ガンダムストーリー 全セリフ まとめ

ガンダムシリーズの全セリフ集です
チャド:「ぐっ!ダンテ!」
ダンテ:「ったく手間かけさせやがって!」
チャド:「かなり戦場から離れちまった。イサリビに戻るぞ。」
ダンテ:「戦況はどうなってんだ?」
チャド:「いいわけないだろ!」

マクギリス艦オペレーター:「砲撃が艦隊左舷革命軍の船に集中しています。」
マクギリス艦オペレーター:「続いて敵モビルスーツ隊、接近。」
石動:「准将、援護に向かいます。出撃許可を。」
マクギリス:「頼む。やはり練度の低い革命軍を狙って艦隊の分断を図る・・・か。」

ラスタル:「数で勝るのなら当然の戦術だな。ジュリエッタの隊はどうなっている?」
ラスタル艦オペレーター:「健在です。現在敵モビルスーツ隊と交戦中。」
ジュリエッタ:「ザコに構わないでください。私たちの目標はあくまで鉄華団です。」

オルガ:「弾薬を惜しむな!鉄華団が走り続けた道の果てが・・・上がりが見えてんだ!アリアンロッドのラスタル・エリオンって野郎をやれば俺たちの未来は変わる!」
シノ:「分かってるよ!」
オルガ:「切った張ったの世界はこれで最後だ。そっから先は女だろうが金だろうが思うがままだ!」
昭弘:「いねぇしいらねぇ!」
ハッシュ:「新手か?」
ハッシュ:「ぐっ!くっそ!」
ジュリエッタ:「のろい!あの機体は・・・。」
ハッシュ:「三日月さん!」
三日月:「いつまで続くんだ?これ。」

OP「Fighter」KANAーBOON
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fighter (初回限定盤 CD+DVD) [ KANA-BOON ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)




ラスタル艦オペレーター:「敵艦隊の分断に成功。」
ラスタル:「引き続き砲撃を革命軍に集中せよ。鉄華団はジュリエッタの隊に任せておけばいい。」
ジュリエッタ:「モビルスーツ隊は船の攻撃を。ここは私が引き受けます。」
ライド:「よけられた!?」
シノ:「手だれだな。行ったぞ三日月!」
ジュリエッタ:「あなたの相手はこの私です!」
三日月:「誰が決めたの?」
ジュリエッタ:「無論私が!」

回想
ジュリエッタ:「私がバルバトスを・・・ですか?」
ラスタル:「モビルアーマーを倒したあの機体の強さはじかに見たお前がいちばん分かっているはず。だがそのうえで頼みたい」
ジュリエッタ:「あっ」
ラスタル:「バルバトスを止めろ」
ジュリエッタ:「ラスタル様・・・」
ラスタル:「それで本作戦は盤石となる。当てにしているぞ」

ジュリエッタ:「たとえモビルアーマーを倒した機体だろうと!」
三日月:「こいつしつこいな。」
ジュリエッタ:「くっ!私は・・・ぐっ!」
ライド:「ぐわっ!」
ジュリエッタ:「私は弱い!」
三日月:「ん?」
ジュリエッタ:「それでも・・・。この任務だけは果たしてみせる!がはっ!ぐぅ~!」

昭弘:「ちっ、たたいてもたたいても湧いてきやがる。」
デルマ:「っんなろう!くそっアリアンロッドめ!これ以上敵を近づけさせるな!」

一同:「うわっ!」
アトラ:「ああっ!あ・・・当たった?」
雪之丞:「直撃かよ。」

ラスタル兵:「もう一発。うわっ!」
チャド:「すまねぇみんな!」
ダンテ:「これ以上好きには・・・。」

ライザ:「ええい!救援はまだなのか!?」
オペレーター:「来ました!友軍です!」
ライザ:「おお~!ありがたい。」
石動:「フォーメーションは4、3でいく。各員・・・。」
兵士:「隊長!」
石動:「ん?後退信号?」

ライザ:「やったぞ同志諸君。敵はひるんだ!今こそ我々の気高い革命の心を世界に見せつけてやろうではないか!」
パイロット:「了解。」
ライザ:「よしこのまま・・・。」
革命軍オペレーター:「なんだあのグレイズ?」
革命軍オペレーター:「どこの隊だ?」
革命軍オペレーター:「それにあの装備は・・・。」

三日月:「なんだ?」
ジュリエッタ:「始まったか。」

ラスタル:「(こちらにも被害がなければいろいろと角が立つのでな)」

マクギリス:「ダインスレイヴだと?」
石動:「我が軍の機体から発射されたもようです。」
マクギリス:「ラスタルめ青年将校の中に間者を紛れ込ませたか」
石動:「准将・・・。」
マクギリス:「全艦回避行動。報復が来るぞ!」
ユージン:「はあ!?回避?つってもどこに逃げるんだよ?」
オルガ:「いいから準備しとけ!」

三日月:「なんだ?相手するんじゃないの?」
ラスタル:「革命の暴徒は違法兵器を使用した。その愚行を断じて許してはならん!アリアンロッド艦隊総司令官ラスタル・エリオンの名において命じる。ダインスレイヴ隊禁忌をもって報復せよ!」
ライザ:「おのれ・・・謀ったなラスタル・エリオン!」
一同:「ぐわぁ~!!」

石動:「この物量、やはり報復を狙っての・・・。」
マクギリス:「ラスタル・エリオン・・・。」

ラスタル艦オペレーター:「革命軍艦隊沈黙。」
ラスタル:「ダインスレイヴ隊、次弾装填を急がせよ。」
イオク:「これがラスタル様の戦い。」

オルガ:「全艦隊の半数以上が壊滅だと!?名瀬の兄貴をやったやつか。」
三日月:「オルガまた来るよ。」
オルガ:「ミカ。」
三日月:「すごい数だ。」
オルガ:「回避だ!」
ユージン:「ったりめぇだ。こんなところで死ねるかよ!」
ライド:「逃げろってどこに!?」
シノ:「当たんねぇとこにだよ!」
ライド:「うわっ・・・ぐわっ!」
シノ:「はっ!」
ライド:「シ・・・シノさ~ん!!」

アトラ:「うわぁ~!」

昭弘:「なっ!ホタルビが・・・。」
チャド:「くそっ!」
ダンテ:「なんてこった!」

オルガ:「ぐっ!」
三日月:「オルガ?オルガ!?」
オルガ:「生きてるよミカ。それよりホタルビは?」
ユージン:「大丈夫・・・とは言えねぇな。火器管制はもうダメだ。」
オルガ:「分かった。そっちの乗員はイサリビに移せ。」
ユージン:「分かった。こっちも急ぐぞ。艦のダメージコントロール、モビルスーツの補給受け入れ、手すきのヤツはホタルビの乗員の受け入れ準備だ。手を止めんなよ、今はまだ。」

ラスタル:「ダインスレイヴ隊は発射態勢を維持したまま待機。イオク、なぜ私が地球外縁軌道統制統合艦隊に攻撃しないか分かるか?」
イオク:「いえ・・・。」
ラスタル:「彼らはマクギリスの命令で動いてはいるが革命の徒ではない。革命軍や鉄華団そしてマクギリス本人をたたけば彼らは一瞬で従順な羊に変わる。せっかくの戦力、消耗させるバカはおるまい。」
イオク:「戦いのあとのことまで・・・。」
ラスタル:「さてどう出るマクギリス・ファリド。聡明なる者であれば直ちに降伏を考えるはず。しかし愚者であるならば・・・。」

#45 これが最後なら

アトラ:「慌てないで。ケガしてる人は申告してください。大丈夫な人はホタルビと同じ持ち場に行ってください。」
ユージン:「バカ野郎どもが・・・こんなところでつまずきやがって。」
チャド:「すまねぇ・・・今はこれ以上のことをしてやれねぇ。」
ダンテ:「敵は取る。」
ユージン:「ああ必ずだ。」

雪之丞:「こっちはいっぱいだ!補給はギャラルホルンの船でもやってる。急ぎのヤツはそっちに回れ!」

ヤマギ:「シノ!あっ。うそだろ・・・。シノ?シノ!」
シノ:「ううっ痛ぇ~!ヤマギそこお・・・折れてる!」
ヤマギ:「よかった。俺てっきり・・・。」
シノ:「勝手に殺すな。まあちょうどよかった。ヤマギ、前に言ってたやつ持ってきてんだろ?」
ヤマギ:「えっ?何言ってんだよそんな体で!それにフラウロスだってもう・・・。」
シノ:「流星号だ。ここで引いたら今までの俺たちが・・・オルガの言ってきたことが全部無駄になっちまう。頼む、ヤマギ。おめぇにしかできねぇ仕事なんだ。」
ヤマギ:「・・・」

イーサン:「機関室からの連絡は?ホタルビからの人員の輸送は?」
ユージン:「終わってる。俺らがしんがりだ。」
オルガ:「ホタルビは?」
ダンテ:「火器管制はやっぱダメだ。推進系は7割。」
チャド:「遠隔操作すればイサリビの盾代わりには使える。」
ユージン:「でどうすんだ?これから。」
オルガ:「マクギリスからの連絡はないがこっちの戦力はズタズタだ。おそらくここは一旦退いて・・・。」
ユージン:「退いてどこ行こうってんだ。」
ダンテ:「この戦いに勝たなきゃ俺たちに戻る場所はねぇんだろ?」
チャド:「団長、これが最後ってんならきっちりやり遂げようぜ。」
オルガ:「お前ら・・・。」
シノ:「そのとおりだぜ。」
オルガ:「シノ、そのケガ・・・。」
シノ:「大したことねぇ。それより俺はヤツらにひと泡吹かせるまでは降りねぇぞ。」
ユージン:「ひと泡?」
シノ:「俺のスーパーギャラクシーキャノンをくらわせるまではよ!」
4人:「ス・・・スーパーギャラクシー?」

ヤマギ:「いい?シノ。これはフラウロス・・・」
シノ:「流星号」
ヤマギ:「流星号に残ってたデータを基にテイワズで使ってるモビルスーツのフレーム材を加工して作った本物のダインスレイヴだ。もちろんこれ一発きり・・・だけどこいつと流星号のリアクター出力なら戦艦の装甲だって絶対抜ける」
シノ:「最高だぜヤマギ。こいつが終わったらよきれいなおねえちゃんのいる店おごってやっからな」
ヤマギ:「そんなの一人で行けよ」
シノ:「なんだよ。ほんとつまんねぇヤツだな。じゃあ・・・たまには二人で飲み明かすか」
ヤマギ:「えっ!」
ヤマギ:「(ふざけるなよ人の気も知らないで・・・あんたは・・・)」

オルガ:「敵の艦隊に突っ込む!?正気か?」
シノ:「ああそうだ。お前が決めた最後の舞台きっちり幕を引いてやる。」
ユージン:「敵の大将をやってトンズラ。それでこの戦いは終わりだ。」
ダンテ:「シンプルで分かりやすいぜ。」
チャド:「俺たちらしいな。」
オルガ:「お前ら・・・。」
シノ:「なあ団長・・・いやオルガ。俺らを引っ張ってお前が作ってくれた道のゴールがそこにあるんだろ?一緒に見せてくれよ、そのゴールの先をよ!」
オルガ:「ああそうだな。そのとおりだ。ゴールはすぐそこにある。たどりつくぞ、全員でな!」

三日月:「敵の艦隊に突っ込むの?」
オルガ:「ああ。ミカ露払いを頼めるか?」
三日月:「もちろん。それがオルガの命令ならね。」
オルガ:「これが最後の頼みだ。」

ザック:「おい聞いたか?この船、敵の艦隊に突っ込むらしいぞ!」
デイン:「いよいよか。」
ハッシュ:「一気に片をつける気だな。」
ザック:「バカ野郎!んなことしたら全滅しちまうだろ!まったく何考えてんだよ団長さんたちはよぉ!」
雪之丞:「一度決めたらあいつらは止まんねぇぞ。せいぜいうまくいくようによぉ、サポートしてやろうや。」
ハッシュ:「よしこっちも急ぐぞ。」
デイン:「おう。」

アトラ:「うわっ!三日月・・・。」

革命軍兵:「ライザが戦死した?」
革命軍兵:「どうなるんだ?俺たちは。」
マクギリス:「革命は終わっていない!諸君らの気高い理想は決して絶やしてはならない。アグニカ・カイエルの意思は常に我々と共にある。ギャラルホルンの真理はここだ。皆、バエルのもとへ集え!」
革命軍兵:「バエルだ!アグニカ・カイエルの魂!」
革命軍兵:「そうだ。ギャラルホルンの正義は我々にある!」
革命軍兵たち:「おお~~!!」

マクギリス:「そうだ、それでよい。」
ガエリオ:「この戦況でいまだハーメルンの笛を吹き続けるかマクギリス。」
マクギリス:「ガエリオ。このエイハブ・ウェーブ・・・本来のキマリスか。」
ガエリオ:「青年将校たちが哀れでならない。まるで過去の自分を見ているようだ。」
マクギリス:「ふっ。」
石動:「ここは我らが。准将は残存兵力をまとめてください。」
マクギリス:「頼んだぞ。」
ガエリオ:「なぜマクギリスに付き従う?あの男は君を友とも仲間とも思っていない。」
石動:「私はそんな感傷的な関係を准将に求めてはいない!」
ガエリオ:「愛をささげた女すら道具にした男だ。私の願いはただ一つ。准将が作り出す未来を見ることだ。その礎になれるというならそれは本望というもの!」
ガエリオ:「人がここまで愚かになれるとは!」

マクギリス:「残存部隊を集結し私の船のもとへ合流せよ。我々の戦いはまだ・・・。」
革命軍兵:「ファリド准将!」

ラスタル:「降伏もせず牙をむく愚か者というならもはや容赦はせぬ。ダインスレイヴ隊次弾装填を急げ。残存艦隊への牽制怠るなよ。」
ラスタル艦オペレーター:「総司令、沈黙していた鉄華団の船が動きだしました。まっすぐに本艦へと向かってきます。」
ラスタル:「はははっ。これがうわさの鉄華団か。窮鼠猫をかむ・・・まさしく宇宙ネズミそのものだな。全艦鉄華団へ砲撃!ジュリエッタの隊も向かわせよ!」
ラスタル艦オペレーター:「はっ!」

オルガ:「ユージン!手筈どおりに頼むぞ。」
ユージン:「分かってるって。ぐっ!」
オルガ:「シノやれるか!?」
シノ:「誰に物言ってやがる。黙って見とけ!ぐっ!」
ヤマギ:「あっごめん。」
シノ:「もっと。もっときつく結んでくれ。」
ヤマギ:「うん。」
シノ:「うっ!ぐぅ~・・・。」
ヤマギ:「本当にこの腕で行くつもり?」
シノ:「心配すんな。背中のこいつがある。おめぇが作ったこのスーパーギャラクシーキャノンをぶち込んでこの戦いを終わりにしてやるぜ。」
2人:「ぐっ!」
シノ:「ヤマギ?」
ヤマギ:「許さないよ。」
シノ:「えっ?」
ヤマギ:「死んだら許さない。」
シノ:「ははっははははっ。」
ヤマギ:「何が・・・あっ。」
シノ:「ほんとおっかねぇなお前は。アリアンロッドなんざおめぇに比べりゃちっとも怖かねぇ。」
ヤマギ:「シノ・・・。」
シノ:「バ~カ誰が死ぬか。上がりは見えてんだ。くたばってたまるか!」
ヤマギ:「ああ。」
シノ:「んじゃ一発かますとすっか!」
ヤマギ:「シノ・・・。」
シノ:「ノルバ・シノ!四代目流星号!出るぜ!」

ユージン:「くそっこのままじゃもたねぇ!」
エルガー:「右舷から敵モビルスーツ接近!」
オルガ:「迎撃しろ!」

ラスタル兵:「前の船は囮だ。後方の船に攻撃を集中。ぐわっ!」
ジュリエッタ:「それ以上はやらせない!」
三日月:「また邪魔が・・・。」
石動:「これがガンダム・フレームの力・・・。」
ガエリオ:「望みどおりゆがんだ理想の礎となるがいい。ん?」
マクギリス:「今死なれては困るな石動。」
ガエリオ:「手駒としてだろうが!」

アトラ:「怖くない怖くない!」

オルガ:「耐えろ。ギリギリまで耐えるんだ!」
ラスタル艦オペレーター:「ダインスレイヴ隊次弾装填完了!」

ジュリエッタ:「ぐぅ~!」

ラスタル:「放て!」

オルガ:「今だユージン!」
ユージン:「行けぇ~~!!」

ラスタル艦オペレーター:「後方の船が離脱していきます!」
ラスタル:「結局ネズミの悪あがきもここまでか。ん?な・・・何!?」
イオク:「ラスタル様!」
シノ:「へっ。」
昭弘:「撃て!」
ライド:「撃って!」
シノ:「くぅ~!」
ジュリエッタ:「させるか!ぐっ!」
三日月:「ちっ!」
オルガ:「シノ~~~!!」
シノ:「ぐっ!くっそ~!ぐぅ~。くそが~~!!ぐぐっ!あっちぃ!ちくしょう~~!!」
ヤマギ:「はっ!」

ED「フリージア」Uru
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フリージア (初回限定盤 CD+DVD) [ Uru ]
価格:1547円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)




次回予告なし