∀ガンダム ターンエーガンダム 第43話 衝撃の黒歴史

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第43話 衝撃の黒歴史」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「ウィルゲムは、ディアナ様の白の宮殿の脇で動けなくなっていた。僕はマヒロー隊との小競り合いをしのぎながらも、ターンXという言葉に胸騒ぎがした。ギム・ギンガナムじきじきの呼び出しなど関係がない。ホワイトドールが勝手に動き出しているらしいというのが、本当の感触なんだ」

タイトル:「衝撃の黒歴史」


ロラン:「・・・」
(ホワイトドールは、あのモビルスーツのことを知っている?ターンX)

ギンガナム:「ターンAを煽り立てるな」
メリーベル:「なんで?」
ギンガナム:「こやつはちょいとわけありだ、バンデットとは違う」
「ターンAのパイロット、いるんだろ?黒歴史を知らない愚か者は、地に這いつくばって消えてもらう!命乞いをしてターンAから降りろ!」

メリーベル:「あははははっ!這いつくばって土下座してみせるんだよ、パイロット。やってみせて!」
ロラン:「やめてください。僕は戦うつもりでここへ来たわけじゃありません」
ギンガナム:「ほざくな!かわいくない奴!!」
ロラン:「どういうモビルスーツだ?月のマウンテンサイクルから出たのか?」
メリーベル:「はははははっ!」
ロラン:「やめないのかっ!」
「ターンAとターンXの事、機体を並べて調べる必要があるんじゃないですか?」

ギンガナム:「ターンAのパイロットが考えていることはわかるよ。今データを集めているんだ、心配するな」
メリーベル:「ふふふふふっ、うあーっ!」
「・・・!、なんて力。ギム・ギンガナム!」
ロラン:「ギンガナム家は、ムーンレィスを治めるソレル家を守るのが役割じゃないんですか?どうしてディアナ様にそむくような真似をするんです!」
ギンガナム:「しゃらくさいことを!ターンAは、古代の宇宙文明を破壊した禁忌のモビルスーツなんだよ。ターンAを潰す事は、ディアナを守る事になるのだ」
メリーベル:「もっと面白い話はさ、大昔のターンXはターンAを倒し損なったんだってさ」
ロラン:「えっ?」
メリーベル:「ひひひ、だから、ターンXの胸の傷がうずいて、ターンAを倒したがってんだよ。別にギム・ギンガナムがターンAを憎んでいるわけじゃない」
ロラン:「ターンXの傷?」
ギンガナム:「ターンAが起動し、このXも起動したのなら、システムが赴くまま共に死す、それも面白いと思わんか?ローラ・ローラ!」
ロラン:(この男、戯れている!)
ギンガナム:「共に死ねや、ローラ!」
ロラン:「うわっ!、う・・・」
メリーベル:「あははははっ!ギム・ギンガナムの覚悟に怖くなったのかい?ローラ・ローラとかさ!」

ロラン:「この女もローラ・ローラと言う!」
ギンガナム隊A:「御大将、白の宮殿の通信を傍受できましたか?白の宮殿の!」
ギンガナム:「・・・、なんだ?ターンAと交信していて外の通信を受け付けない。なんだ?」
ギンガナム隊A:「地球人どもの軍が、白の宮殿に入ったようです。制圧しますか?」
ギンガナム:「放っておけ!ふん、100人足らずの地球人など、あとでどうとでもする。が、アグリッパめ、何をやっているんだか」

ジョン:「ほっ、ほっ、ほっ」
「なんにもないぞ」
エイムズ:「グエン殿は?リリ様はどこだ?」
ヤーニ:「ここは機械人形用のエレベーターか。えらい高いエレベーターだが、ここは使われた形跡がない!」
エイムズ:「機械人形が戦った跡を追え」
「この城の職員達を締め上げて聞き出せ!」
ヤーニ:「軍事施設につながる通路はあるんだろ?」
ジョン:「宮殿の東側の通路から、軍の空港へ行けるって言ってます!」
ヤーニ:「軍の空港?」
エイムズ:「俺達の使わせてもらったやつじゃないってことか」
ヤーニ:「よーし!」
エイムズ:「すまねえな」
ヤーニ:「ここの警備要員はどこでい?」
ジョン:「おっ」

リリ:「ああっ!」
グエン:「うっ」
「メシェー、気をつけて!」

リリ:「私達に恨みでもあるんですの?」
メシェー:「ボルジャーノンは慣れてないんですよ」
ディアナ:「はい、ここをまっすぐに行ってください」
ソシエ:「いいんですか?地下に下ってるみたいですけど」
キエル:「何を?」
ディアナ:「ゲンガナムの市民に」
「ゲンガナムの市民に伝えます。地球帰還作戦によってディアナが地球に滞在していた時期の、ディアナ・ソレルの名前によって発令された法令は、すべて無効とします」

グエン:「その通信、ゲンガナム中に伝わるのですか?」
メシェー:「月の技術でも無理ですよ。アンテナ線があるわけじゃないし」

ディアナ:「アグリッパだけにでもと思いまして」
リリ:「ねえディアナ様、黒歴史の謎解きをしたら、災いが降りかかるなんて事ございませんよね?」
ディアナ:「黒歴史は過去の事実を語っているものに過ぎません」
ソシエ:「でもさ、アグリッパって奴は、黒歴史の呪いとかであたし達を呪い殺せると思ってんじゃないの?」
ディアナ:「アグリッパは、ギンガナムに踊らされているだけでしょう」

ミドガルド:「女王が何か仕掛ける気のようです」
アグリッパ:「ジャンダルムを冬の城の女王の専用港に接舷させろ!」
ミドガルド:「ジャンダルムを?」
アグリッパ:「そうだ。律儀なお方だ、月にマウンテンサイクルがあると知れば、黒歴史のデーターの中からターンXとターンAの事を知ることになる。あれはコントロール不能かもしれんのだ」

メリーベル:「目眩ましをかけているつもりか」
ロラン:(最小電力のみ。探知される?されない?さっきのディアナ様の電波、冬の宮殿のほうに移動しているように見えたけど)
「は・・・」


リリ:「グエン様、これ、まるで墓地みたいではございませんこと?」
グエン:「静けさといい形といい、そうは見えますが」
メシェー:「それにしちゃあ、盛大なお墓だね」
ディアナ:「冬の宮殿は異常はありませんでした。アグリッパは本来の仕事は放棄していませんでした」
キエル:「どういう事なのです?」
ソシエ:「まさか、これムーンレィスの合同墓地というんじゃないですよね」
ディアナ:「これが冬眠カプセルのシステムと、データ室なのです」
キエル:「あ、ディアナ様」
ディアナ:「えっ?」
キエル:「ありがとうございます」
ディアナ:「なんの事でしょう?」
キエル:「父の墓の前で泣いてくださった事です」
ディアナ:「ああ、入れ替わってハイム家にお邪魔した日の事ですか?」
キエル:「はい。私以上に悲しんでくださいましたよね」
ソシエ:「・・・!」

(ディアナ):「お父さま、ごめんなさい、お墓参りが遅くなって申し訳ございませんでした。ついつい仕事にかこつけてうちに戻るのが遅くなりまして、本当に申し訳ございませんでした」

ソシエ:「・・・あれが、ディアナさんだったっていうの?」
キエル:「そうよ、ソシエ。あの日から私は、月の女王ディアナ様と入れ替わって、ディアナ・カウンターのソレイユに入ったの」
ソシエ:「本当に入れ替わっていたの?」
ディアナ:「初めは小さな遊びでしたのに、戻るに戻れなくなってしまって」
キエル:「おかげで、ディアナ様の御心がよくわかったのよ」
ソシエ:「なんでこういう大変な時に、そんな面倒なこと言いだすの!?」
キエル:「こんな時だからこそソシエには・・・」
グエン:「で、では、あのサンベルト建国宣言の日」
リリ:「建国中止の演説をなさったのは、キエル嬢でらっしゃいましたの?」
ディアナ:「そうです。キエル・ハイムはソレイユの中で、たった1人であの演説をすることを決意して、実行したのです」
グエン:「しかし、あの演説は、ディアナ・ソレルそのままだった」

(キエル):「このサンベルト一帯にムーンレィスの国を建国することを一方的に決めるのは、私の本意ではありません。あくまでも合意の上で、私達先祖の土地に定住したいと考えております。ですから、サンベルト国家宣言は取りやめて、再度交渉を再開され、ムーンレィスの居住を認めていただきたく、アメリア大陸の人々にお願い申し上げます」

グエン:「あの時、私の側にいたのは、ディアナ・ソレル閣下でしたか」
リリ:「あ、じゃあ、あれ」

(リリ):「キエル嬢はお働きですこと」
(ディアナ):「・・・」
「・・・」


リリ:「あの時の方は、ディアナ・ソレル閣下、恐れ入りました」
ソシエ:「そんなの、そんな事があったなんて!地球侵略をしようという女王とお姉さまがあたしが機械人形で戦うよりもつらい事をしてきたってわかれば、あたし怒れないじゃない!」

ギンガナム:「兄弟のくせに、気配を消してみせたというのか。なら、メリーベルごときには見つからんだろう」
メリーベル:「運河を破壊しないパイロットなら、ふふふっ、ムーンレィスだ。なら、厄介な敵かもね、ギム・ギンガナム!」
ギンガナム:「面白い敵だというんだよ。ターンXをフル稼働させるのは、ちと厄介か」

アイキャッチ

スエッソン:「貴様は観戦していればいい!」
シッキネン:「うっ」
「あっ」
「ステロ様、宮殿の近くじゃいけません!」
スエッソン:「なにい!?」
ハリー:「ディアナ様の城の間近で戦う者は、私が許さん!」
スエッソン:「親衛隊なら女王の尻を追いかけてるだけにしろ!」
ハリー:「ディアナ様の尻と言ったか、おのれーっ!!」
スエッソン:「尻を尻とゆうてなにが悪い!」
ハリー:「お前のような下劣な者がいるから、私はギンガナム家を見限ったのだ!!」
「アグリッパの策動を一掃したら、地球と停戦協定を結び、地球人は地球に帰さなければならない!」
「はあっ!」


フラン:「ハリー大尉は、マヒロー隊の行動を阻止しています」
ミハエル:「今日までの大尉の言動は信じられるということか」
フラン:「少なくとも、月に残っている親衛隊は敵には回りませんよ」
ミハエル:「ならいいのだが」

スエッソン:「車がかりの陣で潰せ!」
ハリー:「すべてに傷を負わせた、無理だ」
「センサーが潰れていて何ができる!」
「何?・・・」
「言ったろうがっ!」
「ギンガナム家は真の戦い方を知らないようだな、スエッソン・ステロ」

スエッソン:「き、貴様がマヒローを知り尽くしているからにすぎん。実戦の仕方はよーく教えてもらった、礼を言う!」

フラン:「撮れたわ、決定的瞬間!」
「降ろしてください。大尉は本当に味方になってくれたみたいね」

ミリシャ兵A:「そうですね。下がりますよ」
フラン:「うん」

メリーベル:「あっはははは!はははは!」
ロラン:「・・・」
メリーベル:「あ、何?消えた?」
ギンガナム:「迂闊に動くなよ。奴のフルパワーが電磁波を乱れさせているだけだ。月からは絶対に離れられない奴だ」

ミドガルド:「冬の宮殿から空港へ抜けられるのですか?」
アグリッパ:「あたりまえだろ」
ミドガルド:「恐れ入ります」
アグリッパ:「しかしこんな風に出てきてしまっては、ディアナに復権を認めたかのように見える。失敗だった」
ミドガルド:「あの場合はやむを得ません。そうでなければ、ディアナ一辺倒のハリーに何をされるかわかったものではありませんでした」

ミドガルド:「どちらへ?」
アグリッパ:「ジャンダルムとは連絡がついているな?」
ミドガルド:「はい」
アグリッパ:「近道をする」
ミドガルド:「ここはデータ室ではありませんか」
アグリッパ:「太古の歴史など興味はあるまい」
ミドガルド:「そうではありますが、ターンXとかターンAが古代の歴史と関係があるのなら」
アグリッパ:「古代史は彼らが収束させたのだ。それですべてなのだ。まったくの過去のもの、なんだ?」

ヤーニ:「ルジャーナ・ミリシャに遅れるな!」
ミリシャ兵達:「おおーっ!」
ジョン:「リリ・ボルジャーノ嬢様!」
リリ:「ジョン、エイムズは?」
ジョン:「イングレッサの連中より先に、中に入っています」
「メシェー、ありがとよ!うちの姫様を拾ってくれて!」
メシェー:「ボルジャーノンを貸してくれればソシエとうまくやれるさ!」

ヤーニ:「行けっ、痛いのが嫌なら黙って案内しろ!」
「グエン様はいらっしゃってるな?」
グエン:「おう、ご苦労だったな、ヤーニ少尉」
リリ:「お墓に入るのですか?」
キエル:「お墓ではありません」

アグリッパ:「その部屋の物には一切触るな!」
エイムズ:「何もありゃしねえんだろ!」
ミリシャ兵B:「釣り天井とか落とし穴があるんじゃねえのか?」
ヤーニ:「この部屋に黒歴史の記録があるってのか?」
エイムズ:「でもよ、本一冊ないみたいなんだ」
アグリッパ:「本だと?これだから蛮族と接触したくないのだ」
ディアナ:「偏見を言う」
アグリッパ:「ディアナ・ソレル閣下」
ディアナ:「ただ月に踏みとどまり、延命策を講じるアグリッパ・メンテナー。ギム・ギンガナムは封じられた武力を開放して喜ぶだけ。グエン閣下は人類の英知の発展の為にと行動される。が、そのようなみんなが集まれば大きな災いを呼び込むだけなのです」
「なぜ古代史が黒歴史と呼ばれるようになったのか、お考えなさい」

アグリッパ:「黒歴史を開いたところで、地球人達が1000年単位の時間のギャップを想像することなどはできはしません」
ディアナ:「それも偏見です」
アグリッパ:「物事を知ればいいということでもない。知ることによって混乱が起こるということもあるのだ」
ヤーニ:「うっ」
エイムズ:「こりゃなんだ?」
ディアナ:「100万人の人々が住むスペースコロニーが地球に落ちたところです」
グエン:「なっ。スペースコロニー?地球に落ちる?これは映画じゃないんですか!?」
ディアナ:「古代の歴史の記録です」
エイムズ:「宇宙に船が飛んでいる!」
ディアナ:「西暦から宇宙世紀に変わった頃の宇宙戦争です」
メシェー:「ホワイトドールとボルジャーノンだ」
ソシエ:「ちょっと違うんじゃない?古っぽいもの」
ディアナ:「長い長い戦争の歴史があったのです。この事実を理解して、この結果を想像してほしいのです」
キエル:「この結果・・・」
アグリッパ:「地球人に想像などできるものか」

ギンガナム:「兄弟、位置がわかったと思ったら立体モニターが出たぞ。貴様が出したこけ脅かしか?」
ロラン:「いや、そちらのターンXの仕業と了解している」
ギンガナム:「この空中モニターの映像、どこから発信されているのだ?冬の宮殿のほうか」
メリーベル:「何、このモビルスーツみたいな物?ああっ!」
ギンガナム:「メリーベル、何を騒いでいるんだ!」
「ターンA!」

ロラン:「どうしたんだ?コントロールが効かないぞ。ターンX!」
「また出た?」

ギンガナム:「干渉しあった!」
ロラン:「そうか、データが再生されているんだ」

フラン:「なんだろう、あの筒のような映像は?」

技術者A:「スペースコロニーだったんでしょう」
メシェー:「ホントなの?」
技術者B:「でもあれは、普通の空中モニターじゃない」
ブルーノ:「そうだよ。ゲンガナムにはあんなシアターはないもの」
ヤコップ:「ハリー大尉はご存知ですか?」
ハリー:「映像は、古代の宇宙世紀のものだ」
ミハエル:「宇宙世紀ってなんなんです?」

ハリー:「今、電波の出ている所を調べている。冬の宮殿から発信されて、別の誘導電波で導き出されていると考えるしかないな」

スエッソン:「・・・」
シッキネン:「あんな映像が街中に出てんですよ」
スエッソン:「どっかのビジュアル屋が宣伝にやってんだろ!」
シッキネン:「ありゃ、宣伝なんてもんじゃ」
スエッソン:「てめえはさっさと機体を回収して、本隊に運べ!」
シッキネン:「は、はい」

市民A:「ビジュアルの宣伝にしちゃ大掛かりだよなあ!」
市民B:「古代史の映像みたいね」

ディアナ:「これらが黒歴史と言われているのは、人類の最終戦争だったからで、数百年続きました」
グエン:「数百年も?」
アグリッパ:「そりゃあそうでしょう。人類が自ら起こした最終戦争、アーマゲドンが数日で終わるわけがない」
エイムズ:「ギャバン隊長!どんな時代でもボルジャーノンは大活躍してますぜ!」

ギンガナム:「わかったぞ。ディアナ・ソレルは黒歴史の事実を地球人に示して、地球奪還の正当性を語っている。が、そうはいくまい、黒歴史を万人に示せば、人は闘争本能を思い出すのだ。地球帰還作戦を実行しただけで市民は軍人になったのだからな!ははははっ、我が世の春が来た!」

スエッソン:「そうか、あれが黒歴史なら、これからあんな世の中になるってのかよ!結構な事じゃねえか!」

ディアナ:「地球も月も衰退すれば、スペースコロニーの人々の暮らしも不安定になります。いくつものスペースコロニーが新しい技術を駆使して、外宇宙へ旅立ったといいます」
キエル:「確かにこれは黒い歴史と呼ぶにふさわしいものです」
リリ:「ほんと、人類って少しも偉くはございませんね」
ディアナ:「私は、マウンテンサイクルやターンコードでデータを呼び出した事がありませんでした。ひょっとしたら」
ミドガルド:「おおっ」
エイムズ:「ターンA」
アグリッパ:「ここのデータは表面的な事しかわからん。が、あのヒゲのモビルスーツが地球文明を埋葬したという事は説明されている。月光蝶という名前によってな」
「地球人どもにはこの映像の意味するところはわかるまい。ターンAはナノマシンを地球上に撒いたのだ。そして、そのナノマシンが地球上の文明を砂に変え、大地と同化させた」
ディアナ:「・・・、その任務が終わって、ターンAはマウンテンサイクルに自らを埋めたのですね」
キエル:「太古の文明を埋め尽くしたのですか?」
リリ:「このハリケーンで」
グエン:「ナノマシン、そういう力を持っているのですか」

ロラン:「ターンAって、こういう機体だったのか」
ギンガナム:「そいつの監督がターンXなんだよ。そのデータは冬の宮殿にはないよな。ははははは」

次回予告:「追い込まれたミドガルドは、冬の宮殿もろともディアナ様を抹殺しようとした。ホワイトドールの未知の力は、これを守る事に成功した。が、この力が黒歴史を開くことはないのだろうか?次回、ターンAガンダム『敵、新たなリ』。風が光の模様を紡いだ」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する