∀ガンダム ターンエーガンダム 第42話 ターンX起動

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第42話 ターンX起動」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「ミリシャの人達がいたおかげで、ウィルゲムはディアナ様のお城に横付けになった。これで事態は混乱していくのだろうけれど、アグリッパ・メンテナーという人に月の社会を支配させたくはない。だから僕は、目の前の敵と戦うことにした」

タイトル:「ターンX起動」


グエン:「どうです?」
ミドガルド:「いや、いい」
「そこでいい」
グエン:「お手数です」
「ご婦人が2人もいるのです。抵抗などするわけがないでしょう」

ミドガルド:「貴公はソファーへ」
グエン:「わかっている」
ミドガルド:「お座りいただきたい」
「・・・、モンドブルムの香りです」
グエン:「この土地の産ですか?」
リリ:「なら、ココアも期待できますわね」
ディアナ:「はい」

スエッソン:「ぷぁーっ!・・・まったく時間がかかりすぎんだよ!これじゃ地球人にやられちまうぞ」
マヒロー隊A:「デザートです」
スエッソン:「遅かったな!」
マヒロー隊A:「わざわざ街中のサン・ミッシェル本店から買ってきたんですよ」
スエッソン:「あたりまえだろ!」
マヒロー隊B:「ちょい、そこで、まっすぐはめ込めばいいんだ。はいどうぞ-。よーし!」

ロラン:「やっぱりミリシャのコンビーフは、月で食べてもおいしいですね」
メシェー:「あったりまえでしょ!」
ソシエ:「牛とか羊って本当にいるの?ここに」
ロラン:「いますよ」
「ん」

フラン:「・・・ありがと」
ロラン:「こういうのって幸せだなあ」
ソシエ:「嘘言って!」
ロラン:「・・・ほんとですよ」
ソシエ:「と言った瞬間、・・・本当はお姉さまかディアナ様がいたらもっと幸せだなあって思ったんでしょ」
ロラン:「・・・」
メシェー:「ふふふふっ!ははは!」

ロラン:「・・・」
スエッソン:「ふははははっ!さーて、白ヒゲを渡しますか、それとも3人を処刑して構わないですかね?」
ロラン:「ミハエル大佐、どうします?ホワイトドールを渡しますか?」
ミハエル:「そのまま動かないでくれ」
ロラン:「ええ?」
ミハエル:「むこうのペースに乗るわけにゃいかん。協力してくれよ、ロラン」
ロラン:「ミハエル大佐!」

ミハエル:「ムーンレィスの機械人形部隊に告げる。我々ミリシャは、我らの守護神であるホワイトドールを渡すくらいなら、月もろともにここで滅びる事を望むものである!」

スエッソン:「何?俺のDNAの欲望を満足させてくれるっていうのかよ」

ミハエル:「ゲンガナムがムーンレィスの首都であるのならば、我々の命との釣り合いが取れると言っておこう!」

ロラン:「やめてください。そんな事をするならホワイトドールを渡しましょうよ!」
ミハエル:「正面の道路、橋を砲撃する」
ロラン:「冗談言わないでください!」
ミハエル:「動くなと命令をしたぞ!」
ロラン:「・・・」

ミハエル:「くそ真面目が、はったりをかませるって教えなかったのか?」
フラン:「こんな作戦、食事が終わって決めたことでしょう」
ミハエル:「フランの通信機で伝えられんのか?」
フラン:「これは艦内用です」
ミハエル:「ヤーニ達は、陸戦の用意はできているな?」
ミリシャ兵A:「はい!」
ミハエル:「機械人形の動き次第でははったりはやめる」
「ヤコップ、ブルーノ!」
ブルーノ:「は、はい」
ヤコップ:「ギンガナム隊にははったりは効かねえよ」
ブルーノ:「そうだろうけどさあ」
フラン:「大佐の決断もありかもよ」

グエン:「私にあんな指示など、出せるわけがないでしょう」
ミドガルド:「ミリシャらしい蛮勇です、が、これでお三方の処刑は実行されましょう」
グエン:「私も命は大事です。どうかギンガナム殿に引いてもらうよう、アグリッパ殿から命令していただくように貴公から」
ミドガルド:「地球土産も使えますのでね」
リリ:「その1発の銃声で、街もろとも、城もろとも心中でございますよ」
ディアナ:「ムーンレィスにも闘争本能に火がついてしまったのですから、遅かれ早かれ、月の文明は破壊されましょう。すべて私の罪です」
ミドガルド:「・・・地球の娘が知った風なことを」
ディアナ:「・・・」

ギンガナム:「奴らに、ゲンガナムを砲撃することなどできるものか」
アグリッパ:「そうであっても、マヒロー隊は引かせてほしい」
ギンガナム:「ターンAはどうするのだ?放っておくわけにもいきますまい」
アグリッパ:「今ははったりだろうが、マヒローの動き次第では地球人を本気にさせてしまおう」
ギンガナム:「いいや!ゲンガナムはいやしくも、我が先代が建設した都市だ!柱一本壊しては、先祖に対して申し訳がた・・・」
アグリッパ:「ならばマヒロー部隊を、な、なんだ?」
ギンガナム:「ステロか?」

スエッソン:「よくよく抵抗して俺様の敵らしく戦死しろ!」
ロラン:「やめてください!ギンガナム隊は、月の軌道上で演習をしている私設軍隊のはずでしょ!」
スエッソン:「2000年も3000年も同じ演習しているギムと同じにするんじゃない!」

ギンガナム:「ステロも、いいところがあるじゃないか。ビーム兵器は使わずに取り押さえようとしている。なのに、これを引かせるとなればアグリッパ殿、ターンAは捨てるのか?」
アグリッパ:「迂闊に破壊していい物ではないのはわかっているだろう。マヒローで取り押さえた時に、ちょうちょに変身されてもいいのか?」
ギンガナム:「・・・蝶か。ターンXのデータの詳細は、まだ解析されておりません」
アグリッパ:「危険であることは、マヒロー隊のパイロットにも徹底させろ!」
ギンガナム:「おっしゃられるまでもない!」
「マウンテンサイクルのメリーベルにつなげ」

アグリッパ:「ターンXを使うのか?」
ギンガナム:「一挙に押さえ込むほうがいいでしょうな」
アグリッパ:「毒をもって毒を制するか。くれぐれも穏やかにな」

メリーベル:「・・・、そっか」
ギンガナム:「私もそちらに向かうが、急を要する。できるな?」
メリーベル:「ふふっ、だって、バンデッツとターンXは感じあってるもの」
ギンガナム:「任せる」

シッキネン:「ビーム砲は駄目です!白の宮殿の前なんですよ!」
スエッソン:「放せ!あのヒゲは白いんだぞ!相まみえる相手がいて、むざむざ矛を収められるか!ん?」

キエル:「月面からは100メートルはあるのですか?」
ハリー:「そんなものです。白の宮殿へ直通していますから」
キエル:「地下に林があるなんて」
ハリー:「ギンガナムめ、マヒローを白の宮殿の目の前にまで入れて」
キエル:「ここは、もうディアナ様の宮殿で?」
ハリー:「はい。ですが、今はアグリッパが座る敵地だということをお忘れなく」
キエル:「敵の本拠地ですか」

ソシエ:「ロラン、本気なの?」
ロラン:「ホワイトドールを渡します!」
ソシエ:「馬鹿!」
ロラン:「僕達の街が、ノックスみたいになっちゃ困るんです!」
ソシエ:「わかったわ、ロランが降りるというなら、私がホワイトドールに乗るわよ!」
ロラン:「お嬢さんが怪我をします!操縦だって僕のほうが上手なんですから!」
ソシエ:「・・・」
ロラン:「うっ!」
「お嬢さん・・・」

ソシエ:「ホワイトドールを敵に渡すわけにはいかないのが、どうしてわからないの?」
アグリッパ:「ターンAのパイロットよ!」

ロラン:「ええ?」
ソシエ:「何?」
ロラン:「アグリッパ・メンテナー様?」
アグリッパ:「そうだ。ターンAのパイロット、地球人の、いや、グエン・ラインフォード卿の指揮下にある宇宙船のクルーに提案がある。ヒゲのターンAで我がほうのターンXを倒してみせよ」
ソシエ:「ターンX?」
アグリッパ:「ただし、月面上でだ」
ロラン:「なんだ?」

ヤコップ:「ターンXと戦えって」
ミハエル:「新型の機械人形なのか?」
フラン:「ターンXって言ったって、Xに変わりないじゃないですか」
ミハエル:「なんなんだ、ターンって?」

ロラン:「わかりません!ターンAだ、ターンXだって!」
アグリッパ:「なんだと!ならわけもわからずにそのターンAを使っていたのか?無知にもほどがあるぞ、地球人ども!月面の運河や地下都市は人類の英知の賜物なのだ。それをモビルスーツごとき戦闘で破壊させるわけにはいかない!」
ロラン:「そんなこと、あんたに言われるまでもない」
ソシエ:「お姉さま?」
ロラン:「ディアナ様?」
アグリッパ:「月面でのターンXとの戦いに臨まなければ、この3人の命はない」
ソシエ:「・・・」
ロラン:「ターンXっていうのがわからないんです」
アグリッパ:「ターンXを倒せば3人は釈放する。勿論、この城が残っているのなら、ディアナ閣下にあけ渡しもする」
ロラン:「ホワイトドールに乗ります・・・僕」

アイキャッチ

アグリッパ:「銃をおろせ、ミドガルド」
ミドガルド:「はっ!」
グエン:「ターンXとおっしゃったようが、ギンガナム隊の最強の機械人形ですか?」
アグリッパ:「そうお考えいただいてよろしい」
グエン:「ん?」
ディアナ:「質問が不愉快のようですが、もうひとつお聞きしたいのです」
アグリッパ:「どうぞ、お嬢さん」
ディアナ:「なぜ、ディアナ暗殺をたくらんだのでしょうか?」
アグリッパ:「月の平和を脅かした方ですから、そのような事を考えた者はおりましょう」
ディアナ:「閣下が地球での戦争を長引かせる為に、いろいろと策動していらっしゃるとディアナ様から・・・」
アグリッパ:「小娘が何を言う!地球帰還作戦が始まってから、心穏やかであったムーンレィスに闘争本能が芽生えて、古代の人類に戻ってしまったのだ」
ディアナ:「闘争本能を目覚めさせた?」
アグリッパ:「あの作戦以来、ディアナ閣下の行く所には必ず戦いが起こる。月を滅びの道へと誘われたのです」
ディアナ:「戦いを収めようとしているのですよ!」
アグリッパ:「それが裏目裏目へと出る。今回の女王の目覚めは運に見放されている」
ディアナ:「運に?」
アグリッパ:「悪い運に乗っているのでなければ、地球の人々までが女王の扇動に乗ることなどはなかったでしょう」

ミハエル:「あいつ、大将の話も聞いていないのか。メガ粒子砲で牽制しろ!」
フラン:「5パーセントとか10パーセントの出力でいいのよ」
ヤコップ:「粒子、拡散照射」
ブルーノ:「街に届かないように」
ヤコップ:「2門のみ」

メシェー:「あらー、ほんとに撃っちゃったの?」
ソシエ:「あの街、ノックス以上かもしれないのにやっちゃうの?」

スエッソン:「港口に行ってくれりゃ、こちらもやりやすいってもんだ」
ロラン:「アグリッパの命令が出ているはずです!外へ出ます、ハッチを、うっ」
「貴様!アグリッパの!」

スエッソン:「何?」
「まだ昼間だぞ!」
ロラン:(停電を怖れている)
スエッソン:「なんと!」

メリーベル:「ゲンガナムに供給している電力ももらいましたが、ターンXはまだ動きません」
ギンガナム:「もう一度すべての電力を集中させろ。ムーンレィスが使っているすべてだ!」
発掘部員A:「そんなことをしたら、医療機関やカプセルの電源にまでダメージを与えるかもしれません、危険です!できません!」
ギンガナム:「誰に向かってものを言っている。やれ!」
「ターンXの起動については、アグリッパ・メンテナーからも許可をもらっている」

発掘部員A:「はっ」
ギンガナム:「ふっふふふ、起動させるだけでこの騒ぎか。いったい、どんな力を秘めているのだ、ターンXは?」

キエル:「停電は珍しいのですか?」
ハリー:「ゲンガナムでは初めてです。ま、着いたも同然ですから、いざとなったら力ずくでここを脱出します」
キエル:「はい」
ハリー:「ん?」

フラン:「ついたわ、何があったんだろう?」
ヤコップ:「こんなの知らねえぞ、やだなあ」

メリーベル:「くくっ、あははははっ、はははっ、ギム・ギンガナム!ターンXが動いたよ!これ使えるのかなあ?まるでデク人形みたいでさ。ギムには使えるよね、これ?」
ギンガナム:「発掘以来研究している。任せろ」

アグリッパ:「なんだというのだ?停電が直ったと思ったらこんどは地震か」
グエン:「うしろのレリーフが動いた」
リリ:「グエン様、何が」
ディアナ:「お二方とも、お下がりになったほうが!」
アグリッパ:「ケイサン下がれ!」
「ゴールドタイプがこんな所に」
リリ:「ハリー・オード大尉の?」
ディアナ:「キエル、よくここまで」
アグリッパ:「ハリー・オードはディアナ・ソレルをお連れした」
キエル:「・・・、あっ」
ミドガルド:「ハリーめ、今頃のこのこと女王をお連れしたからといって」
ディアナ:「おやめなさいミドガルド、ディアナは私です!」
キエル:「目が曇ったかミドガルド、ディアナは私です!」
ミドガルド:「な、何?」
アグリッパ:「ディアナが2人」
ミドガルド:「うわっ!」
グエン:「・・・、アグリッパ殿、女王陛下がお戻りになったのだ。指揮権は一切女王に戻していただこう!」
アグリッパ:「指揮権を返上しろとおっしゃるが、どちらの女王陛下にですかな?」
ハリー:「自分のした事を棚に上げて、ディアナ様を非難しようとは白々しい!貴公の考えはわかっている。闘争本能が目覚めたムーンレィスを、月から追い出そうとした!」
アグリッパ:「なぜそれがいけない?闘争本能に目覚めた者は地球、ムーンレィスには闘争本能は不要だ」
キエル:「では、なぜ武闘家のギムのような人間に、全権を渡したのですか?」
アグリッパ:「全権など渡していない。ターンAを解析する為には、発掘されたターンXの解析が必要だったのだ」
ディアナ:「ターンXとはなんです?」
アグリッパ:「ターンAと同じ物です。それでわかった事は、ターンAが地球の古代の文明を滅ぼしたという事です」
キエル:「ターンAが地球の文明を滅ぼした?」
ミドガルド:「かっての宇宙世紀の文明を」
グエン:「ホワイトドールが滅ぼしたと言うのですか?」
ディアナ:「今日までホワイトドールは、ロランという少年が上手に使って、アグリッパが言うような性能があるとは見えません」
アグリッパ:「ターンAが発掘された時は、どういう物か不明でした。しかし、月のマウンテンサイクルから発掘されたターンXを解明するにつれて、ディアナ様の地球帰還作戦が実施されたことで、ターンAが動き出したとわかったのです。ターンAを放っておけば、月も地球の文明も滅ぼしてしまうかもしれないのです」
ハリー:「逃がすか!」
ディアナ:「ハリー、追う必要はありません!冬の宮殿が気になります」
ハリー:「冬の宮殿が?」
ディアナ:「先程の停電といい、月にもマウンテンサイクルがあったらしい事といい、冬の宮殿の安全が気になります」
キエル:「冬の宮殿、ですか?」
ディアナ:「はい。冬の宮殿は、ムーンレィスにとって生命線なのです。本来、アグリッパが管理している宮殿なのです」
キエル:「はい」
ディアナ:「ハリー、参ります!」
キエル:「ハイヒールが?」
侍女A:「うわあっ!」
侍従A:「う、うわっ!」
ハリー:「ここはお任せを」
グエン:「ご案内を!」
リリ:「キエルさん!」
キエル:「リリ様!」

ディアナ:「・・・」
キエル:「大丈夫ですか?急に走ったりなさったから」
グエン:「まだなんでしょ?」
ディアナ:「大丈夫です」
リリ:「何か、乗り物でもないのですか?」
ディアナ:「方法があります」
グエン:「えっ?」
ディアナ:「侍従のケンストンか、侍女のミスマスを呼び出してください、電話があったはずです」
リリ:「あ、そういえば」
グエン:「ケンストンかミスマスですね」
ディアナ:「・・・」
キエル:「環境が変わり、御心労が多いから」
ディアナ:「ほとんど眠っていたとはいえ、この体で何百年もの時を過ごしているのです。キエルさんのように、元気はつらつとはいきませんね」
キエル:「・・・」
ディアナ:「私は、今度の地球帰りで死にたかったのです。年を取り、死ぬ人生だからこそ生の喜びがある。その喜びを、1人でも多くのムーンレィスに知らせたかった。私のエゴだったのでしょうか?」
キエル:「いいえ、エゴではありませんよ」
ディアナ:「平和を願っているつもりが、いつのまにか戦いを呼んでいます。私は、もはや死ぬべき時がきているのでしょう」
キエル:「何をおっしゃいます!そんなことでは、命をかけて守ろうとしているハリー大尉がおかわいそうです!」
ディアナ:「キエルさんは大尉が好きなのですね、ありがとう」
キエル:「恐れ入ります」

ロラン:「何?」
「本当にターンXっていう奴と呼びあっているのか?」


キエル:「ホワイトドールは、本当に悪い機械人形なのでしょうか?」
ディアナ:「それを確かめる為にも、冬の宮殿で黒歴史を調べ直したいのです」
キエル:「黒歴史を語るご本があるのですか?」
ディアナ:「古代史のデータがあるのです」
ロラン:「ああっ」
「・・・、うっ?」
「何っ?」
「あれが、ターンX」

ギンガナム:「調子は良好!ターンAとやら、ギム・ギンガナムが引導を渡してくれる!」

次回予告:「兄弟だというターンAとターンXは互いに共鳴しあい、黒い歴史のデータを吐きだした。さらにディアナ様は宇宙時代の記録と同時に、人類の地球文明を埋葬したという、月光蝶の映像を探り当てていた。次回、ターンAガンダム『衝撃の黒歴史』。風が記憶を呼んだ」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/103-da96754d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック