∀ガンダム ターンエーガンダム 第39話 小惑星爆烈

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第39話 小惑星爆烈」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「アステロイドコロニー・ミスルトゥは、ディアナ様の御先祖様が月での食糧を増産する為にお作りになった農場施設だった。そこで僕らはウィルゲムと生き別れのまま、ミスルトゥはマヒロー隊にばらばらにされてしまった」

タイトル:「小惑星爆裂」


ブルーノ:「ホワイトドールとカプル、キャッチ」
グエン:「追いつけるな?」
ブルーノ:「はい」
ヤコップ:「ミリシャ兵総員、敵機械人形を監視」
グエン:「ミハエル大佐、機銃座は個々に対戦のこと!」
ミハエル:「各員、対空戦用意!」
ブルーノ:「駄目だ。カプルはいたよな?石のおかげで識別できない!」
技術者A:「石のデータ、排除してます」
ブルーノ:「ヒゲのほか、4機か?」

ディアナ:「ウィルゲムが離脱したようです。皆さん、わかりますか?」
ロラン:「了解。こちらをキャッチしてくれてるでしょう」
ソシエ:「同じく敵にだってキャッチされてるわよ!」
ムロン:「もうとっくにキャッチされてんじゃないですか?」
キャンサー:「ディアナ様がいらっしゃるんだ。それに、このモビルスーツも使いようさあね」

二番艦艦長:「回避だ。コロニーの残骸から回避しろ!」

一番艦艦長:「何をやっている?陣形を整えさせろ!」
ギンガナム隊A:「はっ」
ギンガナム:「シャトルを追撃しろ!」
一番艦艦長:「は、シャトルを追撃します」
ギンガナム:「スエッソンは、Eマイナーの後の展開はわかっているんだろうな?」
一番艦艦長:「は、北斗の七つ星の陣を敷くようです」

スエッソン:「ふーははははっ、ミスルトゥの本体からよく出てきたものよ。そうでなければ、マヒロー部隊の北斗の七つ星の陣を構える意味がない!」

ギンガナム:「なあ、ハリー・オード、ミスルトゥがああなってディアナはどう思うかな?」
ハリー:「盟主であるディアナ様を呼び捨てにするとは、御大将の腹が読めました」
ギンガナム:「おおっと、失言失言。小生には武門のモラルを守る事しか頭にはない。ん?」

ロラン:「聞こえますか、ディアナ様?」
ディアナ:「はい、なんでしょうロラン?」
ロラン:「本当にシャトルを操縦なさってらっしゃるんですか?」
ディアナ:「この程度のこと。キエルさんの事のほうが心配です。ハリーは、直接ギンガナムのもとへ行くはずですから」
ロラン:「じゃあ、あの艦隊と接触したんですね。うっ」
「ソシエお嬢さん、お1人で先行しないでください。どこへ行くんです?」

ソシエ:「あそこにお姉様がいるんでしょ、ディアナさんがそう言ったわ」
ロラン:「ハリーさんはキエルお嬢様をディアナ様の身代わりにしているんです、心配はいりません!」
ソシエ:「・・・殺されないって保証はないわ、戦争なんだから!」
キャンサー:「嬢ちゃんは下がってな。ここは同じ機体同士の方が相性がいいんだよ!」
「ほーら、任せときなさいって。ディアナ様があたしにお力を貸してくださっているんだ!」
ソシエ:「ムーンレィス同士で!」
ロラン:「キャンサーさん、地球より宇宙の似合う人?」
「トリガー」
「当たっちゃった?」


ギンガナム:「妙だな。送られてくるデータにミスがあるぞ」
ハリー:「実戦はシミュレーションとは違うようだな」
ギンガナム隊B:「よくわからん」
ギンガナム隊C:「第一船隊は全滅?」
ギンガナム隊D:「敵が直進するだけなんて事ないだろ」
ギンガナム隊E:「北斗の陣で」
ギンガナム:「ミドガルドに、ミドガルドに敵の腹を探らせろ!」

ソシエ:「へ?」
ロラン:「ウィルゲムが脱出してきました」

リリ:「宇宙服のない人は救命ボートか酒樽の近くにいて、いざという時に備えなさい。えーと、戦いは1640年代の大西洋海戦と思えば結構よ」
ヤコップ:「なんです、大西洋海戦って?」
グエン:「帆船が100メートルの距離で撃ち合ったやつだ」
ブルーノ:「こっちは空戦ですよ」
グエン:「わかっている。敵艦を大破させない威嚇射撃」
ブルーノ:「そんな曲芸みたいなの、できませんよ」
技術者A:「しかし、ディアナ様が連れ込まれてるんでしょ?」
ブルーノ:「拡散率30パーセント!」

ギンガナム:「わかったぞ、なぜ照準を取って撃たないか!石もマシンも同じターゲットではないぞ!」
ハリー:(ふん、決められた戦場で図上演習をしていただけでは、臨機応変の対応は)

ロラン:「コロニーの残骸を盾にします!」

リリ:「敵の呼び出しには出たらいいでしょう。相手のお話はよく聞くものです」
ミドガルド:「宇宙でなんの真似だ、ミリシャの者共は?」
グエン:「なんの事でありましょう?穴倉に閉じ込めておいて、外から燻り殺すのがムーンレィスのやり方なら、それこそ蛮族のやり方でしょう」
ミドガルド:「我がほうは、ジャンダルムのシャトルを回収したいだけの事である」
グエン:「いかなる理由があるとしても、戦時協定を結びに来た我々を危険にさらすとは野蛮人の行為です」
ミドガルド:「戦時協定だと?」
グエン:「その為にこんな宇宙船で、命がけで宇宙にやってきたのだ。そちらの代表者に取り次いでいただく」
ミドガルド:「ぬけぬけとよく言うな!」

グエン:「それに、こちらから脱走した者も合流しているようなので、捕えたいのです」
ミドガルド:「捕えたい?」
ソシエ:「脱走者?」
ロラン:「違います。グエン様は、僕達が好きに動けるようにしてくださったんですよ」
キャンサー:「そうだよ。なかなか口の達者なぼんぼんだ」

ギンガナム:「アグリッパに伝えてやれ。戦争などはこれからいくらでもできる、交渉の席は設けさせる。二番艦には好きにやらせろ!」
ハリー:「ん?」

ギンガナム隊F:「このままだと、こちらの砲撃の死角です」
二番艦艦長:「回り込んでやればいい」
ギンガナム隊F:「しかし、あの石は月の引力に引かれて加速しています」
ギンガナム隊G:「このコースさ、フォンシティのほうに向いてねえか?」

ディアナ:「キャンサー!」
キャンサー:「・・・、姫様にシャトルの操縦などさせて、お許しください!」
ディアナ:「構いません、もうまっすぐに月に帰れますから」
キャンサー:「まっすぐ?あ、この石っころは月に向かってんですか」
ディアナ:「はい、激突するでしょう。我が先祖が作ったミスルトゥが、フォンシティ辺りに」
キャンサー:「フォンシティ、我がカフカ家の出身地です」
ディアナ:「そうであったか」
キャンサー:「お任せくださいませよ。カフカ家の末裔、レット隊が、命に代えて激突を阻止して御覧にいれます」
ディアナ:「マヒローで何ができます」
キャンサー:「やって見せます!」
ディアナ:「キャンサー!」

ソシエ:「どういうことよ?このコロニーの残骸が月に落ちるって」
ロラン:「もともと月と地球の引力でつりあってたのが、さっきの爆発でポイントからずれて、月の引力に引っ張られてるんです」
ソシエ:「これが月に落ちるってこと?」
ロラン:「はい、そうです」
ソシエ:「どうしてさ?」
ロラン:「今説明したでしょ」
ソシエ:「えっ?嘘!」
ロラン:「しましたよ」
ソシエ:「どういう風に?」
ロラン:「フォンシティだけだって20万都市だ。その周りだって結構人が住んでるんだ」

ギンガナム隊H:「残存機はアスピーテへ集結」
ギンガナム隊I:「二番艦隊はそのままの進路を保持」

キエル:「・・・!」
ギンガナム:「ミスルトゥの破片がフォンシティに落ちる事になりましたなあ」
キエル:「ミスルトゥが?フォンシティへ?」
ギンガナム:「・・・はっ、住民には避難させる暇もありません」
キエル:「艦隊を降ろして救助をすれば、・・・ミスルトゥを破壊すればよいではありませんか」
ギンガナム:「それほどの破壊力のある武器は用意がありません。それに、メガ粒子砲を斉射したとして破壊できるかどうか」
キエル:「無礼な!」
「フォンシティを救うつもりはないのですか?」

ギンガナム:「警報を発したらパニックになります。住民がすべて逃げ出せる時間も」
キエル:「それがムーンレィスの!」
ギンガナム:「今は、あなたに興味がありますのですよ、ディアナ・ソレルか、と」
キエル:「・・・」
ギンガナム:「髪の手触りは変わらぬようだが」
キエル:「もし私がディアナでないとしたら、なんとします?」
ギンガナム:「ならば一時とはいえ、ディアナ・カウンターを地球の市井の女が束ねていたことになる」
キエル:「・・・」
ギンガナム:「小生は、そのような女に興味を惹かれます」
キエル:「・・・」
ギンガナム:「統率力のある女性、御婦人として」
キエル:「・・・手打ちにいたします!」
ギンガナム:「はははははっ、さすが、どうぞ。存分になさるがいい!」
キエル:「・・・」
ハリー:「・・・、おやめください!!」
「何事ですか!?」

ギンガナム:「姫様に刀を見せていた」
ハリー:「刀を?」
ギンガナム:「気に入っていただけたようなのでな」
ハリー:「ギンガナム殿!」
キエル:「ギム・ギンガナムは、武芸者として達人と」
ハリー:「達人?」
ギンガナム:「ゆえに、フォンシティは私がなんとかいたしましょう」

アイキャッチ

ギンガナム:「Xトップを用意させろ!Xトップを呼ぶんだ!」
ハリー:「どうするおつもりなのか?コロニーの残骸の始末」
ギンガナム:「だから、Xトップを動員する」
ハリー:「X、トップ?」
ギンガナム:「なに、カイラスギリーをコントロールするのにはちょうどいいのでな」
ハリー:「カイラスギリーを使う?」
ギンガナム:「それはそうだろう。あれだけの物を一気に粉々にしなけりゃならんのだ。あのディアナ・ソレル様に約束したんでな、ははははっ」
ハリー:(こやつ)

キャンサー:「あいつら、ディアナ様を叩くつもりでいる。なら出てやるよ!」
ムロン:「ま、待って。姉さん、無理だって!」
キャンサー:「どきな。奴らの戦艦を奪ってこの石っころにぶつけりゃ、月には落ちないだろ!」
ロラン:「出ちゃだめです!」
キャンサー:「だったら、ミリシャの宇宙船をぶつけな!」
ソシエ:「無茶言わないでください!」
キャンサー:「無理無茶は承知の上さ。これ以上姫様を悲しませるわけにはいかないだろう。ご先祖様のミスルトゥが壊れ、あげくに、それが月の街を滅ぼそうとしてるんだ!」
「行く!!」
「なにすんの!」
ロラン:「なんとかします」
ソシエ:「どうするの?」
ロラン:「このホワイトドールには核弾頭が積んであります」
ムロン:「核弾頭?」
キャンサー:「どうしてそんな物持ってんの?」
ロラン:「あの時のやつです、ロストマウンテンの。それを使います」

スエッソン:「二番隊、ふざけてんのか?かまいたちの陣で肉薄する!」

ソシエ:「やっつけるのよ」
ロラン:「お嬢さんはレット隊と一緒に、シャトルを脱出させてください!」

スエッソン:「竿の陣形でいく。後続の役目、わかってるな?」

ムロン:「モビルスーツは俺達が防ぐ。そうだ、嬢ちゃんは、ディアナ姫様と戦場を脱出してくだされや!」
ソシエ:「わかってます!」
「ロラン、やれるのね?」

ロラン:「頼みます、お嬢さん」
キャンサー:「ヒゲのローラさんよ、あんたがローラだろうがロランだろうが、生粋のムーンレィスで姫様を愛してるってことはわかったよ!あとは任せた!!」
「ムロン!!」
ムロン:「姉さん!」
ロラン:「キャンサーさんムロンさん、月側で核を爆発させますから、反対側で爆発を避けてください」
キャンサー:「それは敵次第!!」
ソシエ:「本当にいいのね?」
ロラン:「捨て時です。月の反対側へ回りこんでください」
ディアナ:「ロラン、頼みます」
ロラン:「はい」
ディアナ:「ヒゲの持つ核で、ムーンレィスを助けてくださいね」
ロラン:「はい」
ディアナ:「あなたも」
ロラン:「ディアナ様も、みんな助かるんです」

ハリー:「あれがターンXトップ?カイラスギリーのコントロールシステムと言ったな」
ギンガナム:「ついて来られるか、スモーで?」
ハリー:「できるかぎり」
ギンガナム:「ふん、謙虚さも身につけたか。結構だ」

キャンサー:「一番機いただく!」
スエッソン:「何を、ああっ!」

ロラン:「核を捨てるか」
「核は2発」


キャンサー:「もう少し機体に慣れる時間がほしかった!」
スエッソン:「いろいろやるな!」

ギンガナム:「コロニーの残骸から出た物があるだと?モビルスーツらしいが」
「ハリー、わかるか?」

ハリー:「ヒゲでしょう、ホワイトドールとも言います。ホワイトドールから出た物だからです」
ギンガナム:「どういうことだ?」
ハリー:「今説明した通りです。現在、あれは敵対行為を取ろうという気配は見えません」
ギンガナム:「なら、何をしようというのだ?」
ハリー:「ヒゲのパイロットは地球人でしょうから、宇宙が恐いんで、ただ飛んでいるんでしょう」

ロラン:「オールレンジにして」
「ムーンレィスすべての人々へ。我がホワイトドールの手には、黒歴史で封印された天を焼く剣がある。ミスルトゥの残骸が月に落下するのを防ぐ為に、この剣を抜く。この空域にいる者はすべて離れよ。灼熱の火に焼かれ、瓦礫に押し潰されない為に」


ギンガナム:「何を言っているのだ?この通信」
ハリー:「ロストマウンテンの核か。ヒゲめ、そんな物を手に入れていたのか」
(ロラン・ローラめ、こしゃくな事を)

ギンガナム:「や、奴ら、核を手にして月に上がろうというのか」

リリ:「あのとんでもない爆弾を使うなんて、いいんですか、グエン様?」
ブルーノ:「月に激突されたらたまりません!ロランの判断は正しいです!」
グエン:「わかった。後退しよう!」
「針路は任せます、ヤコップ、ブルーノ!」

ヤコップ:「了解。ヒゲと石ころとウィルを直線にする」
ブルーノ:「了解」
技術者B:「カプル接近中」
ブルーノ:「カプルだけ?」
技術者B:「いや、シャトルも一緒らしい」
ブルーノ:「あ?」
ヤコップ:「対空監視」

ミドガルド:「ホワイトドールのパイロットの言う事は本当だ。ロストマウンテンで見た光は核である。ギム・ギンガナムよ、戦争は中止、直ちに退避せよ!」

ディアナ:「ロランが、核爆弾を持っていたなんて」
ソシエ:「ディアナ・カウンターの士官から、捨ててくれって頼まれていた物なんです。ずっと捨てられずにいて」
ディアナ:「それなのに、今日まで持ち続けていたのですね。はあっ、なんていう子なんでしょう、ロラン・セアック」

ロラン:「あの光、最大望遠」
「ゴールドタイプにこっちのは、なんだ?あれでは核の直撃にあうぞ。う、何?このバッテン、・・・」

ギンガナム:「反応したか、我が兄弟」
ロラン:「兄弟?」
ギンガナム:「ターンXに呼応するものならターンAだな、兄弟」
「ゲンガナムの名前を発祥させたギンガナム家は、ターンAを招聘したのである」

ロラン:「ギンガナム?そこには、ハリー大尉もいると見えます。ディアナ様はどうされましたか?」
ギンガナム:「我が艦隊にお迎えした御婦人は、我らが主人として扱っている」
ロラン:「本当ですね?」
ギンガナム:「そうでなければなんとする?ターンA」
ロラン:「でなければ」
「天を焼く剣は二本あります。この一本をギンガナム家で受けていただきます!」

ギンガナム:「ふははは、その時は、どうなりともするがいい。我が名と、このターンXに誓って」
ロラン:「その言葉、今は信じさせていただきます」
「人の英知が生み出した物なら、人を救って見せろーっ!!!」

ハリー:「やるな!」

ムロン:「姉さん!」

ロラン:「全員へ。核を使います」
「起爆させます!」
「当たらない?起爆は?・・・」


ギンガナム:「な、なんだ、このバリアーは?」
ハリー:「ロランめ、核を作動させた」

スエッソン:「なんだこりゃああああっ!」
ムロン:「姉さん!」
キャンサー:「一機でも多く落とすんだ!」

ソシエ:「・・・あれ、ロストマウンテンの光」
ディアナ:「宇宙の夜明けです」
ソシエ:「・・・ギャバン、ギャバン・グーニー・・・」

ヤコップ:「総員、爆発による破片を掃除しろ。メガ粒子砲は、拡散照射用意」

二番艦艦長:「石っころの掃除終了後、マヒロー隊を収容する」

ソシエ:「ディアナさんのほうでも?」
ディアナ:「はい、トレースしていたおヒゲさんのコードが消えています。この方面へ移動しているはずなのに」
ソシエ:「いやよ、ロラン!またあの爆発で誰かいなくなっちゃうなんて!」
「・・・あっ、ホワイトドールです」

ディアナ:「はい、こちらでも確認しました。追いかけてくださいね」
ソシエ:「はい!」
ディアナ:「キャンサーとムロンは?瓦礫が多すぎて特定できない。ウィルゲムとアスピーテは?はあ・・・」

ロラン:「・・・す、鈴の音がなくなっている。う?」

キャンサー:「ありがとう!」
ムロン:「なんの!」
キャンサー:「はあーっ、やっぱり広いほうがいいねえ!」
ムロン:「そりゃあもう。これだけ広けりゃ4、5日は姉さんとご一緒でもね」
キャンサー:「食い物だってあるし、酒と団子は?」
ムロン:「これがなくて、なにがレット隊ですか!」
キャンサー:「イヤッホー!!およこし!」
ムロン:「はいよ!」
キャンサー:「ディアナ・ソレル様の月への御帰還を祝して、飲ませていただきますよ、姫様!」

次回予告:「僕は、ふるさとの月の運河に戻ってきた。ディアナ様を首都ゲンガナムにお連れする為に。懐かしい幼なじみ達の力も借りたのだけど、ギンガナム家のモビルスーツに見つかって水中での戦いとなった。次回、ターンAガンダム『月面の海戦』。風が運河を渡る」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/100-fcacda81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック