ガンダムストーリー 全セリフ まとめ

ガンダムシリーズの全セリフ集です
ビルト:「敵艦ミサイル発射!」
名瀬:「当たるんじゃねぇぞぉ」
エーコ:「迎撃しま~す!」
ビルト:「スモーク!?」
名瀬:「ただの目くらましか・・・それとも・・・」
ビルト:「エイハブ・ウェーブの反応増大!」
マルバ:「ひぃ!ぶつかるぅ~!」

ユージン:「いっくぜええぇぇっ!!あとは任せたぞ!てめえら!」

名瀬:「やってくれるじゃねぇか。けど、そう簡単には逃がさねぇぞお!」

シノ:「いいかお前ら!しっかり付いて来いよ!」
オルガ:「くっ・・・」

名瀬:「度胸は認めてやるが、お前らはやっぱりまだ未熟なガキなんだよ・・・うわっと」
エーコ:「うわぁっ!」
名瀬:「くっ・・・何が起こった!?」
エーコ:「カーゴブロックで爆発ですぅ!え!?艦内に侵入者ぁ!?」

ダンテ:「っしゃきた!艦内図取れたぜ!」
オルガ:「さすがダンテ!あとは任せていいか?」
ダンテ:「おおぅ。電子戦なら任せとけ!」
オルガ:「よし。俺たちは一気にブリッジを落とす!」
シノ:「・・・!」

タービンズ構成員:「いたぞ!」
オルガ:「シノ!」
シノ:「おっしゃ!」
タービンズ構成員:「うっ!?何だ!?」
シノ:「いったっ!」
タービンズ構成員:「ガス!?撃つな!引火するぞ!」
オルガ:「くっ」

マルバ:「何だ?」
名瀬:「警報?」
エーコ:「可燃性のガスが艦内に広がってます!」
マルバ:「何っ!?」
名瀬:「隔壁でガスごとガキどもを閉じ込められねぇのか?」
ビルト:「・・・閉じられません」
名瀬:「ああん?」
エーコ:「うちのメインフレームに潜り込まれたみたい。こちらの操作をブロックされ続けてます!」
ダンテ:「ヘヘヘっ・・・」
エーコ:「ああ!?モニターまで!」
名瀬:「ちっ・・・居場所も数もわからねぇのかよ」
クロエ:「直前の映像なら・・・正面に出します」
名瀬:「4人か・・・」
マルバ:「・・・オ、オルガ・・・!」

エーコ:「現在、艦内に可燃性ガスが検知されています」
タービンズ構成員A:「えっ?何?」
タービンズ構成員B:「エアクリーナー仕事しろ!」
エーコ:「火器の使用は厳禁。警備担当以外は、所定の位置で、・・・の指示に従ってください。繰り返します。現在、艦内に可燃性ガスが検知されています」
オルガ:「ダンテがうまくやってくれてるみたいだな」
シノ:「しかしさっきから女しか出てこねぇぞ」
オルガ:「知るかよ。行くぞ!」

名瀬:「しっかし、古臭い手だが上手いもんだ。なあ、あのガキどもはどうやってこっちのシステムに侵入してるんだ?」
マルバ:「うっ、そ、そんなもん知るわけないでしょう・・・!」
名瀬:「ああ?てめんとこのガキだったんだろうが」
マルバ:「ネズミどもに、どんな芸仕込んだかなんていちいち覚えてるわけないでしょ!いいからさっさと殺しちまってくださいよ!あいつら、名瀬さんに喧嘩売ってるんですよ!テイワズの顔に泥を塗ることになるんじゃないですか!?ほ、ほら、早くしないと、あいつらここに来ちまう!殺しちまってください!殺しちまってくださいよお!」

シノ:「何か、さっきから抵抗が弱くなってねぇか?」
オルガ:「やりやすくっていいじゃねぇか。とっととブリッジを目指すぞ!」

マルバ:「名瀬さん、聞いてるんですか!?あっ!」
名瀬:「よお。ご到着か」
オルガ一同:「えっ?」
マルバ:「ふぅぇーっ!オ、オルガ・・・!」
オルガ:「何かよくわかんねぇけど、俺たちがただのガキじゃねぇってことが、わかってもらえましたかね?」
名瀬:「ふっ・・・確かに、ただのガキじゃねぇみてぇだな」
マルバ:「うっ!ちょ、ちょっと名瀬さん、何言ってるんですか!?こいつらこのまま許しちまったら・・・」
オルガ:「・・・!」
マルバ:「なっ、何なんだ!その目は!」
オルガ:「そういや、もう1つ用事があったな・・・」
マルバ:「ま・・・待て!お前らを置いて行ったのは、そ、そう、作戦だ!あそこで全滅しちまったら、元も子もねぇだろ!い、今まで面倒を見てやったのは誰だ!?お前らに仕事をやって飯食わせてやったのは、一体誰だと思ってんだ!?うっ!?」
オルガ:「もちろんあんただ。マルバ・アーケイ。だから俺らは、今まであんたの命令に従ってきた・・・!」
マルバ:「・・・そ、そうだ、だから・・・!」
オルガ:「そしてあんたの命令通りに、俺は、あいつらを・・・!」
マルバ:「ちょ、ちょっと待て!や、や、やめ・・・!」
名瀬:「やめとけ、んなやつの血で手を汚すこたぁねぇ」
オルガ:「・・・」
名瀬:「覚悟は見せてもらった。取引、考えてやろうじゃねぇか」
シノ一同:「おおっ!よっしゃぁぁぁっ!!」
シノ:「やったぜ!話せばわかんじゃねぇかあいつ!!・・・」
名瀬:「アミダに繋いでくれ。祭りは終わりだ」

三日月:「はぁ、はぁ・・・」

OP 「Raise your flag」 MAN WITH A MISSION


アミダ:「ふっ・・・」

名瀬:「ご苦労さん。どうだった?」
アミダ:「楽しいもんじゃないさ、子どもとやりあうなんてね。でも、なかなか見どころのある坊やたちだったよ」
名瀬:「ふっ・・・だな・・・」

ヤマギ:「お疲れ」
昭弘:「大丈夫だ、・・・」
ヤマギ:「ん?」
昭弘:「ふっ・・・」

雪之丞:「大丈夫か?三日月」
三日月:「うん」
雪之丞:「悪かったなぁ・・・調整の出来てねぇ半端な機体で無理させちまってよ・・・」
三日月:「おやっさんのせいじゃないよ。で、結局どうなったの?」
雪之丞:「今、オルガが嬢ちゃんとビスケット連れて、ナシ付けに行ってるよ」
三日月:「・・・はぁ・・・そっか・・・」

名瀬:「マルバはうちの資源採掘衛星に放り込むことにした。今回掛かった金は、あいつの体で返してもらうさ」
オルガ:「そちらに預けた話です。お任せします」
エーコ:「失礼しましたー」
オルガ:「それにしても、この船、女性しか見かけませんね」
名瀬:「そりゃそうだ。ここは俺のハーレムだからな」
クーデリア:「えっ?」
ユージン:「は?」
名瀬:「この船の乗員は、全員俺の女ってわけだ」
ビスケット:「全員・・・」
クーデリア:「奥さんなのですか?」
名瀬:「あぁ、そういうことだなぁ。あといるのは・・・子どもが5人くらいか」
クーデリア:「5・・・!?」
オルガ:「その子どもってのは・・・」
名瀬:「全部俺の子に決まってんだろお」
クーデリア:「・・・!」
名瀬:「まっ、どれも腹違いだがなぁ」
アミダ:「いい加減下らないこと言ってないで、仕事だろ?」
名瀬:「おっと、そうだな」
名瀬:「お前らの力は見せてもらった。で、何が望みだ?」
オルガ:「・・・」
ビスケット:「その、僕たちは、ここにいるクーデリア・藍那・バーンスタインさんを地球に送り届けたいんです。そのためには、安全な航路を確保できる案内役が必要です。その案内役を依頼したんです。それからもう1つ・・・」
オルガ:「俺たち鉄華団を、テイワズの傘下に入れてもらえないでしょうか?」
ビスケット:「僕たちはギャラルホルンに追われています」
名瀬:「テイワズなら、やつらに抵抗出来る後ろ盾になるってわけか」
ビスケット:「はい・・・」
オルガ:「・・・」
名瀬:「ふっ・・・まっ、良いだろ・・・オヤジに話を通してやる」
ユージン:「・・・!」
ビスケット:「・・・!」
オルガ:「ありがとうございます」
名瀬:「入れると決まったわけじゃねぇ。オヤジと交渉出来るように渡りをつけてやるだけだ。あとはおめぇら次第ってな」
オルガ:「わかってます」
クーデリア:「お父様と交渉・・・ですか?」
名瀬:「ん?はははっ、違うって」
ビスケット:「テイワズのボス、マクマード・バリストンさんのことですね。そういえば、クーデリアさんのことで何か確認を取るって・・・確か、資産がどうとか」
名瀬:「ふむ・・・どこまで話していいもんか・・・お前ら、ギャラルホルンについてどう思う?」
ビスケット:「ギャラルホルン・・・ですか?」
ユージン:「どうもなにも、軍隊だろ?よくわかんねぇけど・・・」
クーデリア:「300年前、厄祭戦を終わらせ、その後も強大な軍事力を背景に、戦争が起きないよう4つの経済圏を外部から監視する組織、それがギャラルホルンです」
名瀬:「そいつを各経済圏が重荷に感じ始めている。最近のギャラルホルンは、自分たちの利益追求に走ってるからなぁ。で、そんなときに、このお嬢さんが現れた。ノアキスの七月会議のクーデリア。火星の独立運動をまとめた時代のヒロイン。一地方の独立運動家が、ギャラルホルンを飛び越え、独自に地球経済圏のトップと会談する・・・もしそれが実現したら一大事だ。それこそギャラルホルンの支配体制を揺るがしかねねぇほどのなぁ」
クーデリア:「・・・」
ユージン:「何かよくわかんねぇけど、とにかくすげぇ人ってことっすか?」
ビスケット:「それと資産の話と、一体何の関係が?」
名瀬:「これ以上はオヤジに聞いてくれ。まっ、俺ごときが扱える存在じゃないってことだ。そこのお嬢さんは」

三日月:「・・・」
アトラ:「良かった・・・皆無事で」
三日月:「昭弘のお陰だよ。やっぱり良い腕してる」
昭弘:「・・・ボロボロにされちまったがな」
三日月:「俺の方がよっぽど酷かった・・・」
昭弘:「・・・?」
アトラ:「・・・?あ、三日月、おかわりは?」
三日月:「いや、いいや」
アトラ:「え?まだいつもの半分ぐらいだよ?」
タカキ:「あ、三日月さん!」
アトラ:「・・・?」
タカキ:「オルガさんたち帰ってきましたよ!今ブリッジにいるって・・・」
三日月:「俺、ハンガーでおやっさん手伝ってくるから、そっちは任せるって言っといて」
タカキ:「え、でも・・・」
昭弘:「・・・」
アトラ:「あ・・・」

ビスケット:「と、いうわけで、テイワズのボス、マクマード・バリストンさんと交渉することが決まりました!」
シノ:「うおおおー!はははっ!」
ダンテ:「おおっ!」
チャド:「マジかよ」
オルガ:「慌てんな。まだテイワズの傘下に入れるって決まったわけじゃねぇ」
シノ:「・・・」
ダンテ:「・・・」
ビスケット:「これから俺たちは、タービンズと一緒に歳星に向かいます」
ダンテ:「歳星?」
ビスケット:「テイワズの本拠地になっている大きな船だって。今近くにいるらしいんだ」
シノ:「へぇ~」
フミタン:「団長さん」
オルガ:「お・・・?」
フミタン:「火星と繋がりました」
オルガ:「じゃあ、こっちの状況を伝えるんで・・・」
フミタン:「その前にあちらからメールが来ているようですが・・・」
オルガ:「ん?」

ビスケット:「まさか火星の運転資金が底を突きそうだなんて・・・」
オルガ:「もう少し持つかと思ったんだが・・・」
ビスケット:「ギャラルホルンに目を付けられてちゃ、まともに商売なんてできないもんね。何とかしないと・・・」
オルガ:「ふぅ・・・」

ラフタ:「あぁ~!姐さん!」
アミダ:「ん?」
アジー:「話は終わったんですか?」
アミダ:「ああ。あの子たちを連れて歳星に帰る事になったよ」
ラフタ:「白いのに乗ってた子も来てたんですか?」
アミダ:「パイロットはいないようだったけど、気になるの?」
ラフタ:「滅多にいないからね~、あそこまで私を熱くしてくれるのは。もちろん、ダーリンほどじゃないけどさっ!」
アジー:「はいはい・・・」
アミダ:「でもまあ本当に面白そうな子たちだったよ。素直に名瀬の提案飲んどきゃ楽出来たのに・・・」

雪之丞:「おらぁ、そこ気をつけろって言ってんだろぉ!」
少年兵:「は~い!」
オルガ:「おやっさん!」
雪之丞:「お」
オルガ:「調子はどうだい?」
雪之丞:「あっちの方はまだ予備のパーツがあるから何とかなるが、問題は・・・」

オルガ:「ミカ!」
三日月:「オルガ、うまくいったんだって?」
オルガ:「ああ、何とかな、・・・ミカもよくやってくれたな・・・ん?」
三日月:「今回は、あんまり役に立たなかった・・・ごめん・・・」
オルガ:「何言ってやがる。十分やってくれたろう?」
三日月:「いや・・・あれじゃダメだ・・・」
オルガ:「・・・!」
三日月:「もっともっと頑張らないと」
オルガ:「・・・そうだな。俺も、まだまだ頑張らねぇと」

タイトル:「#8 寄り添うかたち」
8.png

ライド:「なあ~、まだ歳星ってのに着かねえの?出発してもう10日だろ?」
ヤマギ:「そろそろって聞いたけど・・・」
ライド:「ちぇー、昨日もそれ聞いたぜー、一体いつ着くんだよー・・・」
タカキ:「ねえ三日月さんって最近見ないよね?」
ヤマギ:「ああ、昭弘さんと一緒に向こうの船でシミュレーター使って特訓してるって」
タカキ:「え?特訓?」
ライド:「すげえよなー、二人ともあんなに強えのにまだ頑張って・・・に引き換え・・・」
シノ:「あんなに女がいるってのに1人もなびかねえってどういう事だよ・・・」
ユージン:「・・・ケッ!どうでもいいわ!あんなもん!あ?」
アトラ:「全員名瀬さんって人の奥さんなんでしょ?当たり前じゃない」
ユージン:「だからどうでも良いっつってんだろ!」
シノ:「くぉのおぉぉ!」
クーデリア:(資産・・・私が?一体どういう事・・・名瀬テイワズが・・・)
アトラ:「クーデリアさん!」
クーデリア:「・・・!あ、アトラさん・・・」
アトラ:「あとであっちの艦に行きませんか?」
クーデリア:「え?あっちって・・・?タービンズさんへ?」
アトラ:「ふふん!」

名瀬:「で、何だ?改まって話ってのは?」
ビスケット:「うん・・・」
名瀬:「これは・・・」
ビスケット:「僕たちが火星で、ギャラルホルンから鹵獲した物のリストです」
名瀬:「結構あるな・・・」
ビスケット:「はい・・・それで、話というのは、それを売却出来る業者を紹介して欲しいんです」
名瀬:「なじみの業者はいないのか?」
ビスケット:「CGS時代から付き合いのある業者はいるんですが・・・物が物です・・・並みの業者じゃ扱いきれないんじゃないかと・・・」
名瀬:「まっ、確かにな」
ビスケット:「もちろん!仲介料はお支払いします・・・お願いできないでしょうか?」
名瀬:「できなかねぇがよお・・・おめぇら、そんなに金に困ってんのか?」
ビスケット:「そっ、それは・・・」
オルガ:「正直、困ってます」
名瀬:「なら、何で俺が仕事紹介してやるって言ったときに断った?」
オルガ:「えっ?」
名瀬:「ん?」
オルガ:「あっ、いや・・・だって、あの話を受けたら俺たちは、バラバラになっちまうって・・・」
名瀬:「なっちゃいけないのか?」
オルガ:「あ・・・、・・・俺らは離れられないんです」
名瀬:「離れられない?気持ちわりぃなぁ、男同士でベタベタと」
オルガ:「・・・、なんとでも言ってください。俺らは・・・鉄華団は、離れちゃいけない」
名瀬:「だから、何でだよ?」
オルガ:「それは・・・」
ビスケット:「・・・オルガ?」
名瀬:「ん?」
オルガ:「繋がっちまってんです、俺らは」
名瀬:「はあ?」
オルガ:「死んじまった仲間が流した血と、これから俺らが流す血が混ざって、鉄みたいに固まってる。だから・・・だから離れらんねぇ。離れちゃいけないんです。危なかろうが、苦しかろうが、俺らは・・・」
名瀬:「マルバに銃を突きつけたとき、お前、言ってたよな」
オルガ:「えっ?」
名瀬:「あんたの命令通りに俺は、あいつらを・・・」
オルガ:「・・・!」
名瀬:「あいつらってのが」
名瀬:「その死んじまった仲間のことか?」
オルガ:「・・・!」
名瀬:「離れられない・・・そりゃ結構。だがな、鉄華団を守り抜くってんなら、これから先は誰もお前に指図しちゃあくれない。ガキどもがお前の命令一つで死ぬ。その責任は誰にも押し付けられねぇ」
名瀬:「オルガ、団長であるてめぇが、1人で背負えんのか?それを」
オルガ:「・・・」

アトラ:「はぁ~!」
クーデリア:「はぁ~!」
アトラ:「ふふふっ。あ、えっと、ここにいる子たちは皆名瀬さんの・・・」
ラフタ:「そう。母親は別々だけどね。元気でしょ?うちのダーリン」
アトラ:「あぁ・・・ははっ・・・」
アミダ:「ここには小さいのしかいないけどね」
アトラ:「他にもいるんですか?」
ラフタ:「大っきいのは皆、陸の学校に入ってるからね。お兄ちゃんたち、いなくてさみちいでちゅねぇ?あっははは!」
アミダ:「これがうちの家族さ。ん~良い匂いだねぇ」
赤ちゃん:「あうぅ~」
アトラ:「家族・・・」
赤ちゃん:「う~・・・」
クーデリア:「はぁ・・・」
アトラ:「良かった」
クーデリア:「ん?え?」
アトラ:「クーデリアさん、最近難しい顔ばっかりしてたから・・・」
クーデリア:「あぁ・・・アトラさん・・・」
アトラ:「・・・かわいいね」
クーデリア:「・・・ええ・・・」

オルガ:「覚悟は出来てるつもりです」
名瀬:「ほう~?」
オルガ:「仲間でも何でもねぇやつに、訳のわからねぇ命令で、仲間が無駄死にさせられるのは御免だ。あいつらの死に場所は、鉄華団の団長として俺が作る!」
ビスケット:「オルガ・・・」
オルガ:「それは俺の死に場所も同じです」
名瀬:「・・・」
オルガ:「あいつらのためなら、俺はいつだって死ね・・・ぐっ!」
ビスケット:「オ、オルガ!?」
名瀬:「てめぇが死んでどうすんだ」
オルガ:「がっ・・・」
名瀬:「指揮官がいなくなったら、それこそ鉄華団はバラバラだ」
オルガ:「・・・!・・・」
名瀬:「まあでも、血が混ざって繋がって・・・か。そういうのは仲間って言うんじゃないぜ」
ビスケット:「あ・・・」
名瀬:「・・・家族だ」
オルガ:「あ・・・」
名瀬:「まっ、話はわかったよ」
ビスケット:「えっ?あ、あの・・・」
名瀬:「わりいようにはしねぇからよ」
ビスケット:「あっ、お願いします!」
オルガ:「・・・お願いします!」

オルガ:「ああ~!」
ビスケット:「あっ・・・」
オルガ:「しくじったぁ・・・」
ビスケット:「そう?考えてくれるって言ってたじゃない」
オルガ:「問題はそこじゃねぇ!商売の話はあくまで対等にしなけりゃなのに、あんなガキ扱いされて・・・!」
ビスケット:「ぷっ!くくっ、はははっ」
オルガ:「何だよ・・・?」
ビスケット:「ははっ、大丈夫、何があっても僕たちはオルガを信じて付いていくから」
オルガ:「・・・!・・・おう」

ラフタ:「く・・・!」
昭弘:「ちっ!ぐあっ!だあぁぁ~っ!」
ラフタ:「よっしゃ~、勝っち~!」
昭弘:「ぐっ、まだまだぁ~!」
アジー:「やめときな!熱くなってちゃ勝てないよ!」
ラフタ:「またかわいがってあげるから~!」
昭弘:「くそ~・・・!」
三日月:「んじゃ、次は俺が」
ラフタ:「待ってました~!」
アジー:「それにしてもあんたたち、毎日毎日、よく頑張るねぇ」
三日月:「ん?俺にはそれくらいしか、出来ることがないんだ」
昭弘:「・・・」
アジー:「・・・」
ラフタ:「シミュレーターには阿頼耶識は無いんだから、た~っぷりかわいがってあげるからねぇ!!」

アミダ:「あのオルガって子、何の話だったんだい?」
名瀬:「それが青臭ぇ話ばっかりで、ケツがかゆくなっちまったぜ」
アミダ:「昔のあんたも相当なもんだったよ?お望みならベッドで、朝まで昔話でもしようか?」
名瀬:「勘弁してくれ」
エーコ:「あっ!正面!歳星を捉えました!」

オルガ:「あいつが歳星だと」
三日月:「ふ~ん」
オルガ:「きょうも訓練か?向こうの船でしごかれてるそうじゃねぇか」
三日月:「オルガに見捨てられないように、頑張らなくちゃいけないからね」
オルガ:「ふっ・・・バ~カ。見捨てるとか見捨てないとかじゃねぇよ。家族ってのは・・・」
三日月:「ん?」
オルガ:「いや・・・頼むぜ、ミカ」
三日月:「うん」

ED 「オルフェンズの涙」 MISIA
【楽天ブックスならいつでも送料無料】オルフェンズの涙 (初回限定盤) [ MISIA ]

次回予告:「えっ?家族!?俺らのこと、そう団長がいってたんすか?ってことは、三日月さんが俺の兄貴ってことですよね?うわ~ヤバイ・・・!あんなすげぇ、強ぇ、かっけぇ兄貴が俺に!?どうしよう・・・。俺、頑張ります。今までの・・・三倍頑張ります!次回、機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズ、第9話『盃』」