∀ガンダム ターンエーガンダム 第47話 ギンガナム襲来

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第47話 ギンガナム襲来」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「ハリー大尉のゴールドスモーは、ギンガナムの残留部隊のモビルスーツを次々と撃破してくれた。それはまさに、親衛隊ならではの働きだった。そのおかげでディアナ様は再び地球へ向かうことができて、僕もコアファイター共々お供することになった。ターンAの機体を求めて」

タイトル:「ギンガナム襲来」


スエッソン:「しっかし、意外と空気抵抗が大きい。まあ、爆撃には問題ないか!」
市民達:「うわあっ!」
スエッソン:「はははははっ!たわいないな!地球の軍隊は!もっと歯ごたえがないと噛み付く気も失せるわ!」

キース:「こんな所まで爆撃か?」
ベルレーヌ:「どうするつもりなの?キース」
キース:「いや、ちょっと気になることが、あっ」
ベルレーヌ:「ん」
キース:「ああっ、お嬢さん、逃げて!」
「あっ」

ベルレーヌ:「きゃっ」
キース:「だあっ・・・」
「うっ、・・・」

ベルレーヌ:「・・・」
キース:「お嬢さん、だ、大丈夫ですか?どうしたんですか?」
ベルレーヌ:「・・・い、痛い」
キース:「血が、血が出てる」
「ギンガナム隊のマヒローが、なんでベルレーヌを傷つけるんだ!」
「ちきしょう、お前達が地球にまで来ることはないだろう。ムーンレィスに地球人を傷つける権利なんてない。こんな事をしたギンガナム隊を許しはしない!」


ハリー:「逆探知されていないな?」
ダイスケ:「ギンガナムの連中はアメリア大陸で戦争できるんで、こっちのほうなど見ちゃあいませんよ」
ハリー:「うん、南アメリア大陸の東海岸沿いに侵入しよう」
ダイスケ:「はい」
親衛隊A:「南極のビデオ、撮ってるよな?」

リリ:「どうぞ」
キエル:「なんの御用でしょう?」
リリ:「ああ、どうもよくわからないのよ。なんでアメリア大陸にまっすぐ降りないで、こんな下のほうから北上するの?」
キエル:「ああ、月の方から戻ってきますと、北極でも南極でも距離は変わりませんし、こちらから進入すればギンガナム軍に見つかってしまいますから」
リリ:「そっか、それでまっすぐ行かず南極から北上するのね」
キエル:「はい、そうです」
リリ:「読んでみて」
キエル:「はい」
リリ:「南極の海」
キエル:「これは、北アメリア大陸の諸領主に向けての連合依頼状ですね」
リリ:「そう、グエン様がギム・ギンガナムと手を組んだのなら、抵抗する勢力を作る必要がありますでしょ」
キエル:「はい」
リリ:「ついては、キエル・ハイムにお願いがあります」
キエル:「はい?」
リリ:「この手紙に、ディアナ・ソレルの署名がもらいたいの」
キエル:「ディアナ様の」
リリ:「ふっ、あなたに偽の署名をしてほしいんじゃないわ。月の女王には父と盟約を結んでいただきたいの」
キエル:「正攻法ですのね」

ハリー:「データはコピーできたのか?」
コンドラフト:「だいたいです、自信はありません」
シド:「とはいえ、ターンAとターンXがやり合ってでてきたデータっていうのは、コピーできたんじゃろ?」
ソシエ:「えっ?ターンAのコピーっていっぱいあるの?」
ディアナ:「ありませんよ、そんな恐ろしい」
ロラン:「ねえ、ホワイトドールの司祭に痣が残っていたって伝説さ」
シド:「おう」
ロラン:「あれ、地球上にまた宇宙時代の兵器が現れた時に、ホワイトドールで始末してくれっていうような、そういう意味あるんじゃないかな?」
シド:「ヴィシニティの地下の施設との関連も考えんと答えはでんよ」
ハリー:「どちらにしても、ホエールズはヴィシニティ近くまで進攻する必要はあります」
ディアナ:「そうでしょう」
ソシエ:「ヴィシニティに!」
メシェー:「帰れるんですか?」

ジョゼフ:「いちいち俺達ジャラピィ部隊のやることが後手後手になっちまう。せっかく機械人形の生産を始めたって、工場をやられちまった」
ジャラピィ隊A:「マリガン中佐の部隊、これじゃあ全滅じゃないんですか?」
ジョゼフ:「中佐の本隊?」
「本隊はどこに行ったんだ?」
ジャラピィ隊B:「ボルデノ砦に向かったはずです!」
ジョゼフ:「この北にもルジャーナの兵器庫があるんだぞ、移動する!」

キース:「ありがとうございました」
医者:「心配することはないからね」
キース:「ムーンレィスめ」

ベルレーヌ:「ごめんね、仕事手伝えなくなっちゃって」
キース:「なに言ってるんだよ。痛みがとれればすぐ歩けるって言ってくれたんだから、養生すりゃあいいんだよ」
ベルレーヌ:「うん。歩けるようになったらさ、おばあちゃんの所に行こ」
キース:「ああ、俺も挨拶したいんだ」
ベルレーヌ:「うん」

キース:「どうすりゃいいんだ。戦いが生き甲斐の奴らに対して、俺はなんの力も持っちゃいない!」
「あ?」


ミリシャ兵達:「わあっ!」
ミリシャ士官A:「引けーっ!」
キース:「あんた達!」

ホレス:「工業の近代化ですか?」
グエン:「そうだ。その為には、キース君の工場で働いているムーンレィスの技術者の協力が必要なんだ」
ホレス:「信じられませんね」
グエン:「ギンガナムと帰ってきたのは、ディアナ・カウンターとミリシャとの小競り合いを短期に収める為だ」
キース:「ディアナ様が承認したことなんですか?」
グエン:「不思議なことを言うものだね、キース君。技術を役立てる為ならと私に協力してくれた君が、私の選択に不満なのかい?」
ホレス:「ギンガナム軍が地球で行っている事をご存知ないのですか?」
グエン:「知っているつもりです。今も各地の首都を制圧しているはずです」

子供A:「お母さーん!」
ミリシャ兵A:「しっかりするんだ」
「地下室へ逃げ込め!」

側近A:「ボルジャーノ公をお車へ、うわっ」
ボルジャーノ公:「おおっ」
執事:「大丈夫です」
ミリシャ兵A:「出すぞ!」
ボルジャーノ公:「エリゾナ公、ボルジャーノだ。ルジャーナは機械人形に空襲を受けている」

運転士A:「月から来たひとつ目だ!」
運転士B:「鳥じゃねえよな!」

エリゾナ公:「抵抗はするな。しかし、エリゾナは降伏などはせん。様子を見るんだ」

マヒロー隊A:「フロリャのミャーニは制圧した。本隊聞こえるか?ミャーニは制圧した!」

マヒロー隊A:「カルパニア領のセレガもいただき。報告を繰り返す、カルパニアのセレガもいただいたぜ!」

ホレス:「あなたは月でなにを見てきたんですか?」
グエン:「地球人の未来を見ました。私は黒歴史を学びましたから間違えませんよ」
ホレス:「・・・」
メリーベル:「ずっと思っていたんだけど、あんたの顔、面白いね」
ホレス:「あ、ありがとう」
「もう少しだけ考えさせてくださいませんか?」

キース:「いきなり月まで行って帰ってくれば、ギンガナムも操れると思っちゃうんでしょうね」
ホレス:「ああ。御曹司が覇権主義にとらわれましたか。それも悲しいな」

メリーベル:「あははっ、グエン・ラインフォードはお殿様でいらっしゃるねえ」
グエン:「私はね、メリーベル、武力以外にも人心をまとめる方法があると御大将にお教えしたいのだ」
メリーベル:「ギンガナムを地球に連れてきたのはお前だぞ」
グエン:「追い詰められた者に救いの手を差し伸べるのが、私の役目なのです。太陽と北風のお話をご存知か?」
メリーベル:「ははっ、あんな童話なんか」
グエン:「現実は過酷ですから、人は太陽に惹かれるのです」
メリーベル:「あっはは」
(このぼんぼんは、馬鹿にするしがいがありそうだねえ)
「あ?」
「・・・ミリシャも結構動いてるんだ」

マリガン:「こんな所にムーンレィスの技術者がいるのか?」
ジョゼフ:「砦に立てこもっているくらいなら、毒には毒を持って制する方法を考えなけりゃね」
「よう、キースの旦那!」
キース:「こんな時間に機械人形で乗りつけたって」
ジョゼフ:「今の飛行船はなんなんだよ?」
キース:「パンをよこせって来やがった」
ジョゼフ:「お前さ、ギンガナム隊とか連中が使っている機械人形のことを」
マリガン:「すべて教えろ。ムーンレィスなら知っているだろう」
ジョゼフ:「フランから聞いてるよ、キース・レジェ」
キース:「フランから?お前」
マリガン:「貴公、ムーンレィスだろ。いかにも技術者らしい面構えをしている」
「ん?」
ジョゼフ:「風なんかないぞ」
キース:「風じゃあない」

ベルレーヌ:「・・・、さっきからうるさいこと」

ホレス:「アルマイヤーのシルエットでした」
キース:「まさか」

アイキャッチ

マリガン:「ジョ、ジョゼフ、迎撃しろ!」
キース:「いまさら無茶です」
ジョゼフ:「敵ならとっくに狙い撃ちしてます!」
マリガン:「おっ」
「ム、ムーンレィスか?」
フラン:「いやだ、ジョゼフじゃない!あははは!」
ジョゼフ:「フ、フラン!」
フラン:「初めにあんたに会えるなんて!」
ジョゼフ:「・・・、フラン、ど、どういう事なんだ?」
マリガン:「貴様ら!」
ジョン:「マリガン中佐、スエサイド部隊のジョンはただいま帰投!」
エイムズ:「同じくエイムズ、月より帰還いたしました!」
マリガン:「本当にあの空に浮かんでいるお月さんに行ってきたのか?」
エイムズ:「姉ちゃんはきれいで飯もうまく、リリ・ボルジャーノ嬢もご健在でいらっしゃいます!」
ジョン:「姉ちゃんはきれいで飯もうまく、リリ・ボルジャーノ嬢もご健在でいらっしゃいます!」
マリガン:「姫様が!」
リリ:「こんな所まで出迎えにでているとは、・・・マリガンにしては気がきいていますわね」
ロラン:「・・・」
キース:「フランと2人して里帰りしてたのかよ」
フラン:「ふふふ」
ロラン:「怒るなよ」
キース:「お疲れさんです」
ディアナ:「キース、また厄介になります」
ハリー:「まだ、姫様とキエル嬢は船を出ないように」
ディアナ:「そうか」
キース:「いやあディアナ様、地球に降りる時に挨拶したきりだってのに、俺の名前覚えてくれてたぜ」
ロラン:「だ、だからまたここに着陸したんだぜ」
キース:「はあっ」

ベルレーヌ:「ディアナ女王様には、ここは中立地帯だと伝えてくれなかったの?」
キース:「伝えたさ。グエン卿だって来るし、すぐに出て行ってもらうさ」

キエル:「でも、ターンAといっても壊してしまえば害はないのでしょ、大尉?」
ハリー:「壊すまでが問題なのです」
ディアナ:「無理かもしれませんね」
キース:「信じられませんね。ディアナ・ソレル様はあれを破壊するつもりでいらっしゃるんでしょ」
ディアナ:「・・・」
キース:「ホエールズの装備もすごいし、ルジャーナ・ミリシャと連携だって早いし、まったく、戦うつもりで」
マリガン:「リリ・ボルジャーノ様がいらっしゃれば当然だろ!」
リリ:「各地のミリシャとディアナ・カウンターが小競り合いをしている所に降りたんですから、仕方ないでしょ」
ホレス:「女王陛下、私ども技術者はグエン殿の所へ投降します。そして、連中の腹を探りましょう」
リリ:「それいいわね」
「ロランも行って、ローラとしてグエンをたらしこみなさい」

ロラン:「ええっ?」
リリ:「バカね、そうしておいてターンAを盗むのよ」
ソシエ:「そんなの反対です!」
ハリー:「良い手なんだがな」
コンドラフト:「ウィルゲム出現!」
ハリー:「そうだろ!」

ヤコップ:「やっぱり、アルマイヤー級の船が来てますよ」
ブルーノ:「ひえーっ、ディアナ様が追いかけてきたなら、つけられちゃうぜ!」
ヤコップ:「反逆罪なら死刑だよ!」
グエン:「思ったより早い到着だな」
ミハエル:「対艦隊の布陣を敷きますか?」
グエン:「モビルスーツは出せるようにしておきたまえ」
ミハエル:「しかし敵は!」
グエン:「遠慮したまえ!」

メリーベル:「ははははっ、ほらよっと。ウィルゲムの地球人は戦おうとしない。信用できないねえ。ギム・ギンガナムにターンAをよこすように言ってやる。それっ」

グエン:「お気の毒だが、リリ殿のお父上ボルジャーノ公の行方が不明だと聞いております」
ジョン:「お嬢様、マイクをお使いください」
リリ:「ありがと」
「グエン様、父が行方不明だということは、生きているということでございます。父は、ノースアメリアを統一してディアナ・ソレルと手を結ぶ心がございます。それはグエン様が一番ご存知のはずです」

グエン:「信じていただくのはありがたいが、そちらの動きには当方に敵対する意思があるように見受けられる」
ディアナ:「ディアナ・ソレルです。ウィルゲムが、そのウィル・ゲイムが猛々しい姿を見せれば、人はささくれだつものです!」
グエン:「ローラに聞きたいことがある。ターンAなしでどうやってギンガナム御大将と戦うつもりなのだ?」
ロラン:「白状しましたね、グエン・ラインフォードは」
「すいません」

グエン:「ローラは私のもとに来るんだ。君の考えているような私ではない」
ロラン:「ウィルゲムをディアナ様に返してください!」
グエン:「なんだと?ローラッ!」
ロラン:「だってそれは、ウィル・ゲイムさんが掘り出した船なんですよ!」
キエル:「・・・」

キース:「すみませんね」
フラン:「私がついて行くわ」

キエル:「武力を使って人を幸せにしようとするのでは、黒歴史を作った人々と同じになってしまいます!」
グエン:「我々はそれほど愚かかな?ディアナのキエル嬢」
ロラン:「ギム・ギンガナムと手を切ってください!」
グエン:「月に比べて1000年遅れている地球を我慢できるか!」
「身の程知らずが!」

マリガン:「やめろ、逃げられた」
「ジョゼフ、ジャラピィ隊を出せ!」

ハリー:「マリガンにジョゼフか。少しは状況を考えろ!」
キエル:「ロラン!」
ロラン:「ジョンさん!姫様方が車に乗るまで持ちこたえてください!」
ジョン:「そのつもりだが、直撃がきたらお陀仏だよ!」
「鈴の音!」
ハリー:「鈴に似た音?」
「ホエールズ、コンドラフト!」


エイムズ:「昨日まで命がけで守ってきた船を!」
ジョン:「今日は潰すのか!」

ハメット:「ディアナ様を待つんですか?」
キース:「そうしたいんだろ?」
ハメット:「よくわかりますね」
リリ:「あら?こっちか」
キエル:「どうなんです?」
リリ:「川の向こうで対戦するつもりなんですかね」
ディアナ:「どちらにしても、畑が荒らされますね」
ハメット:「ディアナ様は乗っていらっしゃるんでしょー!?」
リリ:「ベルレーヌさんはどうなんです?」
キース:「リリ様が心配してくださってる、大丈夫か?」
ベルレーヌ:「ありがとう。この振動はこたえるけどね、大丈夫よ、うっ」

ロラン:「すみません、コンドラフトさん」
コンドラフト:「むこうもモビルスーツが接触した。お前は下がれ!」
ロラン:「はい」
メリーベル:「右舷のブリッジの横にくりゃあいいんだ!」
グエン:「メリーベル、危険です」
メリーベル:「お前みたいな甘っちょろいやり方のほうが危険だよ!」
グエン:「ここでモビルスーツ戦をやってはならん、いいな!」
メリーベル:「おっそーい!」
「・・・、まったくさ」
エイムズ:「奴ら、ヒゲを持ち出してきやがった」
ジョゼフ:「ジャラピィ部隊、固まるなよ!」

ディアナ:「スモーはホエールズを守る布陣へ。ディアナはホエールズの10時の位置におります。ロランもホエールズに後退!」

ダイスケ:「各砲座、ビーム攻撃にバリア用意。ディアナ様を収容しつつ対モビルスーツ戦に入る」

ハリー:「ロラン!カプル以下アルマジロもフラットも、ホエールズの元へ集結しろ」

グエン:「機械人形に戦闘はさせるな」
ミハエル:「言ってるんですが、そんな無線聞こえないって言いやがって」
グエン:「ギンガナム隊め!」

ジョゼフ:「防御してなにもできない、攻撃してくれ!」

グエン:「メリーベルにもマヒロー隊にも引かせろ、敵戦艦に戦う意思は見えない!」

ロラン:「ソシエ、メシェー、左手の車にベルレーヌさんとディアナ様が乗っている」
メシェー:「了解!」
「ソシエ!」
ハリー:「マヒローは撃墜してよい。勧告をしたのに引かない!」

ディアナ:「あ・・・ハリー大尉」
セント:「おあっ」
キース:「こらえてくれ、戦闘が始まった!」
セント:「ああっ」
ベルレーヌ:「ううっ」
フラン:「キース、もう少し静かに走れないの?」
ベルレーヌ:「・・・いいんです、フランさん、キースのやることに間違いありませんから。・・・と、止まった?」
フラン:「ち、違うわ」
「どうしたの、キース?」

キース:「カプルが拾ってくれた。大丈夫か?ベルレーヌ」
ベルレーヌ:「大丈夫、痛みを感じていられるから」
ハメット:「セント!落ちるなよ!」

ダイスケ:「ウィルゲムに告げる。我がほうはギンガナム部隊の危険性を指摘しに参った。ターンAについては我が・・・」
DC兵A:「ターンA、攻撃挙動。全軍へ警告」
ダイスケ:「アンチビーム・ビーム」
「ウィルゲムも後退しろ、被弾するぞ!」

コンドラフト:「警告?」
メリーベル:「マヒローもウィルゲムも皆ふざけている。コックピット?」
ロラン:「コックピットを狙えば!」
メリーベル:「あはっ!」
ハリー:「アンチビームフィールド!」
ロラン:「みんなは?ターンAは?」

グエン:「メリーベル、今度ビームライフルを使う気配を見せたら、うしろからでもメガ粒子砲を撃つぞ!聞こえてるな?メリーベル!」

メリーベル:「ふん、ぼんぼんでも怒る時があるのかい。了解」

グエン:「後退しよう。軍政を敷くにしろ敷かないにしろ、大衆の支持が必要だとわかっていない、戦争をごっこだと思っている」
ミハエル:「しかし、ディアナ・カウンターを押さえるには、ギンガナムは必要です」
グエン:「そうだ」

キース:「全焼か。ベルレーヌには見せられないな」
ディアナ:「私の指揮がまずくて、申し訳ありません」
キース:「いいえ。こうなったら、僕だって戦いますよ」
ディアナ:「損害の補填は考えます」
ソシエ:「キースは戦っちゃいけないわよ!」
キエル:「そうです。キースは中立地帯で商売をやってきたのですから。パンを焼くことを続けてください」
キース:「パンを焼く?そういう戦い方もあるのか」
ソシエ:「そうしなけりゃ、ベルレーヌのおばあさんとだって会えなくなるんでしょ」
ディアナ:「月であろうが地球であろうが、人々が安心して働くことができる世界を作らなければならないのです。ですから」
キース:「はい。パンを焼きますよ!」

ロラン:「奪取作戦を仕掛ける?」
ハリー:「グエン卿の所に白ヒゲがいるのでは面白くない。な、シドじいさん」
シド:「ああ。こんなもんじゃ戦いようもないもんな」
ロラン:「そうですね、ターンAの機体は取り戻したいですね」

次回予告:「グエンさんはジョゼフさんの詰問にも考えを変えることはなかった。そうなれば強攻策しかない。一方、ディアナ様はギンガナム軍の攻撃の中、造反したフィル少佐達をお許しになった。次回、ターンAガンダム『ディアナ帰還』。風は止まらない」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する