム:「それがあるんだよ!何も変わらない、ただ時が流れていくだけの暮らしに耐えられなくなった地球人は、ターンAを呼び覚ましたんだ!坊や!」
ロラン:「そんなことありません!」
ギンガナム:「だったら、なぜディアナは地球帰還作戦を始めたのだ?なぜ地球人はそれを拒んだのだ?」
ロラン:「なぜ?」
ギンガナム:「今までの時代は間違っていたのだ。人類は戦いを忘れることなどできはしない!だから、このターンXですべてを破壊して新しい時代を始める!」
「下がれメリーベル!お前の出る幕ではない!」

メリーベル:「さっきの月光蝶といい、かっこつけるだけで戦いの下手なギム・ギンガナム!あたしが盛り上 げてあげるよ!」
ロラン:「メリーベルさんでしょ!!」
メリーベル:「うわあっ!」
ギンガナム:「メリーベル!運河人以下の貴様を今日まで飼ってやってきたのに、よくもほざいたな!」
ロラン:「はぁ・・・」
メリーベル:「なんだい、できるんじゃないか、ギム!あははははっ!」
ギンガナム:「なっ、なんだぁ!?兄弟!」
ロラン:「げっ、月光蝶を呼ぶんじゃない!」
メリーベル:「なんだこいつ?ヒゲの奴のマークじゃないか。ギンガナムとロランって子は?」
ギンガナム:「えーい、機能不全に落ちたのか?引くも押すもできない!」
「メリーベル、援護しろ!」

コレン:「おりゃあっ!」
メリーベル:「あいつら!」
コレン:「この、窓枠がっ!」
メリーベル:「あああああっ!」
コレン:「その金縛り状態をほどかねえと、また黒歴史が来るぞーっ!!」
「その股ぐらにロケットパーンチ!!」
「ターンAだって!時代を拓けるはずだーっ!!」


ロラン:(コレン、コレン軍曹)
ギンガナム:(戦いの中で、人は己の中に闘争本能を甦らせる)
ロラン:(それが動物というのだろうが、人類は歴史を重ねているのだぞ)

ギンガナム:「ふははははっ、それでいい!我らの闘争本能に赴くままにターン同士のエネルギーを使い切れば、地球の文明は滅ぼされないかもしれんぞ!」
ロラン:(そういうものか!)

ソシエ:「ソレイユは前に出ているけど、どういうことなの?」
フラン:「ターンXを狙撃したいんでしょ、ディアナ様は」
メシェー:「大丈夫なの?」
フラン:「ジョゼフは頑丈だわ」
ソシエ:「お姉さまはブリッジにいるんでしょうに」

ディアナ:「ホエールズは、ハリー大尉以下を援護しつつ後ろを固めてください。ソレイユは、すべての火力をターン2機に集中して月光蝶のバリアとなります」

キエル:「できるのでしょうか?」
ダイスケ:「できると信じるしかありません」
キエル:「御成功を祈ります!」

ディアナ:「祈ってくださいまし」

ソシエ:「なんでソレイユ1隻が前へ出るの?」
キエル:「もうディアナ様の突撃を止めることはできません」
ソシエ:「・・・女王の死?王の死?アデスカの王と同じ」

マリガン:「全員が飛行船に乗れないんだ!ルジャーナ・ミリシャで使ってやるから戻れ!」
「なんて連中だ」
リリ:「とうとうミハエル大佐にも見限られておしまいになりましたわね」
グエン:「リリ嬢は、私がどん底になると現れますね」
リリ:「もう、日は昇りませんわね」
グエン:「それはわかりません。人生の最後に成功すればいいことなのですから」
リリ:「その成功も、アメリアがあってこそでしょ」
グエン:「今の私にできるのは、愛するローラの勝利を願うことだけです」
リリ:「ローラは男の子です。そんなにも愛しているなら、ご自分がスカートをお穿きになれば?」
グエン:「スカートを穿いて産業革命を起こせるような世の中になるにはまだ時間が、あ?」
リリ:「バンデット!」
メリーベル:「うっ」
リリ:「マリガン!・・・もう」
グエン:「メリーベル!」

ミリシャ兵達:「大佐」
「隊長!」
グエン:「どうした?ギムは?」
メリーベル:「ウィルゲムのメガ粒子砲を貸して!」
グエン:「運転手がいなくなった。無理だ」
メリーベル:「なんだい?」
ミハエル:「ウィルゲムに来てどうする!」
ヤーニ:「文句は風に言ってください!」
ミリシャ兵D:「早く縄梯子を上げろ!」
ミハエル:「まさか」
ヤーニ:「まさか、そんなもの上がりはせんよ!」
ミリシャ兵E:「順々に引き上げますか?」
メリーベル:「ロストマウンテンに行くんだ!」
リリ:「ごきげんよう!アメリアは私がスカートのまま治めますわ」

アイキャッチ

ギンガナム:「戦うと元気になるなぁ!ローラ!死を意識するから、生きることが実感できる!」
ロラン:「その先にあるものが破壊だから!黒歴史は封印されました!」
ギンガナム:「違う!命を繰り返す為には、戦い続けなければならんから残っていた!」
ロラン:「自分勝手な解釈をするな!」
ギンガナム:「貴様は戦っているぞ!」
ロラン:「あなたがいるからでしょ!」
ギンガナム:「私は人間だ。封印されたままというわけにはいかん!」
ロラン:「戦いの歴史は繰り返させません!」
ギンガナム:「もう一度封じられるか?このギム・ギンガナムを!」
ロラン:「あ・・・」

ソシエ:「ロランは?はぁ・・・」
ポゥ:「ハリー大尉のほうは?」
ハリー:「こちらでも機体を識別できない
「全機!月光蝶のエネルギー、こんなものじゃないぞ!!」

ポゥ:「ソレイユへの直撃だけはさせませんよ!」
ハリー:「ソレイユはそこで止まれ!!」

ディアナ:「・・・ソレイユは落ちてもよい、全バリアーを放出。月光蝶の拡散を少しでも食い止めよ!」
フィル:「はい。できなくてもともと」

ロラン:「あなたが戦う力を守ってこられたのは、ディアナ様をお守りするという誇りがあったからでしょう!」
ギンガナム:「その誇りをくれたのがディアナなら、奪ったのもディアナなのだ!ねぎらいの言葉ひとつなく 、地球へ降りたんだよ!!」
「そんなディアナの為に戦う貴様なぞに、この私は倒せん!」

ロラン:「倒す!倒します!」
ギンガナム:「・・・」
ロラン:「遅いっ!」
ギンガナム:「純粋に戦いを楽しむ者こそ!」
ロラン:「自分を捨てて戦える者には!」
ギンガナム:「おのぉーれー!」
ロラン:「・・・」

ハリー:「前を固めろ!!」
ポゥ:「コンドラフト!!」
ソシエ:「ソレイユは墜落!ロラン!声を聞かせてよ!!」

ロラン:「・・・、ギム・ギンガナム?」
ギンガナム:「剣で戦った事は?」
ロラン:「一度だけあります」
ギンガナム:「ふっ、それは結構」
ロラン:「・・・」
ギンガナム:「勝負!」
ロラン:「うあーっ!!」
ギンガナム:「やあーっ!!」
ロラン:「いやーっ!うあーっ!」
ギンガナム:「うあぅ、うっ」
ロラン:「うう・・・」
ギンガナム:「う・・・ぐ・・・ぐが・・・か・・・」

ロラン:「・・・」
ソシエ:「あれ、繭の玉が立ってるみたい・・・」

ディアナ:「はぁ・・・」
フィル:「ターンXとターンAの反応、停止しました」
ディアナ:「そうか。ロランは?」
フィル:「ソシエ・ハイムが収容しました」
ディアナ:「ああ・・・」

キエル:「ですから、今度は2人だけでね」
ディアナ:「それはいいですね、ふふ」
キエル:「皆さんには内緒で」
ソシエ:「ロラン!」
ロラン:「はい?」

ジェシカ:「よくよくいらっしゃいまして」
ディアナ:「こんにちは」
サム:「お変わりなく」

ソシエ:「・・・」

ブルーノ:「では、行って参ります!」
ヤコップ:「では、行って参ります!」
キエル:「皆様、ごきげんよう!」
リリ:「ごきげんよう!」
ソシエ:「テレビ電話ぐらいかけなさいよ!」
エイムズ:「また行くからな!」

ディアナ:「あっ」
ロラン:「すごい数ですね」

フラン:「夕食までには帰る!」
ジョゼフ:「ほんとだな?」

ポゥ:「シドじいさん!」
シド:「へっくしょん!」

キース:「こんなとこだったか?」
建設業者:「地図と同じっすよ!」
赤ん坊:「・・・」
ベルレーヌ:「あ、おばあちゃん、危ないわ」
看板屋:「旦那、いい看板でしょ」

キエル:「ディアナ・ソレル、また皆様と共に、ここに置いていただきます!」

メシェー:「うわーっ!ははっ!」
ラダラム:「はははは!」

ソシエ:「うあーっ!!」

ソシエ:「うわーっ!!」

ディアナ:「ふふふ」

ロラン:「あ、そこにいらっしゃったんですか。今日のスープはおいしいですよ」
ディアナ:「ありがとう、ロラン」

ディアナ:「おいしかったわね」
ロラン:「ありがとうございます」

ロラン:「ディアナ様、また明日」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する