∀ガンダム ターンエーガンダム 第48話 ディアナ帰還

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第48話 ディアナ帰還」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「月から地球への航行は難しいことではないのだが、タブーがあったおかげでできなかったのが僕らの歴史だった。ホエールズが北アメリアの中心部に着陸したのは、ディアナ様が事態をなるべく早く収拾させたいからだ。その為に、グエン様とメリーベルを呼び寄せることになったりもした」

タイトル:「ディアナ帰還」


メリーベル:「なにが月光蝶システムだい。みていろーっ!」
市民達:「こっちに来てるぞ」
「すごいんじゃねえのか?」
「うわあっ」
メリーベル:「完璧じゃあないけど、これなら兵器にも使えるか!ははははっ!」

コレン:「なんか知らんけどよーく知ってる台風だな。イオンも匂う。・・・」

グエン:「すぐに戻るからな」
ミリシャ兵A:「はい」

ギンガナム:「よう、御曹司。どうしたい?」
グエン:「少々やりすぎでしょう。地球は実験室ではありません」
ギンガナム:「戦いにやりすぎなどというものはないよ」
グエン:「アメリアの各領主から、徹底抗戦を告げる書状です。我々の統一国家建設の計画には、参加しないと言ってきたものばかりです」
ギンガナム:「小生はアメリア大陸の合衆などに興味はないな」
グエン:「イングレッサの補給能力にも限界があるんですよ」
ギンガナム:「それは困るな」
グエン:「そこでだ」
ギンガナム:「なんだ?」
グエン:「ディアナ・カウンターを討つ気はないか?」
ギンガナム:「共食いをさせる、そいつが魂胆かい?」
グエン:「はっはは、共食いになるわけないでしょう。ターンXの威力を持ってディアナ・カウンターを排除して見せれば、フィル達に領土を奪われている領主どもはなびいてくれますよ」
ギンガナム:「フィルの軍隊は確かに目障りだな。討つか」
グエン:「ああ。で、ターンAは返してくれまいか」
ギンガナム:「我々が信用できないのか?」
グエン:「違うよ。あれの量産化の作業を始めたいという技術者達がうるさいのだ」
ギンガナム:「ターンAの量産かい」
グエン:「面白いだろ?」
ギンガナム:「そりゃあ面白い」

コレン:「・・・」

ソシエ:「無茶はよしなさいよ!ジョゼフ!」
フラン:「そうよ、事態を考えて。1人でグエンさんの所に行ったら、あなたがやられるだけなのよ!」
ジョゼフ:「ロランの奴は何もできないでいるんだぞ!だったら、ジャラピィ部隊で出て行って取り戻してやる!」
ソシエ:「ディアナ・カウンターとも合流する交渉してるのよ。今仕掛けるのはいけないわよ!」
ジョゼフ:「ムーンレィス同士のお話し合いが信用できるのか?ミリシャが主導権を取らなけりゃ」
フラン:「それはひがみでしょ。ムーンレィスのほうが、地球人より地球を荒らしたくないと思っているわ。私達が住みたい所だから」
コレン:「姉ちゃんの言う通りだぜ。アルマイヤーが来てるようだが、姫さんも来てんだろ?」
ジョゼフ:「なんて口のききようだ。ムーンレィスの癖にそんな格好をしているのか?」
コレン:「貴様こそ地球人の癖してモビルスーツ使いやがって。案内はいらねえよ」
フラン:「誰?」
ソシエ:「聞いたことのある声だけど、ムーンレィスのスパイか?」
フラン:「知らないよ」
コレン:「・・・フラットのがきにゃ用はねえよ!」
ジョゼフ:「ホエールズ、聞こえるか?スパイが戻ってきたぞ」
「おい、中継してやったぞ!なんていう名前だ?」
コレン:「コレンだ。コレン・ナンダー軍曹!」

ハリー:「コレン?あいつが?」
ロラン:「あのお坊さんが?」
コレン:「・・・ひゃはははっ、姫様はご健在であらせられますかー!?」
ディアナ:「気にかけてくれていてありがとう、コレン軍曹」
シド:「あいつ、変な機械人形で」
ロラン:「そうです。ディアナ様を狙ったり、ホワイトドールのことをガンダムとか言ってた人です」
コレン:「あのイオンとオゾンがないまぜになった香りは、世界の終末でした」
ディアナ:「ターンAの働きを見たのですね」
コレン:「はい。ですが姫様、自分が目撃した光景はかつての数百分の一の規模でありますが」
ロラン:「この方は、どういう方でいらっしゃるんです?」
ディアナ:「私は、ディアナ・カウンター創設の頃の激しいコレンしか知りませんので、それ以前の彼の経歴を知らないのです」
コレン:「それは姫様の罪でもなけりゃ、怠慢でもありゃあせん」
ハリー:「コレン軍曹、ターンAに対抗する策がわかるとでも?」
コレン:「人間はそれほど便利にはできてない。がな、目覚めた時に成人しなさってる姫様に拝謁させていただいてると、もう一肌脱がさせていただきたいと思える!」
ディアナ:「コレン軍曹、我が戦列に加わることを許します」
コレン:「はーっ、ありがたき幸せ!」
ディアナ:「私も嬉しい、コレン」
キエル:(これが、冬眠と覚醒を繰り返してきた人の姿というのか)
コレン:「うううっ・・・」
ロラン:「コレンさん」
シド:(冬眠をさせられた侍・・・)
フラン:「ジョゼフ、待ちなさい!」
コレン:「ん?」
フラン:「1人でグエン・ラインフォードの所に行けば、袋叩きにあうわ!」
ジョゼフ:「ジャラピィ部隊も連れて行くから安心しろ」
フラン:「ロラン、止めてよ!ジョゼフはターンAを取り戻しに行くつもりなのよ!」
ロラン:「部隊は動かしちゃいけません!」
ジョゼフ:「グエンの腹を探るだけなんだからいいだろ!」
ロラン:「コアファイター出ます!」
フラン:「私も!」
ソシエ:「手伝う!」
ハリー:「頼む!」
キエル:「ソシエ、メシェー、とにかく止めるのですよ!」
コレン:「・・・」
フラン:「うわっ!」
シド:「ジョゼフはわしが見込んだ男だ、無茶はやめさせてくれ!」
フラン:「飛んでる!」
ロラン:「当たり前でしょ!」
コレン:「まるでめちゃめちゃだ。これじゃ軍隊には勝てませんぞ。ましてガンダムを操る組織になぞは!」
ディアナ:「ですから、軍曹の戦列復帰を許したのです」
ハリー:「左様。親衛隊の装備をお貸ししよう」
コレン:「スモーかい」

スエッソン:「これが、宣戦布告の合図であーる!しかし、貴様達の準備が整う時間を与えてやる!」
フィル:「スエッソン・ステロか?」
スエッソン:「これがギンガナム部隊のお慈悲だ」
ミラン:「アグリッパが倒された結果がこれか」
ポゥ:「フィル大佐!」
フィル:「連中のマヒローなど、ウォドムの一撃で全滅できる」
スエッソン:「・・・市民軍だからって、白旗なんぞ揚げるなよ!」
フィル:「ギンガナム部隊が地球に降りてきたという重罪を犯して偉そうな!」
ミラン:「ギンガナム御大将まで出撃しているというのであれば、これはディアナ・カウンターの法によって裁かせていただく」
ポゥ:「アスピーテといえども、撃破しますよ」
フィル:「うむ、任せる」
ポゥ:「はい」
フィル:「バリア用意」
スエッソン:「では勧告したぞ!」

ポゥ:「ウォドム、攻撃!」
スエッソン:「ははははっ、ノックスを中心にしてフィルが王様になるソレイユ王国を創ろうったって、そうはさせねえよ。ま、いいケーキ屋をそろえてくれりゃ、話は別だけどよ」

ミハエル:「ノックスが戦場になるんですよ」
グエン:「ソレイユは動いてくれるさ」
ミハエル:「このまま工場のほうに移動していいんですかね」
グエン:「ターンAの現物を技術者に見せておく必要がある。そうすりゃ、あの鈴の嬢ちゃんが取り返しにきたってこちらのものさ」
ミハエル:「だといいんですがね」
ヤーニ:「なんでギンガナムの野郎は、ターンAを貸してくれたんです?」
ミハエル:「ムーンレィスのパイロットがいなけりゃ、使えんと思っているのさ」
ヤーニ:「ああ、ロランがいませんからね。ロラン・ローラか」

キエル:「同じムーンレィス同士で戦うなんて」
ハリー:「地球人同士戦争をするのですから、珍しいことではありません」
キエル:「でも、ディアナ様」
ディアナ:「ホエールズも出撃しましょう」
ハリー:「はい」
キエル:「ディアナ様!」
ディアナ:「このままでは、ソレイユのフィルは撃破されます。しかし私達が出れば、ギンガナムを前と後ろから挟み撃ちにできます」
キエル:「フィル少佐とミラン執政官は」
ディアナ:「あなたも一度はソレイユの主になった方。あの船の人々が悪人でないことはご存知のはずです」
キエル:「・・・それはもう」
ディアナ:「こちらの動きに呼応してくれますよ」
「ハリーは、ダイスケ艦長のホエールズを中心に軍の指揮をとりなさい」

ハリー:「はっ!」
ディアナ:「それと、コレン軍曹をここへ」

ジョゼフ:「俺はグエン・ラインフォードと談判しに行くが、ジャラピィ部隊としてはホエールズと呼応して動け」
ジャラピィ隊達:「おうっ」
ジョゼフ:「しかしだ、地球人がムーンレィスの言いなりになっちゃあいけねえ。軍事力だけは利用させてもらうんだって事は忘れるな!」
ジャラピィ隊A:「その志よし!」
ジャラピィ隊B:「早朝に仕掛けるんだな?」
ジョゼフ:「今の内に休んどけ!」
ジャラピィ隊達:「おおっー!」
ミリシャ兵B:「電気は消して仕事をしろって言ってんだろ!」
ジョゼフ:「ウィルゲムのコースはわかったんだろ?」
ロラン:「はい。でもグエンさんと会ったって無駄ですよ」
ジョゼフ:「お話し合いだけで誰が行くもんか」
フラン:「どういう意味?」
ジョゼフ:「戦力がない部隊の戦いようがあるってことさ」
フラン:「あたしも連れてって」
ロラン:「僕もついて行くよ」
ソシエ:「あたしも行く!」

ジョゼフ:「ロラン!」
ロラン:「こいつ、長距離ダメなんです」

アイキャッチ

ブルーノ:「警報中止。接続要請あり!」
グエン:「なんだ?」
ブルーノ:「モビルスーツデッキ、開けろ!」
ヤーニ:「ロランが戻ってきたぞ!」
ミリシャ兵C:「フラットならジャラピィ部隊だろ」
ヤーニ:「合流するのが遅すぎねえか?こっちの無線が聞こえなかったわけねえだろ!」
ジョゼフ:「月に行ってたんだって?」
ヤーニ:「それがどうした?」
ジョゼフ:「俺だって、彼女のふるさとっていうのは見たかったなってさ」
フラン:「・・・」

グエン:「ようやく協力してくれる気になってくれたかい?ローラ」
ヤーニ:「お答えせんかい!」
ロラン:「・・・僕は、ジョゼフさんのお供で来ただけです」
グエン:「ジョゼフ・ヨット君?」
ジョゼフ:「なぜギム・ギンガナムなんていう奴と手を組んだんです?」
グエン:「ギンガナムの軍艦はこの船以上なのだぞ。それを利用するにしても、和平主義のムーンレィスとお話し合いを続けていてみろ、どうなる?」
ジョゼフ:「何?」
フラン:「・・・」
グエン:「彼らが月から仕掛けてきて、和平派のムーンレィスともども我々がやられるだろう」
フラン:「そんなことはありません。ギンガナムは1人では地球には降りてきませんでした」
グエン:「月に帰って何を見てきたんだ?フラン・ドール」
フラン:「・・・?」
グエン:「地球帰還作戦が行われてしまったあとでも、ギンガナムは月で戦争ごっこをしていただろうかね?」
フラン:「闘争本能を刺激されたムーンレィス、ということですか」
グエン:「そうだ。なら手を組んで、あの侍達の文化もいただきたいと考えた」
ソシエ:「それは、グエン様がギンガナムを手懐けられたら、というお話ですよね?」
グエン:「戦争というのは武力の問題だけではない。産業や教育、思想まで侵略させるかもしれないという性格を持っている。そんな事態にならないようにする為には、事前に敵と接触しておく必要があった」
ミハエル:「わかります、閣下!」
ジョゼフ:「俺は地球で成り上がりたかったのに、あんたはあんな奴を連れてきた」
グエン:「いい野心じゃないか」
ジョゼフ:「何?」
グエン:「そういう君がギンガナムになればいいんだ」
ジョゼフ:「は?」
ロラン:「・・・?」
フラン:「・・・」
グエン:「ターンAを量産したら、君のような青年が指揮をすればそうなるだろう」
フラン:「駄目よ!この人の言う事を聞いては!」
ミハエル:「ムーンレィスは口を慎め!」
ジョゼフ:「御しやすいと思ったギンガナムに手を焼いて、俺を誘う気になったのか?」
ロラン:「・・・」
ソシエ:「・・・」
グエン:「ははは、そうじゃない。同じ野心を持った者同士、手を組まないかいと言っているんだ。地球人同士じゃないか」
ミリシャ兵D:「焦げ臭いぞ!」
ミリシャ兵E:「火事だぜ!」
グエン:「何っ?」
ミリシャ兵D:「消火を!」
ミハエル:「警報がでないぞ!」
ヤーニ:「火を消せ!」
グエン:「ブルーノとヤコップが」
ロラン:「彼らは非番だったんでしょ?」
ミハエル:「ガスマスクを出せ!」
ジョゼフ:「そうじゃなくて、あの2人に逃げられたんじゃないのか?人望がないらしいからさ」
ヤーニ:「火元はどこなんだ?」
ミハエル:「全員第一戦闘態勢だ。消火後、全員復旧」
グエン:「何!?」
ジョゼフ:「俺の答えは、これだ!」

ブルーノ:「・・・、爆撃か?」
ヤコップ:「通常火薬だ」
ブルーノ:「俺達がきっかけを作ってやったんだ!」
ヤコップ:「あとは勝手に逃げ出してもらいたいもんだ!」

ソシエ:「煙に巻かれるわよ!」
ジョゼフ:「強力な火薬を使わなかっただけでもありがたいと思え!」
ロラン:「ディアナ様ともう一度、手を組んでもらえませんか?」
グエン:「そうしたらギンガナムを敵にまわす事になる。ローラはなんで私の傍にいようとしないのだ?私は、私は、ローラ!」
ミリシャ兵F:「うっ、うっ、ごほっ・・・」

ミリシャ兵G:「爆発した所を調べるんだ。ジョゼフのフラットの電源は切れ!」
「あっ、ヤコップさん」
ヤコップ:「爆撃されたのか?」
ミリシャ兵H:「エンジン、やられたんでありますか?」
ヤコップ:「そんなことあるもんか!調べてみる」

ジョゼフ:「ロラン、フランを頼む」
ロラン:「ジョゼフさんは?」
ジョゼフ:「いいな、ロランについてけ」
フラン:「ジョゼフ!」
ロラン:「フラン!」

フィル:「ソレイユ180度方向転換。第一艦に対して後方につける」

フィル:「ポゥ!モビルスーツ部隊の指揮は作戦通りだ!」
ポゥ:「了解!実戦経験者の強みというのを見せつけてやります!」
「スモー1!ウォドム2の戦闘隊形!!」

フィル:「それに必殺の一番艦の切り込み、ギンガナムなど一撃でしとめてみせる!以下無線封鎖、相手はミリシャじゃないぞ。各艦の動きをよく見て臨機応変に戦え!」

ミリシャ兵I:「えっ、ロランさんがホワイトドールを動かしてくれるんですか?」
ロラン:「えっ、いいんですか?・・・」
ソシエ:「ロラン!行くわよ!ジョゼフさん!」
ロラン:「ああっ!」
ジョゼフ:「くっ、たあーっ、おおっ、・・・」
フラン:「ひゃーっ!」
ロラン:「ジョゼフさん!」
ジョゼフ:「くっ」
フラン:「ジョゼフ、上がれて?」
ジョゼフ:「大丈夫だ。・・・、ここにだってボルジャーノンがいるんだ、脱出しろ!」
フラン:「無茶しないで!」
ロラン:「右舷にいるの?」
ソシエ:「撃つぞーっ!!」
ジョゼフ:「ふん」
ミリシャ兵達:「うおっ、うわっ」

ハリー:「主砲、上げ!以後、状況に応じ艦対戦。任せる」
ダイスケ:「はっ!任されます!」

スエッソン:「上からでなく下から攻撃だと?ミランの野郎、地べたから這いつくばってきやがった!」

一番艦艦長:「高度取れ、対艦隊戦!」
ギンガナム:「なにを見ている、高度下げーっ!下からの攻撃はおとりだが、おとりの裏に本隊がいる!4番艦上がるな!!」
メリーベル:「ギム、バンデット出そうか?」

DC兵A:「1番のロボット艦、入りました」
フィル:「そうだろうさ」
ミラン:「これで2隻沈めるか?」
フィル:「3隻になります」

ギンガナム隊達:「うわあっ」
「きゃあっ」
「うわあっ」
「ああっ」

ディアナ:「コレン、モビルスーツ同士の戦いが始まるのでしょ」
コレン:「はい」
ディアナ:「そんな中を、ソレイユにたどり着けるのでしょうか?」
コレン:「たどり着きます」

ハリー:「スモー各機、発進用意!」
ダイスケ:「射線上に敵艦補足!」
ハリー:「来たっ!」
ダイスケ:「狙撃!」

メリーベル:「なんでさ?バンデットで出ればみんなやっつけちゃう」
ギンガナム:「後退する!弾幕を張りつつ、マヒロー部隊には防衛線を張らせろ!」
メリーベル:「地球の空気に汚染されてさ。うわっ!」
ギンガナム:「近づきすぎると、一撃を受けただけで全滅するぞ。離れろ!」
ギンガナム隊A:「ううっ」

ポゥ:「来たっ」
「マヒロー、後退していくのか?」

スエッソン:「うわあっ!」

ポゥ:「こんな所を蚊トンボが飛んでいる。あれは?」
「あの、お方は、あのお方は・・・」
「ディアナ様!」

フィル:「総員に知らせ!」
ミラン:「おお、あの航空機が!」

DC士官A:「総員、整列!帽子、取れ!」
DC兵達:「おおー!」
「ディアナ様!」
「おかえりー!」
「ディアナ様のお帰りだぞ!」
コレン:「ゼノア隊所属、遊撃隊長コレン軍曹、ここにディアナ・ソレル陛下をお連れいたししました!」
ディアナ:「フィル少佐、ギム・ギンガナムが地球に降りてきてしまいました。これも、また私の犯した罪であります。彼を駆逐する為に手を貸してほしい。ミランも」
ミラン:「ディアナ・ソレル陛下、命を賭して」
フィル:「そのような御言葉を陛下から、御命令としていただきたかったのであります、陛下」
ディアナ:「ディアナ・カウンターに命令する、全軍をもってギンガナム隊を駆逐せよ!」
コレン:「おほっ!」
フィル:「ははっ!」
DC兵達:「おおっ!」

次回予告:「地上で戦端を開いたギンガナムにはターンXがあった。ジョゼフさんは命を賭け、ハリー大尉やディアナ・カウンターも死を恐れなかった。僕は、ディアナ様が見てくれていると信じるから、光の中へ飛ぶ。次回、ターンAガンダム『月光蝶』。風は烈風」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する