ガンダムストーリー 全セリフ まとめ

ガンダムシリーズの全セリフ集です
オルガ:「やっちまえ!ミカ!!」
ジュリエッタ:「これは私の獲物です。」
三日月:「邪魔だなあんた。」
石動:「完成していたのか、レギンレイズ。」
ジュリエッタ:「引いてください。」
三日月:「あんたが引けよ。」
ジュリエッタ:「くっ!絶対に渡しません!」
地平線団員:「やらせるかよ。」
サンドバル:「狩られるのはお前たちの方だ!」

OP「RAGE OF DUST」SPYAIR
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RAGE OF DUST (初回生産限定盤) [ SPYAIR ]
価格:2199円(税込、送料無料) (2016/10/16時点)




ヒルメ:「なんだよあの数。」
トロウ:「これじゃあ・・・。」
シノ:「どうすんだオルガ!おいしいとこ全部持ってかれんぞ!」
昭弘:「ヤツらごとやっちまうか?」
ラフタ:「バカ言わないの!」
アジー:「ギャラルホルンともめてたんじゃ、ここで勝っても損するよ!」
シノ:「でもあいつらは俺らが追い詰めたってのによぉ!」
オルガ:「目的を忘れんな!ミカがサンドバルを押さえられりゃあ勝ちは拾える。頼んだぞミカ。」

石動:「あの中の1つがサンドバルなら・・・。そう簡単にはいかないか。」
ジュリエッタ:「3機いるなら3機とも!うっ・・・くっ。ちっ。」
サンドバル:「まずは1つ!何!?」
ジュリエッタ:「それはもう見ました!」
サンドバル:「こいつ!なんてパワーをして!」
ジュリエッタ:「グレイズとは違うんです。」
サンドバル:「こざかしい!」
ジュリエッタ:「もらった!何!?」
サンドバル:「どこから撃たれた?」
三日月:「狙撃?あれか。」
地平線団員:「あの距離ただのまぐれ当たりだ。うっ!味方もいるんだぞ?どういう神経してるんだあいつ。」
ジュリエッタ:「イオク様は適当に白いヤツでも撃っててください。邪魔です。」
イオク:「援護してやってるんだぞ!」
ジュリエッタ:「いりません。」
イオク:「なっ!?」
ジュリエッタ:「ぐっ・・・。シュヴァルベ?珍しい機体を・・・。」
石動:「こちらは押さえる。サンドバルを。」
三日月:「分かってる。」
イオク:「行かせるものか!ええい!どうして当たらん!?」
三日月:「よけた方が当たりそうだな。守るってことはあれがそうか。」
地平線団員:「させるか~!」
地平線団員:「もう一つ!」
ジュリエッタ:「お先に。」
石動:「すまない抜かれた。」
三日月:「別に期待してないよ。」
地平線団員:「うっ!こいつもかよ。なんてパワーだ!」
ジュリエッタ:「また邪魔をして!」
地平線団員:「兄貴!ぐっ!」
石動:「よそ見とは・・・。関心しないな。あとは頼むぞ。」
サンドバル:「なめるな~!くっ!まだまだ!がはっ!」
三日月:「ん?よかった。殺さないようにって難しいな。」
サンドバル:「くっ・・・悪魔め。」

石動:「『夜明けの地平線団』に告ぐ。サンドバル・ロイターの身柄は預かった。速やかに武装解除に応じ、降伏を受け入れよ。」
昭弘:「終わったのか?」
シノ:「結局どうなったんだ?これ。」
ジュリエッタ:「んん~・・・。」
メリビット:「危ないところでしたね。ああ。だが俺たちの勝ちだ。」

サンドバル:「これで終わりではないぞ!」
シノ:「何言ってんだ。てめぇはもうおしまいだろ!」
サンドバル:「成り上がりのガキどもが。お前たちを目障りに思っているのは俺たちだけではない。それを忘れるな。」
シノ:「はあ?」
オルガ:「かまわねぇよ。そいつらにはあんたと同じ末路をたどってもらうだけだ。石動んとこへ連れてけ。仕事は終わりだ。火星に帰るぞ。」

マクマード:「まさか夜明けの地平線団を壊滅にまで追い込むとはな。」
名瀬:「サンドバル・ロイターは鉄華団が捕らえ艦隊はギャラルホルンの手に落ちたそうです。」
ジャスレイ:「ギャラルホルンの介入があっての勝利だろうよ。」
名瀬:「頭の首を取ったのはあいつらだ。」
ジャスレイ:「てめぇ・・・。」
名瀬:「事実を言ってんだ。」
ジャスレイ:「はっなんの金も生まない仕事してくれちゃって。賠償金すら取れやしねぇ。」
マクマード:「いいじゃねぇか。航路の安全が確保されたんだ。鉄華団の働きには報いてやらねぇとな。」
ジャスレイ:「おやじそれは・・・。」
マクマード:「うちが火星で進めている新規のハーフメタル採掘場だ。」
名瀬:「例のクリュセの領内でも最大の規模になるっていう・・・。」
マクマード:「こいつの管理運営を鉄華団に預けようと思う。」
ジャスレイ:「えっちょっと待ってよおやじ!そいつはテイワズ本体のシノギにすべきでかいヤマでしょ!」
マクマード:「鉄華団は身を削って仕事を果たした。その分の報酬はあってもいいだろうよ。」
ジャスレイ:「でもヤツらは新参でしょうが。」
マクマード:「名を上げた今だ。鉄華団の旗を掲げたプラントを狙うバカもいねぇだろう。余計な手間が省けていいじゃねぇか。」
ジャスレイ:「そりゃ・・・。」
マクマード:「決まりだ。名瀬、お前から話をしてやれ。」
名瀬:「あいつらも喜ぶと思います。早く知らせてやりたいんで今日のところは失礼します。」

アミダ:「浮かない顔して。鉄華団の仕事に何かケチでもつけられたかい?」
名瀬:「そっちは問題ねぇよ。むしろ順調すぎんのが問題かもなぁ。」
アミダ:「なるほど。こっから先はあんたと同じ。身内に足を引っ張られるわけだ。」
名瀬:「オルガのヤツはそのへんの駆け引きがうまくねぇからな。」
アミダ:「兄貴のあんたが面倒見るしかないね。」
名瀬:「力押しじゃどうにもならねぇこともある。それを乗り越えなきゃあいつらは何かを手に入れる度にそれ以上の敵を増やしていくことになる。」

石動:「略式ですが、本日付けで新江・プロト三佐の火星支部本部長代理の任を解き本部長として新たな任を与えるものとする。」
新江:「謹んでお受けいたします。」
石動:「ファリド准将も現在火星に向かわれております。」
新江:「准将自ら!それは光栄だ。コーラル本部長を失って以来火星支部を支えていただいたお礼ができる。」
石動:「ご到着までに些末な問題は片づけておきたいのですが。」
新江:「分かっている。准将の指示どおり鉄華団に協力するよう部下には伝えてある。」

三日月:「ごちそうさま。」
ハッシュ:「少しいいですか?」
三日月:「ん?」
昭弘:「三日月、先に行くぞ。」
三日月:「うん。何?」
ハッシュ:「俺もモビルスーツに乗りたいんです。」
ユージン:「なんだ?またお前か。モビルスーツってのは戦闘の要だ。お前みてぇな新入りに任せられるわけねぇだろ。」
ハッシュ:「三日月さんから団長に頼んでもらえませんか?」
ユージン:「はあ!?」
シノ:「まあまあ。面白そうじゃねぇの。」
ユージン:「お前な・・・。」
三日月:「なんで?」
ハッシュ:「モビルスーツの操縦に関しちゃ三日月さんがいちばんでしょ。だから・・・。」
三日月:「そうじゃなくて乗ってどうすんの?」
ハッシュ:「三日月さんより強くなります。」
三日月:「ふ~ん。分かったオルガに言っとく。」
ユージン:「おい三日月!」
シノ:「三日月が面倒見んならいいんじゃねぇの。そろそろ下に1人くらい付けてもいいだろ?
ユージン:「ったくどうなっても知らねぇぞ。」

アトラ:「クーデリアさん!」
クーデリア:「アトラさん。おかえりなさい。あの・・・お一人ですか?」
アトラ:「三日月たちはまだ仕事があるんだって。」
クーデリア:「そうですか。」

秘書:「ノブリス様はご多忙のため本日もお時間を取るのは・・・。」

アリウム:「ええ、存じております。しかしクーデリアさんが命を狙われたと聞いて是非とも急ぎでノブリスさんと今後のご相談をですね・・・。」
秘書:「何度もご連絡いただいて申し訳ありませんが・・・。」
アリウム:「そこをなんとか。少しの時間でもいいので。」
秘書:「お話だけは通しておきますので。」
アリウム:「何とぞよろしくお願いします。」

ノブリス:「またあの男からか?」
秘書:「はい。」
ノブリス:「ふぅ~。うるさいハエは嫌いだねぇ。」

アリウム:「なんとしてもノブリスを通してクーデリアに我々が・・・私が無実であることを伝えなければ。」
構成員:「鉄華団はもう火星に戻ってきてるらしいぞ。」
アリウム:「分かっている!何をしてくるか分からん連中だ。早くしなければ。」
構成員:「アリウムさん!」
アリウム:「どうした?それが・・・。」
オルガ:「邪魔するぜ。」
アリウム:「あっ・・・なっ何なんだ君たちは!?」
オルガ:「アリウム・ギョウジャンあんたに話があって来た。」

29.png

アリウム:「それで英名とどろく鉄華団の団長が今日は突然どのようなご用件で?」
オルガ:「アドモス商会のハーフメタル採掘場を襲った件、クーデリア・藍那・バーンスタインの命を狙った件、それと夜明けの地平線団を使って俺たちに弓を引いた件についてだ。」
アリウム:「いや一体何を言って・・・。」
オルガ:「この落とし前あんたどうつけるつもりだ?」
アリウム:「ま・・・待ちたまえ。採掘プラントでクーデリアさんが命を狙われた事件のことは我々の耳にも入っている。無事と聞いて安心したものだよ。権利を主張するがゆえの危険。我々やクーデリアさんの活動には付き物だからなぁ。だがここで臆してこ・・・声を上げることをやめてはいけない。事件の直後だからこそ動かなければいけないんだ。今まさに大きな準備を進めている。君たちからクーデリアさんに参加を促してはもらえないだろうか。」
オルガ:「その手の話は全部断ったと前にクーデリアから聞いている。」
アリウム:「あれは我々の身を案じてくれたのだよ。自分が夜明けの地平線団などという無秩序な連中に狙われていると気付いていたのだろう。彼女はそういう人間だ。」
三日月:「あんた何言ってんの?」
アリウム:「まあ君のような子供にはまだ分からないかもしれ・・・。」
オルガ:「俺は落とし前をつけに来た。最初にそう言ったよな。てめぇのくだらねぇおしゃべりを聞きに来たんじゃねぇんだよ。」
アリウム:「だから知らないと!と・・・とにかく一度クーデリアさんに会わせてくれ。」
オルガ:「夜明けの地平線団との戦闘でうちが負った被害額だ。まずはその倍を賠償金として払ってもらう。」
アリウム:「は・・・払えるかこんなもの!」
オルガ:「払えねぇ場合どうなるかぐらい分かってんだろうな?」
アリウム:「それは・・・。わ・・・分かった待ってくれ。今金は用意する。」
アリウム:「(電話)ギャラルホルンに通報はしたな?到着はまだか?」
構成員:「そ・・・それがあいつらその件には関わらないって言ってる。」
アリウム:「なんだと!?」
構成員:「鉄華団はギャラルホルンとつながってるんじゃ・・・。」
アリウム:「そんな!」
オルガ:「おい、金はまとまりそうなのか?」
アリウム:「い・・・今その話をしてるんだ。」
アリウム:「(電話)しかたない。だったらなんとか私たちだけで始末を・・・。(銃声)・・・!おいどうした?」
昭弘:「お前らだけでなんの始末をつけるって?」

ライド:「おいしっかり見張れよ。」
ハッシュ:「は・・・はい。」

オルガ:「今回の件ではうちには死人も出てる。払う金もねぇなら今すぐ向こうに行ってあいつらに詫びてこい。」
アリウム:「そ・・・それは・・・。待っ・・・。」
オルガ:「さてと・・・帰るか。」
三日月:「うん。」

アトラ:「眠れないんですか?」
クーデリア:「いえ今日はまだ眠りたくないんです。」
アトラ:「明日になったら家に帰っちゃうんですよね。」
クーデリア:「家というか会社にですけど。」
アトラ:「お父さんとお母さんのところには帰ってないんですか?」
クーデリア:「今はやらなければならないことがたくさんあるんです。三日月たちのおかげで当面の危険も解消されましたからまた頑張らないと。」
アトラ:「三日月もね、この1年で農場のことたくさん勉強したんですよ。」
クーデリア:「そうなのでしょうね。」
アトラ:「いろいろ調べて新しい栽培方法を試してみたり新しい種をまいてみたり。」
クーデリア:「聞きましたすぐ枯らしてしまうって。読み書きの方はどうです?」
アトラ:「う~んどうだろう。興味のあることはちゃんとするんだけどそれ以外はいいってサボるから。」
クーデリア:「三日月らしいですね。」
アトラ:「いっつもきっぱりし過ぎててね。そこが三日月のいいとこなんだけど。今じゃエンビたちの方が読み書きはちゃんとしてるかも。」
クーデリア:「なんだか懐かしいですね。みんなで勉強したのが。」
アトラ:「みんなクーデリアさんに感謝してるんだよ。最初に文字を教えてくれて。文字が読めればできる仕事も増えるから。」
クーデリア:「そういう努力がもっと実を結ぶ世の中にしないといけませんね。」
アトラ:「クーデリアさん?」
クーデリア:「そして私自身ももっと学ばなければいけません。アリウムと良好な関係を築いていれば今回のような事態にもならなかったはずなのです。」
アトラ:「クーデリアさんは何も悪くないよ!海賊をけしかけてくる方が絶対に悪い!」
クーデリア:「でもそうさせたのはやはり私自身なのだと思います。きっともっと上手に解決する方法があったはずなのに。」
アトラ:「あっ・・・。」
クーデリア:「何かある度に争い事になる。それでは鉄華団の皆さんや三日月のような人が生まれ続けてしまう。その連鎖を私はなくしたい。」
アトラ:「じゃあそういう日が来たらクーデリアさんもここで一緒に三日月と農場をやりましょう。」
クーデリア:「えっ?」
アトラ:「だってそうなったらクーデリアさんのお仕事も終わってますよね。」
クーデリア:「それはとてもすてきな提案ですね。」

クーデリア:「アリウムが殺されたという話は本当なのですか?」
ククビータ:「事務所の方にうちの人間を行かせたんだ。アリウム・ギョウジャンは死亡。テラ・リベリオニスのメンバーは全員ギャラルホルンに拘束されたそうだよ。」
クーデリア:「また彼らの手を血で染めてしまいました。」
ククビータ:「社長が悪いわけじゃないよ。」
クーデリア:「でもいつの日かそれを変えなければならないんです。幸せにすると約束しましたから。」

ライド:「聞いてた話よりしょっぼいなぁ。まだ全然なんもねぇじゃん。」
アミダ:「それがいいんじゃないか。」
名瀬:「これから採掘を進めりゃ5年先も10年先もそれこそ何十年たってもお前らに莫大な利益をもたらしてくれる。」
アミダ:「宝の山なんだよこれが。」
雪之丞:「そんな大層なもんをくれるとは太っ腹な話じゃねぇか。」
ライド:「何十年も先なんて全然分かんねぇじゃん。俺おっさんになってんのか?」
ヤマギ:「うん、全然想像つかない。」
ユージン:「こっからは先のことまで考えていかなきゃならねぇってことだろ。ここを回していくにはもっと人手もいる。新しく仕事も覚えねぇと。」
シノ:「おっさすが副団長。言うねぇ。」
ユージン:「うるせぇ。お前もやんだよ!全部オルガに任せるわけにはいかねぇだろ。」
ライド:「あっ、そういや団長は?」
名瀬:「今頃は空の上だな。」
アミダ:「ギャラルホルンの火星の拠点アーレスに呼ばれるとは大したもんだね。これからの鉄華団はもっと大きくなるぜ。」
デクスター:「ああよかった。皆さんここでしたか。」
雪之丞:「おっどうした?」
デクスター:「それが現場の方から見てもらいたいものがあると。」
一同:「ん?」
デクスター:「これなんですが。」
ヤマギ:「これってモビルスーツですよね?でもこのフレームって・・・。」
雪之丞:「ああ、見慣れねぇ装備が付いてるがこいつはガンダム・フレームに見えるなぁ。」
シノ:「ガンダム・フレーム・・・。」
デクスター:「奥にもう一つあるんです。そっちはモビルスーツにしては大きいんですが・・・。」

石動:「准将、お連れしました。」
オルガ:「素顔のあんたと会うのは初めてだな。」
マクギリス:「火星で会ったのは君と帽子の彼だけだったか。活躍は石動から聞いた。元気そうで何よりだ。」
三日月:「そっちはなんか疲れてるね。」
メリビット:「三日月君!」
マクギリス:「旅の疲れだろう。明日にはまた地球にたたなければならないのだから気が重い。さて・・・。」
オルガ:「まずは礼を言わせてもらう。テラ・リベリオニスの後始末助かったよ。サンドバルを捕らえた君たちへの返礼としては安いくらいだ。他にも何かあれば遠慮なく言ってくれ」
オルガ:「仕事の分の報酬はもらってんだ。それよりもあんたが仮面なしで俺らを呼びつけた用件を聞こうか。」
マクギリス:「言葉にすれば大した話でもないのだがな・・・。鉄華団とは今後もいい関係でいたいのだよ。そう身構えないでもらいたいな。」
オルガ:「ギャラルホルンが一枚岩じゃねぇってことは今回の件で分かってる。」
マクギリス:「アリアンロッド艦隊のことか?」
オルガ:「あんたは何がしたいんだ?前に話したとおりだよ。腐敗したギャラルホルンを変革したい。そのためにはより強い立場を手に入れる必要がある。当面の目的としてはラスタル・エリオンよりも上に行くことだ。」
メリビット:「アリアンロッド艦隊の総司令ですね。あなたと同じセブンスターズの一員でもある。」
マクギリス:「今のところ私一人の力で太刀打ちするのは難しい相手でね。協力してくれる味方が必要だと感じている。」
オルガ:「あんた正気か?俺らみたいなチンケな組織にする話じゃねぇな。」
マクギリス:「私は君たちを過小評価する気はない。君たちとしても私と組むことに十分な利益はあると思うが。」
オルガ:「あんたの敵が俺らにとっての敵にもなる。そういう不利益はどうする?」
マクギリス:「それ以上の利益を私は君たちに提示し続ければいいのだろう?」
オルガ:「分かった。鉄華団はあんたの側に乗ってやる。」
マクギリス:「では共に駆け上がろうか。」

ED「少年の果て」GRANRODEO



タカキ:「次回、機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズ、『アーブラウ防衛軍発足式典』あっ今日アストン来るからご飯3人分用意しといて。うんなるべく早く帰るね。」