ガンダムストーリー 全セリフ まとめ

ガンダムシリーズの全セリフ集です
ナレーター:「宇宙世紀0096・・・工業コロニー・インダストリアル7、アナハイム工専に通うバナージ・リンクスは空から落ちてきた青い瞳の少女に出会う。少女はジオンの姫君ミネバ・ザビ。連邦政府を覆すといわれる『ラプラスの箱』を巡る戦いを防ぐために行動を起こした。バナージは実の父カーディアス・ビストからラプラスの箱の鍵、ユニコーンガンダムを託される」
バナージ:「父さん・・・母さん、ごめん。俺は・・・行くよ」
ナレーター:「ユニコーンガンダムはラプラスの箱の在りかを段階的に開示していく鍵であり、バナージは地球連邦軍と『シャアの再来』フル・フロンタル率いる『袖付き』との間で宇宙世紀を呪縛する大いなる陰謀に巻き込まれていく」
ジンネマン:「悲しいな。悲しくなくするために生きているはずなのに」
バナージ:「俺『箱をよりよく使う方法を考えろ』ってある人に言われたんです。もしかしたらそれが俺の・・・」
ナレーター:「ガランシェールのキャプテン、ジンネマンと出会い進むべき道を見いだしたバナージはラプラス・プログラムが示したことにより戦場となったオーストラリアのトリントン基地へ向かった」
リディ:「バナージ!このまま撃て!」
バナージ:「撃てません!」
ナレーター:「しかしバナージと同じく父親の血に縛られたロニ・ガーベイを救うことはできず、一度はニュータイプとして分かり合いながらも再調整により再び敵となったマリーダ・クルスに強襲されロンド・ベル隊旗艦ラー・カイラムに拘束された」
ミネバ:「『情けない』?」
リディ:「マーセナス家はビスト財団とは合わせ鏡の存在だ。そうすることでこの宇宙世紀を生き長らえてきた」
ナレーター:「リディ・マーセナスと共に地球に降りたミネバはカーディアスの死後、ビスト財団を掌握したマーサ・カーバインに引き渡され、バナージに情報を開示させるための駒として超大型輸送機・ガルダに移送された」
マーサ:「私と組んではいただけないかしら、ミネバ殿下」
ブライト:「それ以外に箱の鍵を謀略の手から遠ざける方法は・・・彼女を救う方法はない。やれるか?」
バナージ:「やります」
ナレーター:「ミネバを救うためラー・カイラムのブライト艦長はジンネマンとの共同作戦を立案」
ミネバ:「さようなら、あなたのことは忘れない」
リディ:「ミネバ!」
オードリー::「受け止めなさい!バナージ!」
バナージ:「ハッ!オードリー!」
ナレーター:「ガルダに潜入したジンネマンの前には黒いユニコーンガンダム『バンシィ』に乗ったマリーダが立ちふさがった」
ジンネマン:「そこを開けて降りてこい!マリーダ!一緒に宇宙へ帰るんだ!俺と来い!俺を独りにするな!」
マリーダ:「ウウッ・・・」
アルベルト:「グッ・・・ハァ・・・」

OP「Into the Sky」SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle


アルベルト:「・・・」

ミヒロ:「スラスト・リバース、60秒前。全艦、逆加速防御」
ヘルム:「バリュート、準備よし」
サーセル:「目標、ガルダより離脱して上昇中!接触予想ポイント、誤差修正マイナス8」
ミヒロ:「これより本艦は熱圏上層に接近。目標をテザーケーブルで引き上げる」
ヘルム:「各員、艦の高度と速度から目を離すな」
レイアム:「ガランシェール・・・袖付きの偽装貨物船。インダストリアル7から我々をつけ回していたやつです本当にいいのですか?」
オットー:「いいも悪いもブライト司令からの直命だ。それにやることがあるってのはいいもんだ。それが何であってもな」
サーセル:「目標、機関出力が低下したもよう!予定上昇曲線から離れていきます!」
オットー:「何だと!?」

ジンネマン:「どうした?」
フラスト:「エンジンにトラブル発生!出力上がりません」
ジンネマン:「ふんばれんのか?地球をもう1周するだけの燃料は残っていないぞ」
フラスト:「これで目いっぱいです!」
ジンネマン:「手はずどおり因縁浅からぬ艦が迎えに来ているが、さすがに虫がよすぎたか」
ミネバ:「あれは連邦とジオンというくくりの外に置かれた艦。届きさえすれば道も開けましょう」
ジンネマン:「しかし・・・」
ミネバ:「アッ・・・バナージ!?」
ジンネマン:「クワニ!アイバン!何を・・・ムチャしやがる。フラスト!いけそうか?」
フラスト:「上昇中ですが軌道まで戻るにはパワー不足です」
オットー:「もっと高度を下げられんのか」
ヘルム:「限界です!」

オットー:「よし!テザーケーブル射出!」
レイアム:「テザー射出!」
タクヤ:「宇宙に帰ってこいバナージ!」

タクヤ:「届いた!」
オットー:「接続したか?」
レイアム:「それが・・・」

バナージ:「ンンッ・・・グッ・・・」
ジンネマン:「ダメだ!機体が裂けちまう」
オードリー::「バナージ!」

バナージ:「ウウッ・・・ンンッ・・・」

ジンネマン:「何だ?この光は」

リディ:「ウウッ・・・ハァハァ・・・ハァハァ・・・ハァハァ・・・ハァハァ・・・ウッ・・・クッ・・・ンンッ・・・ガンダム!」

バナージ:「フゥ・・・ンンッ!」
オットー:「どこのどいつだ!」
サーセル:「識別信号該当あり!これは友軍です!軌道正面より発砲確認!高度差12、距離400、ドゴス・ギア級ゼネラル・レビル!」
オットー:「間違いないのか?」
サーセル:「間違いありません!」
レイアム:「ゼネラル・レビル・・・」
サーセル:「モビルスーツが来ます!多数!」
フラスト:「怪物級ですぜ!やっぱりワナかよ!」
ミネバ:「違います!この展開のしかたはネェル・アーガマも攻撃対象に!」
ジンネマン:「一緒くたにせん滅しちまおうって腹か」

バナージ:「そんな・・・クッ・・・ダメだ!ンッ・・・ここまで来て・・・ハッ・・・」
オットー:「ネオ・ジオンだと!?」

レイアム:「ゼネラル・レビル・・・」
フラスト:「クッ・・・」
バナージ:「ハッ・・・」
アンジェロ:「落とすのはたやすいが・・・。手心を加えるのは今回だけと知れ、連邦のザコどもが!」

応急士:「ビーム直撃!右舷・中央上構部被弾!」
艦長:「副長!被害報告をあげろ」
副長:「ロメオ104中破!戦闘不能のもよう」
艦長:「何が起きている?」
センサー長:「敵モビルスーツによる長距離射撃と思われます!」
艦長:「ビーム撹乱幕、展開!」
センサー長:「敵モビルスーツ急速接近中!」
船務観測員:「ビーム減衰率86パーセントに減少!」
通信士:「マット小隊・アラン小隊、発進せよ」
副長:「第5・第6砲門撃ち方用意」
船務観測員:「42パーセント」
艦長:「全艦および展開中の作戦各機砲撃用意」
船務観測員:「27パーセント、18パーセント」
艦長:「目標!接近する敵モビルスーツ!」
船務観測員:「ビーム減衰率12パーセント!」
艦長:「撃てー!」

サーセル:「ゼネラル・レビル進路変更、本宙域より離脱するもよう」

フロンタル:「これで少しは話ができる。箱の鍵・・・バナージ・リンクス」

オードリー::「バナージは信じられて?私たち・・・ネオ・ジオンと連邦の人たちが本当にうまくやっていけるか。ラプラスの箱を前にしても・・・バナージ・・・私ね、地球でいろいろなものを見たわ。知識はあったけど実際に見て聞いて感じて、体験して初めて知ったことになるんだなって思った。私は今まで世界を知らなかったんだって・・・」
バナージ:「俺も同じだ。地球で見て感じて思い知った。人は知り合えてもそう簡単に手を取り合うことはできない。生まれやしがらみから自由になれないのも人間なんだ。でも・・・あの人は・・・カーディアス・ビストはそれでもラプラスの箱の開放を望んだ」
オードリー::「私も信じたい。人の善意を」
バナージ:「ラプラスの箱の最終座標は・・・」

パイロット:「捕捉した!船体確認船籍照会!」
パイロット:「間違いない!ガルダを襲ったやつだ。丸2日間もどこに隠れていやがった!」
ナイジェル:「袖付きの偽装貨物船に告げる。直ちに停船せよ。繰り返す。袖付きの偽装貨物船に告げる。直ちに停船せよ。袖付きの偽装貨物船に告げる。直ちに停船せよ。繰り返す。直ちに停船せよ」
ワッツ:「ンンッ・・・出てきやがれユニコーン!」
ダリル:「ワッツ!クッ!・・・たく!ユニコーンに海にたたき落とされてまだカッカきてやがる」
ナイジェル:「うーん・・・」
ワッツ:「足を止めます!」
ナイジェル:「静かすぎる・・・ワッツ!戻れ!そいつから離れろ早く!」
ワッツ:「・・・?」
ナイジェル:「ワッツ・・・ワッツ!」
ワッツ:「アッ・・・アア・・・」
ナイジェル:「グッ・・・ンンッ・・・」

マーサ:「あなたのせいよ。ユニコーンを逃がす算段をつけたのはあなたでしょう。ブライト艦長。まんまと地球の反対側におびき出されて。ネェル・アーガマとネオ・ジオンの本隊は今ごろとっくに月方面へ移動しているということね」
ブライト:「私の判断が裏目に出たことは認めます。フル・フロンタルがこうも早く動いてネェル・アーガマをかすめ取るとは予想していませんでした」
マーサ:「ゼネラル・レビルを引かせたほどの大部隊をなぜ見失ったの?」
ブライト:「ゼネラル・レビルに課せられた任務の性質上、地球周辺のパトロール艦隊は全て退去させられていました。また参謀本部に民間からの圧力がかかったようで・・・マーサさん、ネオ・ジオンにここまでの行動を起こさせるラプラスの箱とは何なのです?」
マーサ:「我がビスト家に伝わるタペストリーのことをあなたはご存じ?箱を守護するのは『白き一角獣』と『黒き獅子』守りきれないのであれば消し去るまでのこと。もうロンド・ベルの力は借りません」

リディ:「ンンッ・・・」

ED「bL∞dy f8 -eUC-」by SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer


ナレーター:「次回、機動戦士ガンダムユニコーン『サイド共栄圏』君の中の可能性が目を覚ます!」

バナージ・リンクス
内山昂輝
オードリー・バーン
藤村 歩
フル・フロンタル
池田秀一
リディ・マーセナス
浪川大輔
マリーダ・クルス
甲斐田裕子
アンジェロ・ザウパー
柿原徹也
スベロア・ジンネマン
手塚秀彰
ミコット・バーチ
戸松 遥
タクヤ・イレイ
下野 紘
カーディアス・ビスト
菅生隆之
アルベルト
高木 渉
サイアム・ビスト
永井一郎

脚本:むとうやすゆき
絵コンテ:村瀬修功、古橋一浩
演出:佐藤照雄
総作画監督:高橋久美子、玄馬宣彦、茂木信二郎
キャラクター作画監督:赤堀重雄、堀内博之、辻 繁人、柴田 淳、飯島弘也、富岡隆司、藤澤俊幸、杉本幸子
メカ作画監督:中谷誠一、仲 盛文、城前龍治、津野田勝敏