ガンダムストーリー 全セリフ まとめ

ガンダムシリーズの全セリフ集です
刹那:「すまない。俺のミスだ」
ティエリア:「だが、見付けたぞ刹那」
刹那:「・・・?」
ティエリア:「世界の歪みを。そうさ、僕達はガンダムで世界の歪みを破壊する!」
サーシェス:「ところがぎっちょん!」
刹那:「あのガンダムは・・・!」
ティエリア:「スローネの発展型・・・ま、まさか!」
サーシェス:「さぁ、始めようじゃねぇか!ガンダム同士による、とんでもねぇ戦争ってやつをよぉ!!いけよ!ファングー!!」
刹那:「くっ・・・速い!」
ティエリア:「前とは違う!あっ、ぐああああああ!」
サーシェス:「物足りねぇなぁ!ガンダムー!」
刹那:「くっ・・・生きていたのか!アリー・アル・サーシェス!」
サーシェス:「おうよ!けどな、お前らのせいで体の半分が消し炭だ!野郎の命だけじゃ物足りねぇんだよぉ!」
刹那:「くっ・・・貴様ー!」
サーシェス:「・・・再生治療のツケを払え!!テメーの命でなぁ!!」

タイトル:「#09 拭えぬ過去」

フェルト:「ダブルオーとセラヴィーが戦闘状態に入ったようです」
スメラギ:「やはりアロウズに捕まった・・・ガンダムで行かせて正解ね。待機中のアレルヤ達に連絡を」
ミレイナ:「了解です」

サーシェス:「消えろ、クルジスのガキが!」
ティエリア:「貴様がロックオンの仇か!」
サーシェス:「うっ!」
ティエリア:「敵討ちをさせてもらう!」
サーシェス:「自業自得だ!」
ティエリア:「くっ・・・」
サーシェス:「右目が見えねぇくせに戦場に出てくるたぁ!」
ティエリア:「貴様ー!」
サーシェス:「隠し腕・・・!?」
ティエリア:「避けた!?」
サーシェス:「こっちにもあるんだよぉ!」
ティエリア:「何!?」
サーシェス:「へへっ、おっ」
刹那:「ティエリア!」
ティエリア:「まだまだ!」
刹那:「くそっ・・・」
ティエリア:「何・・・!?」
サーシェス:「フフ・・・ファングー!」
ティエリア:「うわああああああ!」
サーシェス:「纏めてお陀仏!おっ・・・援軍?・・・4対1か・・・ぐっ!流石に分が悪い・・・」
アレルヤ:「刹那、ティエリア、スメラギさんからの帰艦命令だ。ティエリア!」
ティエリア:「何故止める!?奴はロックオンの仇だ!」
ライル:「あっ・・・兄さんの仇・・・?」
刹那:「やはり・・・生きていた・・・。アリー・アル・サーシェス!」

サーシェス:「クルジスの小僧め・・・しぶてぇ野郎だ・・・フフフッ、けどな、そうこなくちゃいけねぇよなぁ!こうでなくっちゃあ!!」

リボンズ:「リジェネ・・・君のお陰でパーティーが台無しだ」
リジェネ:「ティエリア・アーデを怒らせたのは君だよ。上手く振る舞えば彼を仲間にする事も出来たはずさ。せっかく僕がお膳立てしたというのに」
リボンズ:「フッ・・・彼らには僕達に対抗して欲しいのさ」
ヒリング:「ソレスタルビーイングが活動すればする程、アロウズは世論から支持を受け、その行動が正当化される。良いんじゃない?相手がカタロンだけじゃ物足りないわ。戦闘用であるあたしの出番が無くなっちゃうもの」
リジェネ:「ツインドライブシステム。2つのGNドライブを搭載したガンダムはソレスタルビーイングが独自開発したものか、それとも、トランザムシステムと同じようにイオリア・シュヘンベルグの遺産か」
リボンズ:「どちらでも構わないよ。あの程度の性能、ガデッサに遠く及ばない。次の戦闘でリヴァイヴ・リバイバルが証明してくれるさ」
ヒリング:「あたしの出番も用意してね、リボンズ」
リボンズ:「もちろんだよ」

ワン・リューミン:「刹那達は無事、脱出出来たようね。イノベイターとの対決は変革を加速させる。フッ、楽しみだわ」

アンドレイ:「准尉、具合はどうか?」
ルイス:「もう問題ありません。ご心配をお掛けしました」
「私の体について、お聞きにならないのですか?」

アンドレイ:「聞いて欲しいか?」
ルイス:「・・・いえ。お気遣い、感謝します・・・」
アンドレイ:「部隊に戻ったらガンダム追撃作戦が始まる。今の内に休んでおけ」
ルイス:「はっ!」
アンドレイ:(ルイス・ハレヴィ・・・4年前、ガンダムによる攻撃で両親や親族全てを失い、自らも毒性を持つGN粒子を浴び、細胞障害を患う。復讐か・・・あの若さで戦場に出る理由。可憐なドレスこそ似合う少女が・・・)

(ビリー):「この青年はソレスタルビーイングのメンバーだ!」
ルイス「刹那・F・セイエイ・・・あっ、あの機体、ミスター・ブシドー?」

フェルト:「ガンダム、各機収容完了しました」
ミレイナ:「全GNドライブ、トレミーとの接続作業開始です」
ラッセ:「宇宙に上がる?」
スメラギ:「私の予測だと、12時間以内に敵が包囲網を敷いてくる。逃げられないわ。それにラグランジュ3に行けばガンダムの補修とサポートメカの受け取りも出来る」
ラッセ:「わかった」
スメラギ:「フェルト、ミレイナ、大気圏離脱シークエンスに入ってくれる?」
ミレイナ:「了解です」
フェルト:「了解しました」

沙慈:「ルイスと・・・会った!?」
刹那:「ああ、偶然にな」
沙慈:「・・・元気だった?」
刹那:「ああ。お前の事について聞かれた。宇宙で働いていると答えた」
沙慈:「そう・・・そうなんだ・・・」
刹那:「連絡取ってないのか?」
沙慈:「・・・、それは・・・」
ライル:「あのガンダムは何なんだ?」
沙慈:「あっ」
ライル:「それに兄さんの仇って・・・」
ティエリア:「言葉通りの意味だ。あのガンダムに乗っていたアリー・アル・サーシェスがロックオンの命を奪った」
ライル:「アリー・アル・サーシェス?」
マリー:「あっ」
アレルヤ:「あっ」
ライル:「詳しく聞かせてくれ」

オペレーターA:「スミルノフ少尉、ハレヴィ准尉、無事帰艦しました」
マネキン:「了解した。続きを」
リント:「ガンダムをロストしたポイントと経過時間、移動速度から、敵艦はこの辺りの海底を航行していると推測されます。我が隊は6機のトリロバイトでエリアを包囲し、発見次第攻撃を開始します」
マネキン:「制空権の確保は?」
リント:「モビルスーツ2個小隊もあれば十分でしょう。彼らは海中から出る事がないでしょうから」
リヴァイヴ:「その戦術には異を唱えさせて欲しいですね。お忘れになっていませんか?敵艦は大気圏を突破し、地上に降下して来たのです。ならばその逆も有り得るかと」
リント:「そんな事は・・・!」
マネキン:「私も同意見だ。ガンダムのGNドライブには、トランザムと呼ばれている高濃度粒子全面解放システムがある。それを利用すればおそらく」
リヴァイヴ:「静止衛星軌道上に展開している部隊との連携をお薦めしますよ。敵の作戦指揮官も今のオーソドックスな戦術は先刻お見通しでしょうし」
リント:「無礼な、上官である私を愚弄する気か!?」
リヴァイヴ:「ライセンスがあります」
リント:「何だと・・・!?」
マネキン:「貴官もワンマンアーミーだというのか?」
リヴァイヴ:「ミスター・ブシドーと違い、大佐の戦術に従う事をお約束しますよ」
マネキン:「それは有難いな」
リント:「・・・っ!」

ライル:「なるほどね。兄さんは家族の仇を討つ為に、そのサーシェスって奴を。ふはははっ」
ティエリア:「何を笑う?」
ライル:「世界の変革より私怨か、兄さんらしいと思ってな」
ティエリア:「不服なのか?」
ライル:「いや」
ティエリア:「・・・!」
ライル:「尊敬してんだよ。家族が死んだのは10年以上前の事だ。俺にはそこまで思い詰める事は出来ねぇ」
刹那:「仇が、ここにいるとしてもか?」
ライル:「何?どういう事だ?」
刹那:「俺はKPSAに・・・お前から家族を奪った組織に所属していた」
ライル:「・・・!・・・」
ティエリア:「刹那」
アレルヤ:「何もそこまで・・・」
刹那:「言うべき事がある」

(少年兵):「当たり前だ。俺は神の変わりに務めを果たしに行くんだ」
(刹那):「ダメだよ。死んじゃうよ」
(少年兵):「何だお前、死ぬのが怖いのか。それは神を冒涜する行為だぞ」

(サーシェス):「この戦いは神の御前に捧げられる聖戦である。伝統を軽んじ、神の土地を荒らす不信仰者共に、神の代行者である我々が鉄槌を下すのだ」
(少年):「はぁっ・・・」
(ニール):「うっ・・・うわっ!うっ・・・!はっ・・・!」
刹那:「あの時、俺が仲間を止めていれば、ロックオン・・・いいや、ニール・ディランディはマイスターになる事もなく・・・」
アレルヤ:「刹那・・・」
ライル:「その時」
一同:「・・・!」
ライル:「お前が止めてたとしても、テロは起こってたさ。そういう流れは変えられねぇんだ」
刹那:「だが・・・」
ライル:「全て過ぎた事だ。昔を悔やんでも仕方ねぇ。そうさ、俺達は過去じゃなく未来の為に戦うんだ」
ティエリア:「・・・!」
(己の正義に準じて生きる・・・だが、それが本当の未来に繋がるのか?イノベイターに敵対する事が、本当の未来に・・・)


グラハム:「やはり新型を開発しているか」
ビリー:「グラ・・・いや、今はミスター・ブシドーだったね」
グラハム:「勝手にそう呼ぶ。迷惑千万だな」
ビリー:「気に入ってるのかと思ったよ。ところで、今日は何の用だい?」
グラハム:「貴官の開発主任就任の祝福を」
ビリー:「それはそれは」
グラハム:「それと、試作段階のあの機体を私色に染め上げて欲しい」
ビリー:「えっ・・・どうやらそっちがここに来た本命だねぇ。要望はあるかい?」
グラハム:「最高のスピードど、最強の剣を所望する」
ビリー:「合点承知。その代わり、確実に仕留めて欲しい。ソレスタルビーイングを」
グラハム:「ん?無論だ。私はその為だけに生きている」
ビリー:「・・・あっ、そういえば君のいる部隊、作戦行動中のはずじゃ・・・」
グラハム:「艦体戦に興味はないな」
ビリー:「そこまで作戦を読んで・・・」
グラハム:「心眼は鍛えている」

オペレーターB:「モビルスーツ隊、全機出撃」
オペレーターC:「トリロバイト各機、索敵エリア内に到着しました」
マネキン:「よし、敵艦捕捉と同時に作戦を開始する」
リント:「私は本作戦には関わっていない事を承知しておいて下さい」
マネキン:「好きにすれば良い」
リント:「・・・」

コーラサワー:「やりますよ。大佐」
ルイス:「あれが・・・ガデッサ」
アンドレイ:「またも新型か。アロウズにはどれ程の規模と予算が・・・」
リヴァイヴ:「さて、どう出るか。ソレスタルビーイング」

刹那:「スメラギ・李・ノリエガにまだ報告していないのか?」
ティエリア:「今、考えをまとめている」
刹那:「あの時の続きを聞かせてくれ。お前が見付けた歪みとは何だ?」
ティエリア:「それは・・・っ!」

(リジェネ):「変革は痛みを伴う。君達だってそうして来たじゃないか」
(ロックオン):「四の五の言わずにやりゃいいんだ」
(リジェネ):「僕達は計画の為に生み出された」
(ロックオン):「俺達は、イオリアのじいさんにガンダムを託されたんだぜ?」
(リジェネ):「君達はイオリアの計画の障害になっている」

ティエリア:「僕は・・・」
フェルト:「敵、水中用モビルアーマー6機を確認しました。各員、所定の位置へ着いて下さい」
ティエリア:「話は後だ」
刹那:「ああ」

フェルト:「敵はトレミーを包囲しつつ接近してきます」
スメラギ:「攻撃開始予定時間は?」
ミレイナ:「0024です」
スメラギ:「赤道上にいる事を敵が予測していた・・・やるわね」
マリー:「何か用でしょうか?」
スメラギ:「補助席に座って。少し荒っぽい事になるから。ラッセ」
ラッセ:「了解。トレミー、急速浮上体勢に入る」

ハロ(オレンジ):「アアアァァァァァァァァ・・・」

刹那:「中東をあのままに宇宙へ上がる・・・アロウズから逃げる為に・・・」

ミレイナ:「攻撃予測時間まで0004を切ったです!」
スメラギ:「まだよ。ギリギリまで引き付けて」
フェルト:「敵部隊に反応!」
スメラギ:「あっ」
フェルト:「大型魚雷です!」
スメラギ:「アリオス、ケルディム、セラヴィー、トランザム開始!」
アレルヤ:「了解。トランザム!」
スメラギ:「GNフィールド最大展開、トレミー緊急浮上」
ライル:「くっ」
スメラギ:「爆発の上へ」
ラッセ:「南無三!!」
ミレイナ:「うわぁ!」
ラッセ:「うっ!」
スメラギ:「トレミーを飛行モードへ!」

オペレーターC:「敵艦、海面に急速浮上!更に上昇!」
リント:「や、奴ら本気で大気圏を・・・!?」
マネキン:「私の予測より速い!トリロバイトの攻撃を初期加速に利用したか。敵艦の上昇ルートを算出しろ!・・・」

ルイス:「こ、このスピードは・・・」
アンドレイ:「艦船の速度じゃ・・・」
ジニン:「迎撃を開始する」
アンドレイ:「りょ、了解!」
コーラサワー:「効かねぇじゃねぇか~!」

フェルト:「全砲門、開きました!」
スメラギ:「一斉発射!」
コーラサワー:「この~!・・・またかよ~!」
ルイス:「逃げるな!ソレスタルビーイング!」

マネキン:「何という豪胆な戦術だ!やはり・・・」
オペレーターB:「進行軌道、割り出せました」
マネキン:「リバイバル大尉!」

リヴァイヴ:「上昇角度の変更はたったの3度。このガデッサには容易い事!!」

ミレイナ:「うわぁ~!」
ラッセ:「うっ!ぐっ!」
沙慈:「直撃!?」
マリー:「大丈夫です」
沙慈:「あっ」
フェルト:「高度、600kmを突破しました」
ラッセ:「このまま大気圏を離脱する!」
スメラギ:「角度を変えられた!?敵の指揮官、本当にやる!」

マネキン:「第1シークエンス終了。敵のトランザムシステムには限界時間がある。後はジェジャン中佐次第・・・」

フェルト:「トレミー、高度10000km。低軌道リングを越えました」
ミレイナ:「敵部隊の攻撃です!」
沙慈:「まさか、待ち伏せ!?」
フェルト:「トランザム、限界時間を突破!再チャージまで、GNフィールドが消失します」
沙慈:「うっ、うわぁっ!」
ミレイナ:「船体上部に被弾です!」
ラッセ:「敵の数は!?」
ミレイナ:「敵、巡洋艦1隻、モビルスーツ6機です!」
スメラギ:「そう・・・予測範囲内ね」

ジェジャン:「敵は粒子量を使い切った。一気に畳み掛ける!な、何!?」
オペレーターD:「敵モビルスーツ接近!」
ジェジャン:「くっ」
オペレーターD:「ガンダムです!」
ジェジャン:「援軍がいた・・・いや、あの機体は違う。・・・もしや!大気圏離脱中に緊急発進させたというのか!?」
刹那:「一気に本丸を狙い撃つ。ダブルオー、目標を駆逐する!」
ジェジャン:「ああっ・・・」

ミレイナ:「敵艦が沈黙したです!」
フェルト:「敵モビルスーツ、残り4機。撤退していきます」
ラッセ:「読み勝ちだな」
スメラギ:「どうにかね・・・」
フェルト:「あっ・・・スメラギさん、敵モビルスーツから有視界通信によるメッセージが届きました」
スメラギ:「メッセージ?」
ラッセ:「何だ?」
フェルト:「読み上げますか?」
スメラギ:「お願い」
フェルト:「ソレスタルビーイングのリーサ・クジョウの戦術に敬意を表する。独立治安維持部隊大佐カティ・マネキン・・・以上です」
ラッセ:「何だそのメッセージは」
スメラギ:(マネキン・・・カティ・マネキン・・・)
(そんな・・・彼女が・・・アロウズに・・・)

フェルト:「スメラギさん」
ミレイナ:「どうしたんですか?」
スメラギ:「逃げられないのね・・・私は・・・。あの忌まわしい過去から・・・拭えない過去から・・・」

ホーマー:「そうか、了承した。・・・ジェジャン中佐が戦死・・・これ以上の犠牲を出す訳にはいかん。彼らに要請するしかあるまい。イノベイターを・・・人類を越えた存在を・・・」

イアン:「ほぉ、こいつか!」
リンダ:「型式番号GNR-010、機体名オーライザーよ」
イアン:「よくやってくれたリンダ。こいつがあればダブルオーは無敵だ!」

次回予告:「死を考える事で生を実感する。ならば、過ちがないと人は正しき道を選べないのか。次回『天の光』それは、罪を背負った天空の輝き」