∀ガンダム ターンエーガンダム 第44話 敵、新たなり

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第44話 敵、新たなり」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「僕は、ギム・ギンガナムのターンXにおびき出された格好で、月面に出てしまった。だけど、ディアナ様が黒の歴史を開いた事はわかった。それに誘発されるようにしてターンAのデータが現れて、僕はホワイトドールの機能を知ることになった」

タイトル:「敵、新たなり」


ディアナ:「黒歴史の真の意味を私より先に知ったのなら、なぜギンガナム家が動くことを許したのです?」
アグリッパ:「ターンAの働きは、ターンXのデーターが取れたところで判明したものです。ギンガナム家の力がなければ呼び出せませんでした」
キエル:「グエン様、機械人形を使う戦いは究極の破壊しか生みません」
グエン:「戦場での戦いを鎮める事が私の責務です」
キエル:「ここは敵地ですよ」
グエン:「しかしディアナ・ソレル、あなたはお味方だ」
リリ:「グエン様?」
キエル:「何をお考えなのです?」
ディアナ:「月の統治者ディアナ・ソレルが、アグリッパ・メンテナーに命じます。今すぐ外の戦いをやめるよう、ギム・ギンガナムに命じなさい!そして、地球に降りているディアナ・カウンターのあなたの将兵達のスパイ行為もやめさせなさい!」
アグリッパ:「それではディアナ・カウンターが解体しますぞ」
ディアナ:「私と貴公の名をもってディアナ・カウンターを解体すればよい!」
アグリッパ:「ふふふふふふ、地球に降りた者達がその命令を聞きましょうか?」
ディアナ:「何?」
アグリッパ:「闘争本能に火のついた者達はそうなります」
グエン:「施政者としての義務を放棄するのですか?」
ディアナ:「いえ、アグリッパ卿の言う事は真実かもしれません」
グエン:「闘争本能と言われましたか」
アグリッパ:「自分はその問題を心配して、300年前からディアナ様の地球帰還作戦を反対していたのです」
キエル:「300年も前から?」
ディアナ:「それは、事実でした」

メリーベル:「月の街を、お前に埋め尽くされるわけにはいかないだろ!」
ロラン:「罪を背負っているホワイトドールなら!」
「でも、僕はいやだ!僕なら使いようがあるはずだ!」


アグリッパ:「ここのデーターとターンXからのデーターで、我々はパンドラの箱を開いたと思われているようだが、その鍵はすでに地球帰還作戦を決められた時に開かれていたのです」
ディアナ:「・・・」
キエル:「それは一方的な見方です。ムーンレィスがメンテナー家の管理のもとで、永遠に生きられることはあり得ません」
アグリッパ:「メンテナー家の管理する冬眠カプセルは、長寿を実証している」
キエル:「地球人はそんな物なしで、2000年以上の歴史を手に入れているのです」
ディアナ:「・・・」
アグリッパ:「月と地球は関係がない。ディアナ・ソレルは!」
キエル:「関係があるのです!ディアナ様の決断がなくとも、いつか地球人は月に、いえ、現にグエン・ラインフォード卿のような方がいらっしゃいます」
グエン:「な、なんだね、急に。・・・私は、月の技術を利用して産業を興そうと考えているだけです」
キエル:「グエン卿はそうでしょうが、1000年後には地球から侵略者が上がってくるでしょうね」
アグリッパ:「ふん、その時の為にギンガナム家があるのだ!」
キエル:「現在の地球人は、古代の忌まわしい記憶があったからでしょう、科学技術を進歩させず・・・」
ジョン:「ゲンガナムで暴動が起きてる!ゲンガナムで暴動だってよ!」
メシェー:「暴動?」
ディアナ:「ゲンガナムで?」
キエル:「そんな」
アグリッパ:「市民が暴動を起こしただと?」

シド:「宮殿の周りに人が集まり始めているんだ」
ラダラム:「だから、港口にいた戦艦から機械人形が出ようとしてんですよ、大尉」

ハリー:「了解した。港口のマヒローが出てくるのなら、暴徒の鎮圧は任せる!」
市民達:「アグリッパに弁明をしゃべらせろ」
「ディアナ様は月に戻っていらっしゃるんだ」
「親衛隊が来たぞ!」
ハリー:「あんな映像を見せられればやむを得ないか。ミハエル大佐、よろしく!」
ミハエル:「暴徒は抑えます!」
ハリー:「私は、港口の戦艦から出るマヒローを追う!」
市民達:「親衛隊が逃げていく」
「月がなくなっちまうんじゃないのか?」
ミハエル:「宮殿と協力して暴徒は入れるな」
市民達:「ディアナ・カウンターを呼び戻せ!」

ギンガナム隊A:「緊急待機中のマヒローを持ち出したら重罪なんだぞ!」
スエッソン:「暴動が起こっているんだろ。平和な時とは違うんだよ!」
「おめえらは俺のうしろからついてりゃいい!」
ハリー:「貴様は!」
スエッソン:「な、なんだ?」
ハリー:「あの黒歴史の映像を見なかったのか?」
スエッソン:「黒歴史が語っている事は、武人が武勲を立てる為に戦えということを教えてる!」
ハリー:「くっ、読み違いも甚だしい!」

ラダラム:「いいかヤコップ、迂闊にロケットエンジンを噴かすなよ。群衆がウィルゲムのお尻の下にいるんだ」
ミハエル:「ミリシャがディアナの城を守っているとなると、こりゃお城は我々の物になるな」
ラダラム:「ハリー大尉次第でそうなりますって」
ミハエル:「うむ」
ミリシャ兵A:「停止しないと撃つぞ!」
DC兵A:「殺すでない!」
市民達:「ゲンガナムに出た映像の説明をしてくれ!」
「ゲンガナムは砂に埋まってしまうのか?」
「息子を帰してちょうだい!」
「地球では戦争が起こってるんでしょ?」
DC兵B:「データルームからの流出データだ!」
ミリシャ兵B:「映画だったんだってよ!」
市民達:「戦争反対!」
「アグリッパに直訴する!」
「撃ったぞ!」
「戦争反対!」
「軍隊が銃を撃った!」

アグリッパ:「黒歴史の恐怖が人々に乗り移ったのです。ターンAの恐怖を知れば、人々は倒そうと考えてしまうのです」
ディアナ:「そのような解釈はやめなさい!アグリッパの政治のやり方が、人々に不安を煽っているのです!」
グエン:「これが事実であったにしても、人間が2000年前の歴史に扇動されますか」
リリ:「まして、最初の宇宙世紀とやらは、1万年とかの太古の事とか。アグリッパ様が見せてくださるとお約束なさっていたいいものって、これだったのですね」
アグリッパ:「話をすり替えるな。武門の家ギンガナム家でも、実戦などは1度たりともやっていない歴史を歩んできたのだ」
リリ:「渋くてシュールなお話ですこと」
キエル:「そのギンガナム家に実戦を許しましたね!」
ヤーニ:「ボルジャーノン1機は残しとけよ!」
アグリッパ:「私はムーンレィスには黒歴史という真実など知らせず、永遠に穏やかに暮らさせたかったのです。それなのに女王は・・・」
キエル:「地球人は覚醒を始めていました。永遠に真実から目をそらすことなどできません!」
アグリッパ:「それが闘争本能の言わせる事なのだ。その本能を目覚めさせた者、目覚めた者は排除するしかないのです!」
ディアナ:「闘争本能に火のついていないアグリッパが、そこまで言う変節、正しようがないようですね」
ミドガルド:「む」
アグリッパ:「ほう!」
ディアナ:「私は地球で、花を咲かせるにも血と肉が必要なのだと学びましたが、私は300年前に大罪を犯したのでしょう」
キエル:「ならば、ここでもうひとつの大罪を犯し、地球人とムーンレィスの暴走の果ての無残さを示しましょう」

ロラン:「う・・・」
「く・・・」
「やったか?」

メリーベル:「けーっ!!」

リリ:「ディアナ?」
ディアナ:「死にませい!」
キエル:「死にませい!」
アグリッパ:「ミドガルド、うっ、ミドガルド・・・」
ディアナ:「ああっ!」
キエル:「ああっ!」
ディアナ:「ミドガルド!」
キエル:「・・・!」
ディアナ:「ミドガルド!」
ミドガルド:「女王陛下のお話を聞けばアグリッパのやり方の非もわかります。それに従って己の手をも汚したのは、月のシステムが安定すればと思えばこそでした。陛下もまた、アグリッパの指摘する通りでありましょう」
ディアナ:「認めましょう」
ミドガルド:「はい。もはやあなたも月のシステムにとっては不幸なお方です。そのお手を殺人で穢させなかったのは、・・・女王陛下への最後の忠誠心とお思いいただきたい」
キエル:「月の真の安定を望むのなら」
ミドガルド:「それでは私が裁きを受けなければならなくなる。御覚悟!」
キエル:「ディアナ・ソレルは私!」
ミドガルド:「うっ、あっ!」
リリ:「取り押さえて!」
ミリシャ兵C:「あ、はい!」
ヤーニ:「くーっ」
ミリシャ兵C:「よいしょっ!」
リリ:「あなたの裁きは寛大な結果になります。ご安心なさい」
ミドガルド:「・・・、リリ・ボルジャーノ嬢!」
リリ:「この場は、あなたの部下と共にお引き取りください!」
ミドガルド:「は、放せ!」
ミリシャ兵D:「ああっ」
ヤーニ:「おおっ」
リリ:「やだ、熱いわ!」
グエン:「銃声がしましたが?」
「アグリッパ!」

リリ:「あ、私は、アグリッパを殺めてはおりません」
グエン:「そ、そうでしょう」
「お怪我は?」

ディアナ:「・・・、ありません」
キエル:「大丈夫でした」
リリ:「ふふ、月の女王様に貸しひとつですわね」
ディアナ:「はい、覚えておきましょう」

スエッソン:「暴動が起きたって事は、これから武人の世の中になるってことだい!」
ハリー:「そうも言うなら、貴様を撃破するぞ!」
スエッソン:「ゲンガナムの中ではできんくせに!」

市民達:「うわあっ!」
「地球人は帰れ!」
「ディアナも乗ってんだろ!」
「黒歴史反対!」
ミハエル:「ようし、このまま暴徒を追い出す。宮殿の連中には威嚇射撃だ!」
市民達:「殺すというのか!?」

シド:「いい具合だ」
「そしたら冬の宮殿とかへ向かえ!」
ヤコップ:「了解」
ブルーノ:「やだなあ。俺達悪者になってない?」

ロラン:「ああっ。使うにしても、ホワイトドールは世界を滅ぼすんじゃないの?」

アイキャッチ

ロラン:「ターンAってなんなんだ!?」
メリーベル:「こいつ!」
「何よ?」
「なぜ止めた!?ギム・ギンガナム!」
ギンガナム:「お馬鹿なメリーベル。あれは正真正銘ターンAだ。奴からこちらに流れ込んだデータもある。シミュレーションゲームより、現実のほうが面白いな、ははははっ!」

ヤコップ:「撃つんじゃない!マヒローが爆発したら冬の宮殿にもダメージを与える!」
ブルーノ:「あのマヒローは、敵意は見えないぜ」
ヤコップ:「船首をゲンガナムに向けるぞ」
ブルーノ:「ええ?」

ジョン:「来やがった」
ディアナ:「撃たないでください!ムーンレィスは、冬の宮殿の意味は知っています」
ソシエ:「うわぁ!メシェー!撃っちゃだめよ!」
ヤーニ:「ウィルゲムに乗り込み用意!」
ミリシャ兵D:「うわあっ!」
ミドガルド:「出ろっ!」
DC兵B:「あっ!」
ミリシャ兵A:「くそっ!」
DC兵C:「うわああっ!」
マヒロー隊A:「あれはディアナ・ソレルじゃないか。帰ってきたって噂は本当だったんだ!」
「おい、どうする!?ステロ大尉の命令は聞けないし、御大将とは通信不能だ!」
マヒロー隊B:「地球人の宇宙船を外におびき出してから叩きゃあいい!」

ディアナ:「ソシエさん、この辺りでのモビルスーツ戦はくれぐれも避けてください。あのドームには1000万人の人が冬眠しているのですから」
ソシエ:「そんなの相手の出方次第でしょ!」
キエル:「ソシエ、ディアナ様になんという口のきき方なの?」
ソシエ:「ええっ、前にいるのがディアナさん?この際、どちらも私のお姉さまって事にしてくれません?」
グエン:「いいじゃないですか、彼女の元気さは」
ディアナ:「グエン卿は、私と共に道を行かれる方ではないようですね」
グエン:「そうですか?私は、月の驚嘆すべき技術を地球の平和の為に活用したい、それだけです。地球に帰れたらの話ですがね」

ミドガルド:「ジャンダルムと連絡は取れたか?」
DC兵C:「はい、ディアナ空港に入ったようです」
ミドガルド:「中に入れるものなら入れさせろ」
DC兵C:「無茶ですよ!」
ミドガルド:「地球人はやっているんだぞ」

ハリー:「ここは冬の宮殿への道だ!引けっ!ステロ!」
スエッソン:「雪辱を果たす!」
ハリー:「田園を踏み荒らすな!!」
メシェー:「ソシエ、どこ行ってんの?」

グエン:「ミハエル大佐は?」
ソシエ:「ここにしまってあったはずよね。戦うな戦うなって言ったって、敵が来るんなら仕方ないじゃないね!」
「んはは。はは、カプルにだってこれくらい扱えるわ」


グエン:「戦況はどうなっている?ゲンガナムは?」
シド:「おお」
ラダラム:「火器が使えないで敵味方とも苦労している」
グエン:「そうか」
ディアナ:「暴動のほうはどうなっているのでしょう?」
ラダラム:「市内のほうへ広がっているようです」
ディアナ:「なにか?」
シド:「ハリー大尉からの預かりもんです。お着替えですって」
グエン:「ご老体!」
キエル:「お着替えなさったら?」
ディアナ:「ウィルゲムを市内に入れられませんか?」
技術者A:「今はできません」
グエン:「シド、すまないが、何人か連れて冬の宮殿へ行ってくれないか。黒歴史のデータをすべて吸い上げてくるんだ」
シド:「そんな。火事場泥棒みたいな真似をしろっていうんですか?」
グエン:「全地球の運命がかかっている事だと思いませんか?」

ハリー:「カプルが?」
ソシエ:「どきなさい大尉は!」
「おおっ!うわっ!あーっ!」

スエッソン:「こ、こいつ、局地戦用の武器を持ち出して!」
「馬鹿めーっ!」
ソシエ:「あっちょーっ!」
スエッソン:「な、なにい?」
ソシエ:「チョキでグーに勝てるわけないでしょ!」
スエッソン:「おのれ!うっ?」
ソシエ:「あ?」
「今頃来て!あっ」

スエッソン:「ヒゲめ、もう一本ヒゲを折ってやる!があっ!」
ソシエ:「あなたの相手は私です!」
ロラン:「お嬢さんは下がってください!相手はギンガナム軍団なんですよ」
スエッソン:「地球人が卑怯なのはよくわかった!」
ソシエ:「あっ!宮殿に!」
ミリシャ兵E:「ほんとにここは大丈夫なんだろうな?」
DC兵D:「ムーンレィスは絶対ここは攻撃しません!」

ギンガナム:「往生際の悪い男よ」
メリーベル:「助けに行かなくてよろし?」
ギンガナム:「こちらから動く必要はない。が、ま、助けを求めてきた時は使い方を考えるさ」
メリーベル:「ふふ、なら、あたしは機体整備に行く!」

ハリー:「このままおとなしく引き下がってくれれば見逃してやるが!このうえディアナ様の宮殿を穢すというのなら!」
スエッソン:「こ、あ!」
ハリー:「ミドガルドめ、こんな所にまで戦艦を入れて!」

ミドガルド:「この騒乱の元は地球人であり、それを連れてきたハリー・オード大尉だ!全砲門ミサイル発射用意!」
DC兵E:「ここでは宮殿に被害が出ます」
ミドガルド:「人口冬眠しているドームを攻撃しろとは言っていない!新たなる地図を作る為、掃除をするだけである!」

ロラン:「ジャンダルム、何をするつもりなんです?」
ハリー:「ロラン!ミリシャのモビルスーツは後退させろ!」
ロラン:「どうするつもりです、大尉?」
ハリー:「下がれ!」
ロラン:「あっ」
メシェー:「ソシエは後退!」
「ジョン、ウィルゲムはなんで下がらないの?」
ジョン:「シドじいさん達を待ってんだとよ!」
メシェー:「ええっ?何やってんのよ」

ミドガルド:「発射!」

ハリー:「ロラン、助けろっ!!」
ソシエ:「わあっ!」
ジョン:「バリアってやつか?」
メシェー:「スモーは?」

ヤコップ:「バリア風だ」
グエン:「バリア?」
ミハエル:「余波は来るんじゃないのか?」
ディアナ:「ジャンダルムが?」
キエル:「はい。スモーが?」
「でも、あの光はなんでしょう?」

ディアナ:「光の模様」

ソシエ:「何、あの光の幕?爆発を吸い取ってるの?」
ロラン:「場所をわきまえろっ!!」

DC兵F:「ヒゲの奴が!」
ミドガルド:「どういう事なんだ?」
DC兵G:「砲撃やめます!」
ミドガルド:「うっ!」

ロラン:「お前ら下がれーっ!!」

グエン:「ホワイトドールが戦艦を押しているのか?」
リリ:「そのようにしか見えませんよ」
キエル:「あんな力があったなんて」
ディアナ:「黒歴史の語る通りなのかも」
ラダラム:「ハリー殿のスモーが」
ミハエル:「あやつ、しぶといな」

ミドガルド:「そうだった。ヒゲのモビルスーツはターンA、黒歴史の象徴のマシンなのだ、文明を滅ぼした。・・・わ、私は、私はとんでもない事をしている、私は黒歴史のマシンを目覚めさせてしまったのだ!私は何をしようとして!ディアナ・ソレル様!ディアナ!船を港につけろ!」

ミドガルド:「・・・ターンAが見えない!ターンAはどこだ!?ひゃーっ!」
「スモー、ハリー大尉は、親衛隊」
ハリー:「ディアナの法の裁きは、受けていただく!」

ディアナ:「法に従う。時には残酷ではあります」
キエル:「はい」
ディアナ:「市内の暴動はどのような様子でしょう?」

市民達:「やめてください!」
「やめろ!」
「親衛隊は地球人についたんだ!」
「やめてください、やめて!」
「港は閉鎖された!」
「坊やがいないんです、坊やが!」
「ああっ!」
ディアナ:「我が親愛なるムーンレィスの人々よ」
市民達:「なんだ?」
「ディアナ様!」
「ディアナ様だぞー!」
ディアナ:「皆を不安にさせる自体が続いた事を、心から申し訳なく思います。すべての責任はこのディアナにあります。ですが、あの悲惨な太古の歴史から甦った人類が、我々ムーンレィスだという事を、私は、皆々様に知ってもらいたかったのです。その為に、冬の宮殿のデータをゲンガナムにも流させたのです」
フラン:「さすがはディアナ様、御姿を見せるだけで暴動を静めてくれそうよ。これですべてが丸く収まってくれるといんだけど」
ディアナ:「自覚すべきは、人類は再び黒歴史をなぞるかもしれないという事です。確かにそれは、人類の定命かもしれません。それでも私は、あなた方と共にその定命に打ち勝ち、新たな歴史を築いていくつもりです。それを、地球の人々に知らしめるのもまた、私達の使命ではないでしょうか?」

キエル:「ここにお立ちのディアナ様が、本当のディアナ様なのですね」
ハリー:「はい。私は、ディアナ様をお守りする親衛隊であることを誇りに思います。だからこそキエル・ハイム嬢、あなたと出会うこともできました」
キエル:「ありがとう」
ハリー:「守るべきご婦人を2人も、いや、もっと持てるかもしれないのです、この役職は」
キエル:「それが嬉しい?殿方は?」
ハリー:「はい」
キエル:「お目はディアナ様に吸い付いたままで?」
ハリー:「本物の目はほかのご婦人を物色中です」
キエル:「存じております、その為に赤いサングラスをお外しになれないのでしょ、いやしいお方」
「女王もご存知ですよ」

ハリー:「存じてます」

ディアナ:「冬の宮殿に眠る1000万のムーンレィスにも、この新しい事態を伝えて、人類の営みを月と地球に行き渡らせ、恒久的な文化圏に確立していかなければなりません。私は、古代からの人々のように、普通に生き死にをするまことの生き方を手にすべき時代が来たのだと、確信できるようになりました。その為に、地球の力を借りなければなりません。そして、同じ過ちを二度と繰り返さぬように共に歩もうではありませんか」
グエン:「人の生と死のある生き方か。難しい言い方をする方だ」

ギンガナム:「ふん、同じ愚を繰り返すのも、人間のまことの姿だがな。なあ、メリーベル」
メリーベル:「ん?はい、ギム・ギンガナム。キーン!」

次回予告:「黒歴史の可能性を見たグエン様は、ディアナ様達を裏切ってギンガナムと手を組んでしまった。僕は止めようとしたけど、ターンXに阻まれて、ホワイトドールから脱出するのが精一杯の戦いになってしまった。次回、ターンAガンダム『裏切りのグエン』。陰謀の風が渦をまく」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する